So-net無料ブログ作成

あさが来た・第45回、11月18日 [夢]


あさが来た
 
 
 
 
祖父忠正が亡くなりやっと落ち着いた時に父忠興から今井の家が京都から東京へ移るということを、そして新しい商いバンク=銀行を始まるということを知ったのです。
 
 
そして来客として、五代がやってきたのでした。
 
朝はなぜ五大が今井家に来たのか不思議に思うのですが、今をときめく忠興を知らない財界人はいないと、そして久太郎に支度が進んでいるのかと聞くのです。
 
久太郎は後第日より、英語の辞書を借り、英語の勉強をしているというのですが、、母りえは五代にすっかり傾倒して英語の勉強をしている、そして昔にあさに五代から手紙を来たことをはつに説明するのです。
 
忠興から、五代の勧めで九太郎は来年銀行の商いを勉強するために米に留学することになったということを聞かされるのです。
 
驚くあさは『なんてこと、ビックリポンや』と云うのでした。
 
 
 


 
 
 
今井家に、進次郎と正吉が忠正の亡くなったことを受け焼香をしにやってきたのです。
 
 
その頃朝は、五代に、なぜ政府やお父さんに銀行を作るのを進めているのかと聞くと五代から、今井は政府の信用が厚い貨幣改革にも一役買って、井上馨も顧問になって、繋がりも深い。日本で最初に銀行を作るのには今井屋以外にはない、と語るのです。
 
あさが五代の言っていることは分かったのですが、あさは、加野屋の主人や旦那様には言えないがと切り出し、『両替屋とか銀行などが良いものだと思えない。お金は石炭などと違って、人を苦しませます。加野屋で働かせてもらって軟便も見てきた、お金のせいで泣いたり揉め事になったり、その桶なを扱う銀行というものがほんとうにいるようなものなのかわからない。』とソレオを聞いた五代は『お金は一つ間違えたら人を苦しめ命さえ奪いかねない。だけど、人を救うことも出来るのがお金だ。お姉は使う人や使い方で価値が変わる。銀行はお金を金にする志のある人を応援する場所なんです。』と説明をするのです。
 
 
 
 

新生女児に付けられる名前に変化が、人気がなかった【○○子】も復活の兆しが

 
 
 
其処へ正吉たちが興味のある話だと行って入ってきたのです。
 
五代は、『加野屋もいずれは銀行にならなければならないこれからいろんな産業が始まる。何かをするには必ずお金がいる、その時人は銀行に来る。銀行はその話がどれだけ意義があるのか、無駄はないかを一緒に考えて応援する価値があるとしたらそれに見合う分お金を貸す。思惑通り成功したら利子を付けてお金を返してもらう。産業ばかりではなく家や妻子を守るためにお金を用立てすることも出来る。此処刺しのある人を応援する、それがバンク・銀行なんです』とそして『志のある人が増えれば街も人も元気に有る。私がしたいのはそういくことなんです』と熱くあさに話すのです。
 
母りえが其処にあさを呼びに来たのでした。
 
進次郎は、五代にあさが預かっていたピストルを返しながら、助かったと感謝し、『さすが洋行帰りだ、オナゴに優しい』というと、『誰にも優しいわけではない。失礼』と言って帰ってしまったのです。 
 
その様子を不安に思いながら、はつが愛之助を抱えながら見ているのでした。
 
あさとはつは、正吉や進次郎と一緒に大阪に帰ることに、りえ母tにお金を渡そうとするのですが、初は『お家が守れなかった、うちのせいや』、というと、りえはいつまでも農家の納屋借りているわけには行かないだろう』と云うのですが、それでも断るはつに『たまには弱音を見せない際、困ったいる娘に親が娘のために何かして上げたいと思って何が悪いのや、山王寺やさんを助けて上がられなくて堪忍や、大きな大店に嫁いでくれれば幸せになれると思っていた浅はかだった、堪忍』と頭を差が得るのです。
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
はつは『不安で不安で押しつぶされそうになる時も有る。借金取りに見つかったら、アソコに何時までも居られるか分からない。働いてもお金が出来るわけではない。藍之助だってどない育ててよいか分からない。あさはあんなに活き活き働いているのに何で私は、情けなくて、それにお母さんにはこれを頂いています。あんたは幸せになれると言ってくれた言葉を何遍思い出したか』と言ってりえが授けてくれたお守りを取り出し見せるのでした。
 
りえは、そんなはつを抱きしめるのでした。   【涙が止まりませんでした。母の愛情と子の愛の深さに涙・涙でした】 
 
 
大阪に戻った、あさ達、加野屋の店の前にあさが知らないものが有っったのです。 
 
 

⇒ 一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

 

2歳児に喫煙・FBで動画公開で父親逮捕

背中の痛み、動脈硬化や心臓疾患のサインかも

 

 


あさが来た・第36回11月7日 [夢]


あさが来た
 
 
 
 
 
あさと進次郎が加野屋に戻ると、来客が来ていたのです、その来客とは、九州から山を売りに来た櫛田そえ様だったのです。
 
大阪に用があったついでに加野屋に寄ったと云うことですが、二人は雨に濡れたままの姿だったのでした。
 
急いで着替えるあさの姿に櫛田様も笑みを浮かべるのでした。
 
 
改めて櫛田様と応対するあさと正吉、『正直に申し上げまして、櫛田様の売値に用意できるお金は足りていません。代金を分割にせてほしい、最終のお支払いの年月をきっちり決めて、その上で』というと、正吉から『土佐堀側の一角にこめ蔵が有る。加野屋の蔵で、この機会にあれも売ってしまうと考えている。」というのです。
 
あさは土地を売ってしまうことに反対するのですが正吉は『あんたを信じていく、そう決めた。それでも足りない分はこの嫁が身を持って炭鉱を曳航させて全額をお支払いする。その約束では』とお願いするのでした。
 
あさも『炭鉱は、これから日本をささえる大切な事業です。きっと櫛田様のお山を宝の山にしてみせます』と、『あの山は泣き主人が大切に育ててきた山どうしても忠実な人に綴りたいと思っていた。今日お会いして心を決めました。代金は分割で構いません、加野屋三位譲りましょう』と言ってくれたのでした。
 
 
 


 
 
 
 
正吉が借用証文を作り行くとあさの口から『これからです。これから加野屋の新しい商いが始まるのです』と言うと、『「あささん貴女分かっているの、自分が恵まれているということを。女の貴女をこれだけ信じて商売の事を任せてくれるということはめったに有ることではない。近いうちに女の人がアメリカに留学する。時代は変わる、これから女の人も家にいるだけではなく外に活躍するようになるかもしれない』とあさに云うのでした。
 
借り際に櫛田様は進次郎に、「奥様を見て笑ったことを謝罪し、自分もまた若いころ大股で歩いていた、、亡き夫から大股で歩いてはいけないとよく云われた。女の人が大股で歩き続けるというのは難しいことだ』と助言をするのです。 
 
あさが炭鉱の売渡証文を見ていると進次郎から「これでもうあさが九州へ行く手はずが整ってしまったことになってしまったということだ」と云うのです。
 
あさから『炭鉱で今まで働いていてくれた方がそのまま居てくれることになった、鹿屋のためにせいっぱい働いてもらえるよう話してこなければならない。九州へ行かせて下さい』と頭を下げるのです。
 
 
 
 

仙台中1いじめ自殺問題、副大臣が市教委対応を批判

 
 
 
進次郎は『一月か二月か、九州は遠すぎる、寂しいこと耐えられへん』と云うと『寂しい、そないこと思ってくれていたの』と聞き返すのです。
 
進次郎は『当たり前やあさは直ぐ無理する、怪我や病気もしたらあかん。力自慢の炭鉱夫に色目使ってはイカンで』と藍之助にコマを持っていた時、はつに云われたことを話すのです。
 
『はつのことは時々、藍之助を見に行きに顔をみてくる心配しないで行っておいで。加野屋をよろしく頼む』と頭を下げるのです。
 
あさは進次郎から九州行を許して守らことが出来たのでした。 
 
あさと同行するのは亀介と決まり、よねは美和からお妾を断られ、他探すという始末なのでした。
 
 
 


 
 
 
 
 
あさが九州へ出発する日が、榮三郎から『加野屋はお父ちゃんと眼視家と進次郎兄さんで守ります。』と見送られ、出発したのです。
 
其処に五代も見送りに五代はお守りだと言って、ピストルをもたせるのです。『あんたがこれから行くところはこれが必要なところだという意味です。あんたと引き合わせてくれたのもこのピストル。あささんやったらきっとやれる』と送ってくれたのです。
 
九州に渡ったあさ、道案内の支配人の宮部とともに炭鉱へと向かうのです。
 
少しのお金でも炭鉱を買うお金に回したい。歩いて炭鉱までの道を知りたい、今夜は野宿するしか無い。大丈夫、どないなとこで寝ても朝は来ます。きっと夢みたいな綺麗な朝焼けが見られます。と言って山道を歩いて行くのです。 
 
 
 

月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

柔道整復師と共謀、暴力団組長ら診療報酬を詐取

女性の病気、手遅れになる前に知ってほしい5つの病気

 

 


まれ・台153回9月23日父の買ってくれたバースデーケーキが私の原点なんです。 [夢]


まれ
 
 
 
 
まれの世界一への夢、世界パティシエコンクール予選が遂に始まり、其の戦いの最中に、この会場に徹がいることを知らされたのです。
 
其れを聞いたまれは、出来上がったケーキの他にまだ足りないものが有ると言って、改めて何かを作りは自前るのでした。
 
其れを見て慌てる一子は、時間が来たら失格になると伝えるのですが、まれは必死で何かを作り続けるのです。
 
会場の外でも、急にナナカを作り始めたまれの様子に沙耶や、浅井も気づき、『間に合わないのでは』と、其処に圭太が戻ってきたのですが・・・・・!
 
急に予定にないものを作っていることを知った圭太、みんなの心配を他所にまれは時間いっぱいでキッチンウィッチー魔女姫を作る終えたのでした。 
 
 
 


 
 
 
其の様子が能登の藍子にも、そして徹が会場に来ていることも、絶対に戻れないと言っていることも、『もしかしたら本当に合われないのかも、もう一生』と藍子は涙をながすのです。
 
子供たち3人は、顔にクリームをつけながら一生懸命ケーキを作っているのです。
 
まれは審査員に、ケーキの説明を『能登で出会ったものをそれぞれモチーフに、プチガトゥーは輪島塗を、焼き菓子は能登の塩、ピエスモンテは祭り切籠です、最後のアントルメは家族、家族の食材を使っている。魔女姫は父が勝ってくれたバースデーケーキに乗っていた人形で其のケーキが私の原点なのです。』 
 
そして遂に審査発表へ、期待が高まる中まれの名前は呼ばれず、1位に池畑大悟野菜が呼ばれたのです。
 
まれは審査で5位に選ばれていたのです。
 
 
 

アイドル・ブラックすぎる事務所の実態が!

 
 
表彰式の後に大悟『まさかがっかりしているのでは。上等だ、ビリになってもおかしくないメンツだぞ。食わせろお前の菓子だ、早く食わせろ。』
 
大悟はまれのケーキを全てを試食してから『まだまだだな、早く俺を引退させろ。』と笑顔を見せながら話すのとともに『俺様なケーキを食ってみろ。早く食え、感想を聞かせろ』と急かすのでした。
 
 
まれは『綺麗』と感動しながらひとくち食べるのですまれがおいしく食べる姿に喜ぶ大悟、其処になんとまれのお祖母ちゃんがいたのです。
 
まれのケーキを評価すおばあちゃん『点数が55点。腕を上げたじゃない』と、まれは点数が上がっったことを喜ぶのです。
 
 
 
 
 


 
 
 
『まれは『まだまだだけれど、どんなパティシエになるのかも決まっていなし』と話すと『もう決まっているのでは、自分が作りたいケーキ、食べてくれる人を喜ばせるケーキ』とそして昔悩んでいたことを、『このケーキ、誰を喜ばせたいと思ってっ作った、誰でもないでしょう、ただ自分を表現した、いいの其れで、食材を活かすことに全力を尽くこと、自分と誠実に向き合ってケーキを作ること、パティシエが出来ることは其処まで、後かかってくれる人がどう判断してくれるかだけ、険しい道だ』と云うのです。
 
まだまだこれからよと言ってまれを励ますのでした。
 
 
ものがたりてきにはここでゆうしょう!とおもったのですがちょっと違いましたね。(笑) 
 
 

肩こり、腰痛でお悩みの方★凸凹加工・低浮圧敷布団【雲の安らぎ】


東京書芸学園東京校/基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。資料請求、無料体験入学受付中

生活保護レベルの老人増加、高齢者の9割は同じ生活境遇になる可能性が!

姫路・歩道側溝に全裸の女性(27)遺体を発見!

 

 

 


まれ・第152回9月22日、まれのケーキは徹から始まっていた [夢]


まれ
 
 
 
まれの世界一への夢、世界パティシエコンテスト東京予選がついに始まることになったのです。
 
会場には陶子や大悟の姿も、『叩きのめしてやる』と大悟から言われたまれ、、陶子は『世界を目指しているトップパティシエが来ている、シェフだって必死よ、わざわざリスクを背負ううことないのに、そうやって世界に問い続ける。其れがシェフよ。意地見せなさい、女だって、子供がいたって、世界一のパティシエになれるって』と、まれに託すのでした。
 
コンテエスト会場に足を踏み入れたまれ、そこで陶子から言われたことを噛み締め、大悟から託されたナイフを見つめ心を決めるのです。
 
 
 


 
 
会場に徹が来ているのか探す一徹ですが姿を見つけることは出来ないままでいると、圭太は法律事務所へと足を運ぶのでした。
 
そして大悟がトイレに行くと、其のトイレの中に清掃員として働いている徹の姿を見つけたのでした。
 
 
遂に、世界一へのコンテストが始まったのです、順調にに課題を進めていくまれ、其の頃桶作家でも、匠と歩実が実りとともにまれへの応援ケーキだと言って、徹たちの結婚式の時に作ったケーキを作ろうとしているのです。
 
まれは焼き菓子も仕上がり、最後の行程経、時間は5時間を経過しました。
 
すると背後から大悟が声を掛けてきたのです。
 
 
 

痴漢冤罪リスクが増加、あなたは大丈夫?

 
 
『さっき親父がいたぞ。此処でまたやっている。此処が会場になると知って仕事を入れた。』周りでは何を話しているのかと気がかりで仕方がないのですが、『前を向け、減点されるぞ。能登には絶対に戻れないそうだ、終わったらすぐに探さないとまたいなくなるぞ。20年前以上の話しだが、8月のある日見せに来た客に娘のバースディケーキを作ってくれと頼まれた。勝手な注文ばかりで迷惑な男で、姉妹には妙な人形をケーキに載せろと言い出した。其れだ。。俺がつくたんだお前が子どもとのt機に親父が帰って来たケーキは』と言いながらキッチンウィッチーを見て話すのです。
 
まれは、其の店に行ったがシェフの店ではなかった、大悟は『お前の親父が来た次の年に前の妻が亡くなって店を畳んだそれから5年後に今の場所に店を出したんだ。全て親父から始まっていたんだな、お前の夢は』とはなすのでした。
 
 
 


 
 
 
ケーキ作りの動きが止まってしまったまれに、一子はたまらず駆け寄り、『審査員が見ている時間が無くなってしまう』と注意をするのです。
 
まれは、子供の時に家族で祝った二人分のバースデーを祝ったこと思い出しながら、全てのケーキを完成させるのでした。が其処からまたまれが何かを作り始めるのです。
 
一子は『何を作るの、時間がないのに』と、まれは『此れでは足りない』と言って、ケーキを作り始めるのでした。残り時間は10分! 
 

下取りと買い取り悩んだら⇒ガリバー【無料査定】


東京書芸学園東京校/基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。資料請求、無料体験入学受付中

水害救助・救助隊員が犬や猫まで一緒に救助で、賞賛か違反かで論争が!

 

小学1年生の暴力が増えている、其の理由とは?


タグ:世界一

まれ・第146回9月15日世界へ出ろ、そして「おはよう!」 [夢]


まれ
 
 
 
 
圭太は大悟から、唯一の進歩はケーキが豊かになっとこと、此処での家族との暮らしがあいつを成長させている、味の深みになっていると云うのです。
 
まれは、プチソルシエールでケーキを大悟に見てもらうために、必死でいるのですが、沙耶は自分が書いた今までルセットを見てもらうとするのですが、大悟は来てしまったのです。
 
大悟はまれのケーキを見て、『売れるのか此れで、楽な商売だな。俺が世界一を目指したのもブランクの後だった。前の妻をなくしてからどん底に落ちで5年這い上がることが出来たのは輪子や美南や大輔がいた身体、あいつらが俺は世界一だと信じてくれたからだ。世界を目指してみろ。何が見えるか自分で確かめてみろ』と言って帰ってしまったのです。
 
其の頃、塗師屋では圭太の父・博之が市長選に立候補することになxtたのですが、圭太は過去の問題もあり複雑なのです。
 
 


 
 
 
まれの店にいきなり一子が見え、まれの取材に来たというのですが、まれは身に覚えがないのですが、一子から世界パティシエコンクール日本予選に、まれが出場することになっているのです。 
 
申し込みをした犯人は、どうやら大悟のようなのですが、この大会は世界中のパティシエが憧れる最高峰だと云うのです。
 
まれは大悟に連絡をして、『昆布のケーキはたまたま上手く言っっただけで、レベルの高い大会はとても無理です』と断ろうとするのですが、『つべこべ云うな挑戦しろ』と、電話を切られてしまったのです。
 
一徹は『挑戦したら良い折角だし』というのですが、『甲子園にも行ったことのない選手がメジャーリーグ挑戦するようなものだ』とまれは応えるのです。
 
子供達は、まれが世界に挑戦することを喜ぶのです。
 
 

沖縄・辺野古埋め立て承認取り消しを表明

 
 
 
春美容室では、マキがいなくなって気落ちしてそろそろ店を終わらすことにを考えている所に 、一子が賑やかに戻ってきたのです。
 
 
まれは、コンクールに出ることを決め、圭太や子供達に伝えると『無謀だと思う、センスは無理でも味で勝負してみろ、というシェフのメッセージかなと思って、それでもお母さんのパワーの元は匠と歩実だから』と子供達に約束をするのです。
 
寝ている子供の寝顔を見て、『子供は可愛い、お父さんはどうして二度も子供を置いて行かれたな、どうしてずっと会わなくて平気なのだろう。お父さんのこと理解していると思っていたが子供が愛おしと思うたびに、なぜか許されない気持ちになってしまう。』』と圭太に話すのでした。
 
 


 
 
 
 
この日の今夜からまれは、コンクールに向けて動き始めたのです。
 
コンクールまで、あと2ヶ月しかないのですが、店で寝ていると、目の前に見た顔が、そして『おはよう』まれは夢だと思ったのですが、『あれ、ドキッとしないの~!』との声にビックリして飛び起きるのです。
 
まれの前に居るはずのない、ゴン太こと、あの大輔がいたのです。
 
 
 
 

妻からのDV・男性からの被害訴えが増える

 

危険外来スズメバチ・北九州域に広がる可能性も、セアカゴケグモも!


タグ:世界一

まれ・第135回9月2日、お母さんはいつ世界一のパティシエに成るの? [夢]


まれ
 
 
 
 
 まれの店に、いつも来てくれていた女子大生が、『バイトをさせてほしい、ケーキ作らさてもらえませんか。此処で修行させてください。私、パティシエに成りたいんです』 
 
ついにまれの店に 、ケーキ職人に成りたいという、夢を持った者がやって来たのですが、『子供の頃からパティシエになりたかった。此処のケーキを全部食べさせてもらった、すごく美味しいです。』と頼むのですが、まれは戸惑い『自分もまだ修行中の身だ、本当にパティシエに成りたいのなら、一流のパティシエのいる店で修行したほうが貴女のためだ、もっとい色んなところ食べ歩いて決めたほうが貴女のためだ』と言って断るのです。
 
まれは女の子を見送ると、戸惑いが隠せずにびっくりした、そして此処のケーキが修行したいほど美味しいのだと、キッチンウィッチに話しかけるのです。
 
其の頃圭太は、匠と歩実に漆について、漆について一生懸命教えるのですが、歩実は全く興味なしなのですが、匠は気を使うのです。
 
漆塗りの練習をさせるのですが、歩実は飽きたと、匠は面白いと興味を示すので圭太は大喜びを、そこに弥太郎たちも来て匠が漆塗りをしている姿を見てまた喜ぶのです。
 
 
其の話を文から楽しそうにやっていると聞いた元治は、それなら塩も・・・、文は徹志がいる、欲張らないでと釘を刺すのでした。
 
そして、5月の休みに、自分たちの息子・哲也達が遊びに来る、やかましくなる、ありがたいことだ。と喜ぶのです。
 
 
 


 
 
まれ達が家族が風呂から出て寝ようとするときに、圭太が一子にプレゼントしようとした漆の飾り物を、歩実が首にぶら下げているのです。
 
歩実は圭太の引き出しの奥から取り出したというのですが、圭太はまれに其のことを話していません、密かに隠しておいたのです。
 
慌てる圭太ですが、圭太は試しに作ってみたと、歩実は頂戴と云うのですが顔色が怪しく成るのです。
 
 
まれが朝の5時に店に出向くと、其処に弟子に成りたいと言っていた彼女の姿が『色々食べ歩いたけれど、この店が一番だ』、というのですが、まれは都会へ出てみてはと、すると『家の事情で能登から離れられない』と云うのです。
 
まれはもしかして、徹と同じ父親がダメ人間なのかとく聞くですが、当然ですがそんなことはないのです。
 
 
 

スポーツ選手、運動能力の高さは子供へ遺伝するのか?

 



 
 
彼女は、池端大悟の料理対決・料理の巨人の時のテレビを見たと、其れでパティシエになりたいと思った、此処のケーキを食べて美味しくて、ホームペジ見て運命だと思った。池端大悟のもとで修行した、あのメレンゲの人が能登にいる、お願いします此処で修行させてください、うち世界一のパティシエになりたい』 と、まれが大悟に頼み込んだ時と同じ言葉を聞くことになったのです。
 
其れを聞いたまれは『基礎の基礎だ、此処で基本を勉強して、他の店で修行できるようにするから、そうしなければ一人前のパティシエにはなれない』と言って許可するのです。
 
私の名前は『沢 沙耶』です。と新しいパティシエ見習いが出来たのです。
 
 
 
Mimicry Pet Hamster (車amel Brown)
 
 
桶作家で其の娘の話をいしている、みのりから、まるでまれ見たいだと、世界一のパティシエと云われたら放っておけないだろうと皆に云われるのです。
 
まれは、子供達に私も世界一のパテシエになる夢があると話すと、歩実から『いつなるの、世界一のパティシエに、だってお母さん大人やろ、いつ世界一のパティシエになるの』と聞かれてまれは答えることが出来ないのでした。
 
徹志はいい加減にすれば、と一徹は容赦の無い追求だと呟くのでした。 
 

 

女性が『おばさん認定』される特徴ランキング、貴女も要注意!

 

タグ:パティシエ

まれ・第132回8月29日、遠方より客来る、そしてアッと言う間に7年がたちました。 [夢]


まれ
 
 
 
 
まれがお店をついに始めることに、其のため圭太や亜美たちまでも協力してくれる事なったのでした。
 
子供達と離れることがなかなか出来ないまれなのですが、藍子が来たことで何とか出かけ、ママさんパティシエとしての第一歩を踏み出すのですが、子供たちが心配で何かと電話をかけるので、ついに藍子から、『店が暇なら帰ってくる?』と云われてしまったのでした。
 
そして、まれの店が開くのを待っていてくれたお客が早速、そしてケーキを作っれくれと頼みに来てくれた客も挨拶に来てくれたのです。 
 
『子育てしながらで大変だろう』、と云われるまれなのですが、『家族やみんなに世話してもらっていると答えるのです。
 
客からは『子供にはパワーになる、家族が健康で笑っていてくれればお母さんは幸せだ』と言ってくれるのです。 
 
 
仕事が終わり、急いで子どもたちのところに帰ってきたまれ、連絡ボードには子供達の今日の状態が書かれているのを見て安心するのですが、其処に圭太の母・直美がやってきたのです。
 
藍子は『至らない娘で申し訳ない、みんなに迷惑を掛けて』というと「あんに頑固な娘を見たことがない』と云われてしまったのです。
 
藍子は『それでも圭太がよく支えてくれて』と感謝の言葉を、『昔、圭太の熱を見逃したことが有った、圭太は小さい時から体が弱くてしょっちゅう熱を出していた。気をつけていたけれど、チョット見逃した好きに40度近くの熱を出して、痙攣を起こしてしまった、心底震えた、悔やんでも悔やみきれない思いは息子の嫁にはさせたくない。お父さんも圭太も甘いから私が貧乏をおっている。それでも孫のために店は永遠に反対するからね』と云われてしまったのです
 
 
 


 
 
圭太は午前中出来なかった仕事を夜に行っているのです。まれは圭太にクッサン・ド・リヨンというお菓子を作ったと試食を、まれは店が軌道に乗ったら最初に店に出したいと云うのです。
 
 
クッサン・ド・リヨンは人々の健康を祈るという思いが込められているというのでした。
 
店が軌道に乗ったら、あれも出した、此れも出したいと思うのですが、店は暇は、其処には文の姿も、文は店が開いていても開いてなくても同じだというのですが、『店は子供だから一片産んだものはお腹の中には戻せない』とまれは云うのです。
 
そんなまれに文は『たくましくなった、子供たちのように育てるにも銭はいる』と言って帰ろうとする所に若いお客が二人も、そして続けてマルジョレーヌを食べたいといってやって来てくれたのです。
 
お客は何故か富山や名古屋など遠方から、まれの店を訪ねてきてくれているのですが、お客からブログで紹介されたと、波多野都と云う東京の雑誌の人のブログだというのですが、まれには思い当たるフシがないのです。
 
閉店後に文とパソコンで調べてみると、波多野都さんは、まれが産休に入る前日に訪れてくれた、まれと同じ妊婦さんだったのです。
 
 
 
 

女性から見た『交際できるか』、99.1%が清潔感

 
 
まれが何故能登でケーキ店を開いたのか、を聞いてくれた、まれのケーキを分かってくれた人だったのです。
 
ブログには、『伝統的な菓子マルジョレーヌをアレンジ他ケーキは食べに行く価値あり、と紹介されていたのです。
 
産休後の11月未股店を開くと言っていたシェフの気概に私は推された。能登に素晴らしい店が生まれた。大事に育ててください。』などと紹介されいるのです。
 
文は、『世間様に知ってもらえたな~』と、一緒に喜んでくれるのです。
 
其処に圭太が前と後ろに子供を背負い、散歩のついでに店にやってきたのですが、其れを見てまれは思わず嬉し涙が、圭太はどうしたと聞くのですが、まれは嬉しい事が有ったと答えるのです。
 
文は、そんなまれを温かい笑顔で見つめるのです。 ・・・・・ ”””この時の田中裕子さんの笑顔はすごく良かったな~、本当に見つめる笑顔は暖かくなる笑顔でした。”””
 
 
 


 
 
 
 
時は流れ、2015年4月になってしまいました、歩実も匠もはや7歳小学生に、店も順調に軌道に乗り、ショーケースにはフランス菓子が並んでいるのでした。 
 
学校から黄色いランドセルを背負い戻った歩実と匠、圭太とともにお母さんのケーキが食べたいと行ってきたというのです。
 
子供達は、まれの作ったクッサン・ド・リヨンを食べて美味しいと言って喜ぶのでした。
 
 
今週は早い、アッと言う間に子供が生まれ、苦しみ悩んだと思ったら、もう7年も過ぎてしまった来週から、まれの最終章の始まりです。
 
子育ても、パティシエとしての本当の意味で苦労もこれから始まるみたいですね。世界一のパティシエに成るための本当の苦労が・・・・・・・!
 
 
 

手術支援ロボット・『ダ・ヴィンチ』に期待と注目が!

 

川崎簡易宿泊施設火災、違法建築に改善是正促す

 

 
 
 
 

まれ・第126回8月22日初めての可愛い常連客 [夢]


まれ
 
 
 
 
まれはもう一度メニューを見直すことに、新しくケーキを作り直し、そして名前もフランス名ではなく能登の名前を入れたものに、値段も下げ、わかりやすくしたのです。
 
そして、まれが思い切り精魂込めて作ったケーキ、『マルジョレーヌ』と云う有名フランスレストランの菓子をアレンジして、作ったものだというのです。
 
一子やみのりなど仲間たちは、すごく美味しいと褒めてくれるのです。 
 
まれは、このマルジョレーヌから火がついて、お店がうまくいきますようにと願いを込めるのでした。 
 
 
 


 
 
店に、先日来て、高いと言って何も買わなかった客が、ケーキ変えたのかといって来店してくれたのです。
 
塗師屋に戻ったったまれに、藍子はマルジョレーヌが売れたのかと聞くのですが、まれは全然みんなのおやつに成る、というのです。
 
まれは、藍子に『お父さんのやってきた気持ちが分かる、夢とは現実的だ、こんな厳しいこと軟便何遍も、実は根性有るのかもしれないね』と話すのです。
 
 
其の頃高志は、圭太から云われた、『そのままで良いのか、笑顔にしてあげなくてえ良いのか」と自問しているのです。
 
まれの店にも少しずつ客が入るようにはなりましたが、一子がまた訪れて客の入りを聞くのです。
 
マルジョレーヌは相変わらず少ししか、それでも焼き菓子をはじめたのは正解だった、と話し、マルジョレーヌはお願いしてる分だけ売れている、と話すのです。
 
 
まれが店の外で試食を進めている所に、オープン時に来てくれた子連れの親子が、通リすがったのです。
 
まれは新商品を試食をお願いし褒めていただくのですが、値段を聞くとやはり高いと云われてしまったのでした。
 
 
 

京大・iPS細胞で難病の筋ジストロフィー病態再現に成功

 
 
 
藍子のもとに高志が姿を見せたのです、高志は貴女に会いに来たと、そして藍子と三つ目いあいなかなか口に出さない高志を見つめていると、高志はいきなり変な顔をするのです。
 
突然に行われた変な顔に藍子は、笑い出してしまったのです。高志は『幸せになって下さい、それだけです』とて去り際にまた変な顔をして帰っていくのでした。
 
藍子は、久しぶりに思い切り笑ってしまったらスッキリしてしまった、とまた思い出し笑いをするのです。
 
まれの店に高志が来たのです、日曜日だけ塗師屋が休みだから夜まで開けていると、高志に『赤字続きだと、商品を変えて少し売れるようにはなったけれど、と言うのは言い訳なのかもしれない。高いから売れないのではなくて、お金を出してでも食べたいというケーキが作れないだけだ』と話すのです。 
 
そして高志は『凄い、歌が沢山の人に愛されている』と、すると高志は『俺は最初一人の人から始めている。歌をたった一人に届けば良いと思って始めた、まれのケーキも一人を待てば良い、誰か一人に届けば始まりに成るのだから』と励ますのです。
 
 
 


 
 
 
圭太はまれに、『届けば良いな、誰か一人に』と、話すのでした。
 
2007年12月20日、いつもの親子連れが来て、『貴方のケーキが忘れられなくなって、来てしまった、マルジョレーヌ4つもらえるか』と、その言葉を聞いたまれの目に思わず涙が溢れてしまったのです。
 
お客からも、どうしたのかと聞かれてしまうほど嬉しかったまれなのです。
 
どうにか始めてのお客様が出来たのですが、売上は価格を下げったためにまだまだ低空飛行なのでした。 
 

まれ・第125回、8月21日つまづきからの復活ケーキ [夢]


まれ
 
 
 
お店のケーキの売上が全く伸びません、ついには売れない日が出てしまったのです。
 
まれの食事は売れん凝ったケーキに、塗師屋の従業員も売れ残ったケーを分ける始末に成ってしまったのです。
 
せっかく横浜から来たあの男、そうです浅井ですが全く役に立っていないのです。 
 
横浜の大悟に相談をして見てたのですが、『知るか、俺の敵だ、教えるか』と云われてしまったのでした。
 
浅井の相変わらずの傍若無人ぶりに、みなは飽きれるばかりなのですがその翻意は何かあるみたいなのです。
 
 
文がまれの店にケーキを買いに来てくれたのですが、一子は名前よくないのでは、浅井も別にフランス語でなくても、というのですが、まれはフランス菓子へのこだわりが強いのです。
 
其処に、みのりが店を心配してきてくれたのですが、みのりは『融資の査定が甘かった、それでも借金の返済はしてね』と文も『塩の代金もな』と、遅れて浅井からもアルバイト代金も、との確認をされてしまったのです。
 
万事休すのまれ、ケーキばかり食べているため胃が凭れて仕事にも影響が、桶作家でもまれの仕事だから何も出来ないと、云うのです。
 
 


 
 
 
誰もが、まれのケーキのことを心配するのですが、どうにも成らないです。
 
店のケーキがは全く売れないために大赤字に、まれは借金抱えてしいそうすると錯乱状態になる寸前まで追い込まれ、一子から、値段を下げてみては、材料を落として価格を下げなければ毎日食べられるものにしなければと。
 
まれは、そのうちわかってくれるというのですが、わかってくれるまでにこの店が潰れてはしかたがないだろうとまで、云われてしまったのです。 
 
見かねた圭太は、まれに『ずっとケーキしか食べていないだろ、おにぎりを作ってきた』とまれに差し出すのです。
 

高槻少女殺害、府警調べで不審車は1台の可能性、逃走経路を捜査中

 
 
 
圭太は『店休むのか』と、まれは『いつもぶつかる、この問題に、作りたいっケーキとお客さんが食べたいケーキ』、圭太は『其の答えを探してみんなもの作っているのではないのか、俺は其れでも作りたいものしか作ら無いけれど』と云うのです。
 
其れを聞いたまれは、圭太に人間国宝か、巨匠かいね、と茶化すのです。ふざけることで、気持ちの整理をつけたまれは、圭太の背中におんぶされながら、値段下げること、商品も変える、気軽にケーキを買って貰えるようにすると、せっかく開いた店潰し訳にはいかない、それでも一つだけ思い切り妥協しないで徹底的に拘ったケーキを一つだけ作るというのです。
 
 


 
 
 
早速店に戻ったまれは、こだわりのケーキを作り其れを完成させるのですが、其れもを見ていた浅井は『良かった、シェフに云われてきた、そろそろ行き詰まっている頃だから行って来い、あいつが腹を括ったら帰って来いと、がんばってくださいね、また此処に来させられるのは嫌ですから』と言って、浅井は横浜に戻るのです。
まれはシェフの心使いと浅井に感謝し礼を述べるのでした。 
 
吹っ切れたまれ、新しいケーキの販売はこれから客を引き戻すことが出来るのか、これからが勝負なのです。
 
 
 
 

米大学、ほぼ完全な人間の脳の培養実験に成功

 

アメリカFDA・『女性バイアグラ』を認可

 

 
 
 

まれ・第124回8月20日ケーキが売れない [夢]


まれ
 
 
 
徹の夢だった、まれのケーキ店『プチ・トゥ・ソルシエール(魔女姫)』が 2007年11月11日大安吉日にオープンするのです。
 
まれはケーキの仕上げをした後に、塗師屋に一旦戻り朝ごはんの支度、そしてまた店に戻り、ケーキを店頭に並べて、いざオープンです。
 
まれの店には村の仲間や家族達が、来てくれたのです。元治は『いい店だ徹も喜んでいる』都、其処に弥太郎も来てくれたのです。
 
弥太郎は、フランス菓子と輪島塗のコラボだと言って、漆器の大皿をおいていくのです。 
 
 
そして、町のお客さんも来てくれて、初日は大盛況に、ケーキも完売し終わることが出来たのです。 
 
高志は圭太から、『どうしたのだ、夏に来たのも何か有ったからなのか、、水臭い』と云われてしまったのです。
 
其処に洋一郎が、高志は『俺はただある人のことが心配でまれに聞きに来た、抱きしめてしまった、逃げた悲しい顔を見たくないだけだ、最初は憧れだった、それでもあの人はいつも悲しげ、で笑顔にしたいと思うようになって、何も出来ないくせに』と二人に話すのです。
 
その様子を見ている市子や魔れ・みのりたちは隆の恋話か、いつの間にか私達から離れていってしまったと、ただ遠くから見て話すのです。
 
 
  
 
マシェリシュシュ仕込みの美しさと地元食材を浸かったケーキは評判に、午後は塗師屋の女将として働き充実した日々を過ごしていたたのです。
 
まれの店は連日繁盛していたのですが、2週間を過ぎた頃からか客足が途切れ、ぱったりと途絶えてしまったのです。
 
 
一子は、物珍しさが失せたというところかと、其処に年配の客二人が、『こんな小さなケーキが480円高い、ブルーベリーなんかもぎたてをそのまま食べたほうが美味しい 』と、云うのです。
 
 

女性の正常卵巣を切除ミス、宮城・大崎市民病院が医療ミス

 
 
一子は、『なるほど、能登の人は舌が肥えてる、素材の味を知っている』都、真人は『それなら観光客に絞ってみては』と、しかしまれは『地元の人にも食べてもらいたい』と、云うのです。
 
其処にオープンの登喜来てくれた子連れの若い主婦が『ケーキは美味しかった、それでも毎日のおやつには贅沢だし、ごめんね』と云うのです。
 
 


 
 
 
新一郎が、『こんな時に徹がいればなにかアイデアが出るのだろうが』と、其処に誰かが来たみたいなのです。
 
誰かって、顔を見せていませんでしたので、解りませんが、多分あの人です、横浜の邪魔な男だと思いますよ、何かと問題を起こすあの人が来たのだと思います。
 
明日になれば分かることなのですが、まれの店で活躍してくれるのではないでしょうか。 
 
 
 

高槻・中1少女殺害事件、男子生徒公開捜査に

目のかゆみ・咳など等・・花粉症の裏に深刻な病気が!

 

 
 
 
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。