So-net無料ブログ作成
結婚・出産 ブログトップ
前の10件 | -

あさが来た・第34回11月5日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
 
はつが加野屋を訪れ、ふゆを鹿屋で雇って欲しいと頼みに来たのですが、その帰り際にはつは産気づいてしまったのです。
 
慌てる加野屋の女中たちですが、よねとうめが手配をし、はつは無事に子供を産むことが出来たのです。
 
はつは元気な男を生むことが出来、加野屋では久しぶりにおめでたいことに出会えた、と言って喜ぶのです。
 
はつは子供を連れて長屋へと帰るのですが、米ははつが加野屋の嫁であればよかったと言うのですが、その話をあさは聞いてしまったのです。
 
正吉も進次郎も朝へ何を言って良いのかわからないのでした。 
 
 
 


 
 
 
長屋に戻ったはつは子供をみせ喜ぶ父から、『惣兵衛は何をしているのか、おじいちゃんはこれから気張りまっせ』と、そして母に子供を抱いてもらえないでしょうかと、母はこれだけ帰って来ないということは生きているのかどうか分からないと文句をいうのでした。
 
あさは、母よねから云われてことを気にしながらも日々を過ごすんです。
 
時代は明治4年を迎え、明治政府は藩をなくし県へと移行することに、廃藩置県が行われたのです。
 
同時に藩が抱えていた借金を肩代わりすることに、古い借金は棒引き、新しい借金は50年無利息で返すというものだったのです。
 
これでは両化粧はやっていけない、新しい商いを見つけなければ生き残れる道はないというのです。
 
 
ふゆも加野屋で雇われ、今では女中として働いているのですが、其処に山屋さんが石炭を持ってやってきたのです。
 
 
 

貴方はこの言葉どう思います?其れより知っていますか?

 
 
 
初めて見る石炭を見て、あさはつやのある云々を言うと、山屋から加野屋の四男坊と庵さんが男のように働くさかい息子を貰ったみたいだと噂が立っていると云うのです。
 
あさは初めて石炭が燃える様を見て目を輝かせるのでした。
 
正吉に山屋が説明することには、山の持ち主の櫛田が旦那様が亡くなったので、早々に売りたいということなのです。「
 
あさは買いたいというのですが、金は足りていないのです、嫁入り道具や持参金、政府からの返済金などを当ててもまだ足りないと云うのです。
 
 
 
 


 
 
あさは始めに半分入れて、残りは三回払いの分割掛けあってみようと思う。正吉は『あさチャン覚悟はできているのか、嫁が長いこと開けることは有ってはならないこと、よく考えたうえで、其れでもやりたい、そういうものやったら私は止めはしない』 、と云われたのです。
 
あさは、進次郎に覚悟を決めて、『門司から炭鉱まで朝から歩いてその日うちに着いたとしても3日はかかります。お金の談判だったんに何日かかるか分からない、半月・一月よりも掛かるかもしれない、旦那様のお手伝いも出来ない。旦那様どうか御家のために、お妾さん囲ってほしい』と頭を下げるのでした。 
 
 
 
 
 

16歳長女を虐待、父・母を傷害監禁容疑で逮捕

インフルエンザ飲み薬・1回投与で治療が可能に

 

 

タグ:お妾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第33回11月4日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
進次郎は三味線の師匠の美和との中が危ういな雰囲気になりそうだったのですが、袖口の縫いを見てあさの下へと帰るのでした。
 
その姿を、よねの言いつけで進次郎の身辺を伺っていた亀介が見ていたのですが、亀介もまたよねに捕まってしまったのです。
 
時が経ちはつのお腹もすっかり大きくなりましたが、相変わらず惣兵衛の捜索はわからないままなのです。
 
 
 
 


 
 
そして、大阪に戻った五代は名を友厚と改めて時代の先端を切り開いていく会社を設立しているのです。
 
そして寄り合い所ではあさのことが話題に、あさが嫁入り道具を売りに出していると、しかしその真実は炭鉱のある山を買おうとしているというのです。
 
寄り合いでは、『加野屋というか、あの若女将一人が新しい商いをしたいと言っている』、と話題になリ大阪中の噂の的なのでした。
  
加野屋では進次郎に母・よねから『あさが嫁に来てから4年、何もめでたい話が無い。あさは商売の話で出かけてしまった。跡取りも出来ない。妾を持ちなさい。三味線のお師匠さんと良い仲だとか、その師匠さんにお願いしましょう』と話をすすめるのです。
 
 
 

貴方はこの言葉どう思います?其れより知っていますか?

 
 
 
 
進次郎とよねの話を聞いてしまったあさ、は気落ちしてしまったのですが、其処に姉はつが青物を担いでやってきたのです。
 
はつは『大きな声を出して迷惑をかける』というのですが、あさは『私にとって自慢の姉だ』と家の中に上げるのです。
 
はつは、あさにお願いがあると、『山王寺屋が無くなってからもそばに居てくれるけれど、年頃のふゆをこのまま蕎麦にいさせては可哀想だ。ふゆを加野屋さんで働かせてほしい。そして良い御縁を見つけてほしい』と頼むのです。
 
あさは、はつの願いを母よねに頼んでみると、引き受けることにしたのです。
 
 
 





 
 
 
あさは、はつに進次郎の妾のことを話せないまま、やっと笑えることが出来たと話すと、はつは何か会ったのかと気になるのですが、あさは『今はお姉ちゃんに言いたくない、お姉ちゃんが眩しくて。堪忍、何でもあらへん』と言葉を濁すのです。
 
帰り際の姿を見つめるよねはどこかで見たことがあるようなというのですが、廊下で突然はつが産気づいてしまったのです。
 
ビックリポンやと言いながらあさは、何をして良いのか戸惑うのばかりなのです。 
 
 
高級プラセンタとセラミド2,700円⇒1,620円
 
 

マイコプラズマ肺炎・首都圏で流行の兆しが

子連れで覚せい剤購入、バレないと思った。

 

 

タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第15回10月14日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
 
進次郎は夜になると毎日女の家に出向くのですが、指が痛いと言っては出向いているのです。
 
女からは、お嫁さんを貰ったのにと云われるのですが、『嫁と言ってもまだまだ子どもや』と,正吉達も夜な夜な出かける進次郎のことを、それとあさのことも気に掛けるのです。
 
 
あさは、なんで今後ころにいるのだと、考えるのですが、忠興から言われた「帰ってくるなよ』との言葉を思い出すのです。
 
 
 
時は幕末の動乱期の慶応2年に薩長同盟が設立し、京の街では新選組が大きな時代の変化が見えてきているのですが、あさにはまだ関係はないのです。
 
あさは早くから一人で出かけていくのですが、加野屋ではちょっとした騒ぎに、うめはでかけた先には心あたりがあるようで、其の心当たりとは、はつの嫁ぎ先の天王寺屋なのです。
 
店前の大きなな暖簾の下を覗き見るあさの姿が、そこに、はつが出てきたのですが、はつはこれから惣兵衛とお芝居に行くところだったと。
 
はつは蛇みたいに黙っている所でも心で笑っていることが分かってきた、不自由なく暮らしているありがたいことや、と言って笑顔を見せるのです。
 
其れを見てあさは、うちもしっかりしなければと思い帰ると、うめと正吉が外で待っていたのです。
 
 


 
 
 
 
初期値は何処に行ってきたのかと、『ほんまは京都に帰りたかったのでは』と、しかしあさは『いいえ、今井の父から一生帰ってくるなと云われた、一旦敷居をまたいだからには一生帰るつもりは有りません決して逃げるような真似はいたしません。一生加野屋の家を守りたいのです』と正吉に応えるのです。
 
 
正吉は、色々な所から加野屋の嫁は気が荒いから、進次郎相手にすぐに短気を起こして出戻ってしまうかもと噂が立っていると云うのです。
 
 
 
 

福岡県警・警官のモラルは何処へ、幹部の警視を詐欺未遂で逮捕

 
 
 
 
あさは、それなら家のことを手伝いやらして貰えないか、と、帳面を見て京都でも手伝っていた、しかし正吉は『でもおなごには見せることは出来ない、しきたりだから』というのです。
 
そんなあさによねは、おしろいを買ってきたと、あさの顔は子供っぽい顔をしているからといって白粉を塗り遊ぶのです。
 
おしろいを塗ったあさの顔を見て、進次郎は『此れはビックリ、どこの出目金かと思った』と言ってまた出かけるのでした。
 
 
 
 


 
 
あさは、よねに出かけたいと申し出ると、振り袖でかごに乗って番頭をつけていけというのです。
 
良い着物を着て行きなさい、加野屋の自慢の嫁が出かけるのだからと云うのですが、かごからおりたあさは番頭もかごも帰って良いとうめと二人で自由に歩き出すのです。
 
そして橋の上で、思わぬ人と再会を、あさは思い出さないようなのですが、そうです、あの五代才助が日本に帰って来ていたのです。 
 
 
  
 
 

馬油の力ですべすべ肌!リマーユスキンケアオイル

6歳未満の男児、脳死判定・臓器移植へ

オーストラリア人父親、1歳女児を揺さぶられ症候群で死亡させ逮捕!


タグ:出会い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第13回10月12日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
はつが大阪へ嫁いでから半年、、あさが進次郎の許に嫁ぐ日がやってきたのです。
 
朝が加野屋に嫁入りに行くと、当の新郎の進次郎はあさの嫁入りの日を忘れ、仲間たちと一緒に紅葉狩りに興じていたのです。
 
お披露目のあさが座って待っている席の隣には、進次郎の姿はまだ見えていません。あさは段々と腹がたった来るのでした。
 
 
白岡家の政吉はまだこないのかと心配するのですが、母・よねは私らが心配してもどうにも成らないと言葉を返すのです。
 
うめはあさの心中を察しあさの所に行き落ち着かせるのですが、『辛抱しきれなくなった、心も脚もこらえきれない、角隠しも外してよいか』とまで言うのです。
 
うめは、『角隠しを取ったら角が見えてしまう』と、『角も生えるは。嫁入りに来て旦那さんもいないとは』と怒る所に、進次郎が慌てて駆けつけたのです。
 
孫次郎が周りを見渡すのですが、みんな起こっている空気で、そんななか進次郎はあさに『よくわての所にお嫁に来てくれたな』と声を掛けるのです。
 
『許婚者になって十数年、色々有ったけれど、ワテはこの日が来るのを待ちわびていた、楽しみにしていた』と話すのですが、あさは進次郎の顔を見ようとせずに『楽しみにしていた日を誰が忘れたりするもんですか。言い訳は結構です。グジグジする男は嫌いです。』とそして『本当にこの人のお嫁さんに成るのか』と思うのです。
 
 
 


 
 
 
そんな様子を忠興は心配するのですが、りえは『二人共楽しそうにやっている、それよりもはつのほうが心配だ 』と話すのです。
 
進次郎は正吉に促されて立ち上がると、榮三郎も呼ばれ、正吉の口から進次郎は今後、榮三郎の後見人としてやっていく事になった、よろしく頼む。ということが発表されたのです。 
 
進次郎は『アホボンだから、商いにはには関わらないようにする絵いさぶろしっかり頼む』と言って座るのでした。
 
宴もお終わり、父・忠興とりえは大阪に帰り、あさ達夫婦は加野屋の離れに住むことになったのです。
 
そんなあさの所に犬の張り子を持って母よねがやって来て、この張り子を床入りの部屋に飾って欲しいというのです。
 
明日からは加野屋の若女将さんとして頑張ってもらうからといって去るのでした。
 
 
 

子供を性被害から守る条例・長野県議会で議論難航

 
 
 
初めての寝所に、進次郎がそしてあさを抱き寄せるのですが、あさは遂にというよりも寝巻きの帯の上手を引き、進次郎を上手投げで投げ飛ばしてしまったのです。
 
初夜の日に、上手投げされ、手を痛めてしまった進次郎は外に『あかん、あれはとんと子どもやな』と言って部屋を出て行ってしまったのでした。
 
其の頃、山王寺のはつはある部屋に連れて行かれたのでした。 
 
 
 
 


 
 
あさが来た、は大河ドラマをと同じ手法で行われているようで、今までの朝ドラの延長つまり偉人伝ですよね。
 
簡単に言うと、日本人の立志伝みたいなもので、モデルが必ずいるので、見る人にとっては安心して見えるかもしれません。
 
あまちゃんや、まれはモデルがいない為に、NHKらしさがないのかも知れませんが、新鮮なは有ります。
 
あまちゃんは変化してく少女の夢、そして故郷への思い、まれは様々な形の家族愛と子供の時からの夢ですが、モデルがいない分、よしきにつけ悪しきにつけ批評は高まりますね。 
 
 
 

買取15年の実績!大満足の高価買取なら【買取専隊エース】

 

DV保護された家族。広汎性発達障害の母親、月4万円の生活、

振り込み詐欺容疑でグループ最高幹部3人を逮捕、新たにマイナンバー詐欺も!

 

 


タグ:初夜 嫁入り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第12回10月10日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
 
今井家に、加野屋進次郎と正吉が訪ねてきて、婚礼を延期してほしいと、長男の正太郎が亡くなってしまったことが分かったのです。
 
 
あさは進次郎に、文を送ってしまったことを謝るのですが、進次郎は『威勢の有る文で果たし状かもと思った、おなごから文は色々貰ったけれどあれは初めてだった、嬉しかったで、それで惣兵衛に有ってみたがまそれを知らせようとした時に兄が亡くなってしまった』と語るのです。
 
 
進次郎は兄への思いをあさに、熱く、悲しく語るとともに『惣兵衛は確かに難儀なやつかもしれん、それでも子供の時はおもろい良え奴だった、今ではそれを信じるしか出来ない。お姉ちゃんをいたわってな』とあさに伝えるのです。
 
 
進次郎にあさは『進次郎さんは優しい優しいお方です。そこだけは誰にも負けてはいません。お兄さんの分もちゃんと生きてください』と励ますのです。
 
 
翌日の3月末日、はつが大阪にお嫁入りする日が来たのです。
 
 
ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ ニットワンピ
 
 
 
はつは船に乗り大阪へ、それを走って『お姉ちゃん、お姉ちゃん』と追いかけるあさ、気持ちを大阪に向けあさを背にしたはつなのでした。
 
 
白無垢姿のはつ、それを向け入れた惣兵衛の姿があったのです。
 
  
それから半年後、今度はあさが嫁ぐ日がやって来たのです。
 
 
 
 

保育園活動、失敗すると春から働けなくかも?

 
 
 
白無垢のあさを見て、父・忠興は『ちゃんとおなごに見えるであさ』と、母りえは、はつとお揃いのお守り袋を手渡し、『あんたは唯のあかん子ではない、筋金入りのあかん子だ、根性だけだったら誰にも負けないいつか誰にもおなごに生まれてよかったという日が来る、柔らかい心を忘れずにええお嫁さんに成るやで』と。
 
 
忠興は『帰ってくるな、それでええ、さっさと嫁にいけ』と、あさは『どんと御家を守ります』と約束をするのでした。
 
 
 


 
 
 
大阪についたあさ、加野屋の前では皆が出迎えているのですが、そこには進次郎の姿が見えないのです。
 
 
あさが尋ねると小番頭の亀介が、進次郎は修験の日取りを忘れて出かけてしまった、と云うのです。
 
 
其のころ進次郎は三味さんを抱えて遊びにでかけてしまったというのですが・・・・?
 
 
結婚する前から波乱万丈で、其の当日も大変なことに、あさの結婚生活は大変だったようです。 
 
 
 
 

高級プラセンタとセラミド2,700円⇒1,620円

辰吉二世・プロボクサー京口竜人を傷害容疑で逮捕

 

頭シラミが増加している?薬が効かない種類も


タグ:嫁入り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第7回10月5日 [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
 
時は流れ慶応元年になり、あさはお転婆のまま大きくなりました、今年の春に同じ日に嫁ぐことが決まった二人なのです。
 
花嫁修業をしている二人なのですが、裁縫がうまく出来ないあさに対して、何事もそつなくこなすはつなのでした。
 
子供の頃あれほどお読めに行かないと言っていたあさなのですが、4年間季節の変わり目ごとに近くに来た時には寄って行く進次郎に対して少しずつ大阪に嫁ぐ覚悟が出来てきたようなのです。
 
 
 


 
 
忠興は結婚する日が早過ぎるのではと、りえはあさが心変わりをしないうちに早めに少しでも其の気の有るうちにと忠興に話すのです。
 
あさは初のことが気にかかるのですが、うめは、はつよりもあさのほうが何倍も気にかかるというと、あさは『なんでか進次郎が笑っているを見ると何故か楽になる。あの方はよく目をほめて笑う、不思議だ』と話すのでした。
 
今井家に、天王寺屋の母と惣兵衛が、能を見なたついでにと、はつを訪ねてやってきたのです。
 
 
 

北斗晶さん・マンモグラフィーでガン発見出来ず、何故?

 
 
りえと応対したはつなのですが、りえが居なくなった時に惣兵衛は『嫁はんになったら毎日顔を突き合わせなければならない、嫌でも何も言っても無駄なこと』というとのです。
 
そして母ははつに『訳ありではないでしょうね、大阪一の山王寺屋の嫁になる訳ありなんてことになったらこっちが恥をかく』と云うのです。
 
そこに忠興が帰って来たのですが、あさは腹が経っていたのです。はつに足しいての言葉を許婚者の惣兵衛が庇おうともともしなかったことに腹が立っているのです。
 
 
 
 


 
 
 
あさは惣兵衛に『一つお願いがあります。笑っていただけませんか、笑ってください、姉はもうすぐ山王寺屋さんのお嫁さんになります。自慢のお姉ちゃんです。其れでも不安がいっぱいです。それでも一片でも笑ってくれたらどんなに気が楽成るかと思って、姉に笑っていただけませんか』と頭を下げるのですが、惣兵衛は「何で儂がお前に指図を受けなければならない。おなごのくせに、ちょっと大人になったと思ったら中身はアカンタレのまんまやな、はつかて辛気臭い顔しているし、それでもお前よりはマシだ』と言われてしまったのです。
 
其れを聞いたあさは、「お姉ちゃんは辛気臭い顔だって・・・・?』と言って拳を握るのです。 
 
 
 
 

マイナンバー通知カード、貴方には届くのか?マイナンバー制度普及に最大の関門が!

 

小児喘息・腸内細菌の不足に原因が、カナダ・ブリティッシュコロンビア大研究


タグ:姉への思い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・9月28日あの人が許嫁? [結婚・出産]


あさが来た
 
 
 
今日はから朝ドラヒロインが『まれ』から、あさに変わりました。
 
まれは家族と愛がテーマで実在しない人物でしたが、あさは幕末から明治を生き抜いた実在した女性がモデルとなっています。
 
明治に、日本で初めての女子大学を築いた広岡朝子さんですが、小石川三井家の三女で炭鉱経営から大同生命の創設に加わり、日本女子大学を設立した人です。 
 
 


 
1901年(明治34年)東京・日の出女子台学校学長、白岡あさの物語が始まったのです。
 
時は1857年8安政4年から始まりました。
 
空をとぶ鳶を見て、背中に大きな凧を背負い木から飛び降りるあさなのですが、場所は京・今井家の次女ととして生まれたあさ、姉初がしっかりものなのですが、妹あさはおてんば生周りないのです。
 
あさは姉はつに、『何でどす、何で』と聞くのですが、そこへ父が現れあさを抱え上げ叩くのでした。
 
おしとやかな姉はつに対してあさはとんだ跳ねっ返りなのです。
 
男のことを追いかけたり、相撲とったりと男の子まさりけれども、生まれた時から許嫁が決まっているのです。
 
両替屋を営んでいるあさの家、何でどす娘をしたら叱られるのということを、そして長男久太郎もまた跡継ぎとして教育されているのです。
 
 
 

高橋メアリージュンさん、顔面マヒを告白!

 

 
 
久太郎のことが気になるあさ、勉強している部屋には算盤が、あさはそれをぱちぱちハンと言って喜ぶのですが父は怒るのでした。
 
其れには、あさの許嫁である白岡進次郎が来ているからで、其の進次郎の前でお尻を叩かれてしまったのでした。
 
あさは、お琴よりぱちぱちハンが好きだと云うんですが、進次郎はおいど(お尻)は大丈夫なのかと聞くのです。
 
恥ずかしいやらで怒るあさ、進次郎の初めての出会いは才覚なものとなってしまったようです。
 
 
 


 
 
 
あさの子供時代を鈴木梨央さんが頑張っているのですが、夫に成る白岡進次郎は玉木宏さん本人が出ていますから、ウワ~歳の差ありすぎッて感じが歪めませんね。
 
まだ初日が始まったばかり、これからが楽しみでありますので期待したいですね 
 
 

伊丹・ケーキに髪が這入っていた。詐欺容疑で無職の女(45)を逮捕を

 

産後に豹変する妻たち、夫はどうした良いのか?

 

タグ:両替屋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第155回9月25日結婚式に徹が帰って来た [結婚・出産]


まれ
 
 
 
 
まれと圭太と結婚式で歩道工とまれ、そして徹の誕生日の日。2015年8月10日が遂にやって来たのです。
 
朝から結婚式の準備に追われる桶作家、まれが結婚式のケーキを作ることになっているのです。
 
まれは部屋の中に立っていると、文から何をしていると云われるのですが、まれは『今まで色々なことが有った、此処に転がり込んで
元治さんと文さんに迷惑ばっかり掛けて、何遍も何遍も助けてもらった。ありがとう』と『助けてあげるなんて出来るかい、どうしてなのか段々大事なってしまった、そして光になった。それだけや』と文は応えるのです。
 
まれは改めて『元治さん、文さん、大好きや、大好き』と涙を流しながら感謝するのでした。
 
 
 


 
 
其の頃、春美容室でも、一子のことが話題になっているのですが、一子が洋一郎に『チョットいいけ』と声を掛けるのです。
 
 
洋一郎は『気にしないで結婚していいよ』というのですが『一子は別に結婚する相手もいない。洋一郎のせいだ私の人生あんた以上に私の事考えている人がいない。一生口にしないと思っていた言葉を口にします。ごめん男としてすきになれない、それでも最高の仲間や、頼む酒幸せになってほしい』と肩を組むのでした。
 
まれが蹴っっ婚式のためのケーキ絵お作りにプチソルシェールに行って準備をしようとする矢先に、誰かが突然店にやって来たのです。
 
まれは其の入ってきた人を見て、唖然とするのでした・・・・・・・、そこには父・徹の姿があったのです。
 
 
 

川島なお美さん、抗がん剤・放射線療法拒、否最後まで女優として!

 
 
徹はまれの顔を見た途端に『元気』と『最初は其れかいね』と大きな声で起こるまれに『ごめんなんて言ってわからない』と、徹は応えるのです。
 
まれは『コンクールで見ているのだから元気なのは知っているだろ、どうして出てきてくれなかったの、シェフから聞いた、このケーキのこと』
 
徹は『俺も聞いた、気になるのなら責任をもって最後まで見つめろ、と言われた。お前のケーキ見たよ。すげーな、あんなケーキ作れるようになったんだ、すげーよやっぱり、お前はすごい、コンクールが終わった後また消えるつもりだった、お前のケーキ見て、お前の言葉聞いて、やっぱりお前の花嫁姿見たくてかえってきた』と云うのです。
 
『最初から出て行かなくてよかった迷惑かけてよかった、家族って何もしなくても居るだけで良いのだから』と言って徹に抱きつくのでした。
 
 
 
 


 
 
そこに一徹がケーキを取りに来たのですが、徹の顔を見ていきなり殴るのです。
 
一徹は『ごめん、あの時こうして止めなくて』と『お前強くなったね』と、そして徹に抱きつくのです。
 
桶作家に戻った三人、藍子が迎える先に徹の姿、藍子は見るなり、いきなり近づき頬に三発平手打ちをし、泣きながら通るの胸を叩くのでした。
 
やっと帰ってきた徹への思いは、それぞれが待ち望んでいたことであり、また複雑なのでした。 
 
 

タグ:結婚式
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第154回9月24日まれたちの結婚式をやるぞ [結婚・出産]


まれ
 
 
 
 
世界パティシエコンテストで5位に入賞したまれ、悔しさは有る中で大悟との約束も、そして目標が見えてきたのです。
 
桶作家に戻ったまれと一徹達、其処には子供たちが作ったケーキが待っていたのです。
 
全員が集まった桶作家、子供たちが作ったケーキをみんなで頂くのです、そして子供たちにまがら『美味しさ優勝』と褒めるのでした。
 
匠から、『お母さんは負けたんけ』と言われたまれ『ごめんね、応援してくれたのに』と謝るのですが、文から『それでも悔いはないのだろう、そういう顔している』と言われ納得するまれなのです
 
みのりから、『結局お父さんは出てこなかったの』と聞かれたのですが、まれと圭太『派遣登録の住所はでたらめだった』、『其れでもまれの思いは届いていると思う』と考えるのでした。
 
 


 
 
 
 
突然、歩美から『おとさんとお母さんは』と、一徹たちの結婚式の時の写真を見せられるのです。
 
まれは『お母さんたちはやっていない。土地手て云われても』と困るまれなのですが、元治と文にはなにか考えが有るようなのです。
 
二人の顔がにこやかに真レたちを見ているのですから、其処に真人や慎一郎たちが打ち合わせに来たというのです。
 
真人達が持ってきた横断幕には、”祝・圭太と希ちゃん結婚式おめでとう”と書かれていたのです。 
 
元治から『今年の祭りはまれと圭太の結婚式だ、8月10日、会場は桶作家」だと云われ喜ぶ子供達、そして驚くまれ達の顔が有るのでした。
 
 
まれと圭太、そして子供たち4人で東京から引っ越してきて、皆で頑張ろうといった場所へ其処で食事をしな我愛羅『お母さんケーキ負けてしまったけれど、また頑張るから』と、子供達は『応援する。世界一』と、手を重ねあい誓うのでした。
 
 
 
 

妻が出産したら、妻への思いやり3箇条

 
 
 
塗師屋でまれは『結婚式挙げなくてよかった。子供たちと一緒に挙げられる』と『8月10日は歩実と匠とまれ、そして徹の誕生日だ』と云うのです。
 
『元治さんの気持ちやね、コンクールに出てよかった。いろんな事教えてもらった。お父さんのことも、当然だった。この道ずっと歩いてみたい。世界一の向こうに何が有るか見てみたい』とまれは新たな気持ちを話すのです。
 
しかし圭太の口から『俺も日本一の親方になる』との言葉が出ないので不満に思うまれ、『若気の至りならともかく30過ぎて日本一はちょっと』と躊躇すると、まれは圭太から始まった日本一が、と怒りだすのです。
 
そこで圭太は改めて『俺も日本一の親方の道を行く』と決意するのと、『一緒に歩いて行こう。ゆっくり、家族でゆっくり、歩いて行こう』というのでした。
 
 
プチ・ソルシェールでは明日からの営業ということで、コンテストの様子を取材していた一子の書いた記事が、評判良いと言って店に来ているのです。
 
其処に常連の客達が、やって来てくれたのです。「残炎やったね、少し心配した優勝したらどこかに行ってしまうのかなと思っていた』と言ってくれたのです。
 
 
 
 


 
 
 
一子は『愛されているね、まれの店は、昔まれの事風のモンと言ったことがあるよね、土のモンの気持ちは風の門には分からないと言って、それでも東京へ行って、一つ分かった。東京都は故郷から出てきた土のもんばかりだった』と、『私は土の人に憧れた、故郷という根っこ』と、まれは応えるのでした。
 
一子は『まれが風の人でよかった。能登に来てくれてよかった』と素直な気持ちを云うのでした。
 
 
一徹は、まれのホームページの書き込み欄をチェックしながら、まれと圭太の結婚式の事を掲載することで、徹が釣れるかなというのです。
 
圭太もまた、『あっち話しついたぞ』と、弁護士とのことを話すのでした。
 
藍子もまた、家族の写真を見ながら徹への日記を綴り、まれも自分たち結婚式のケーキを考えながら、自分の書いた小学校の夢嫌いの自分を見つめるのでした。
 
 
 
 

骨盤ダイエット&産後ダイエットの決定版!骨盤ウォーカーベルト


14万名の作家さんによる150万点以上の作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケット≪minne(ミンネ)≫

北斗晶・乳がんで右乳房全摘手術を決意

 

豪雨災害で多量のゴミが、不法投棄で深刻化


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第142回9月10日どうしよう、アイデアが浮かばない [結婚・出産]


まれ
 
 
 
 
まれは圭太にもう一度やってみても良いかコンクール、練習しなおして干からびてないケーキを作りたいと頼みました。
 
しばらく休業し、コンクールのために眠っていた五感を取り戻すべく味の追求を始めたのです。
 
沙耶が、恐れながらと言いながらオリジナルのルセット見てもらいたいとまれに出すのですが、『アイデアは面白い、けれども基本が違う。生クリームにスポンジを使ったものはフランス菓子ではない、ショートケーキは日本人にアレンジされた菓子だ』、と浅井や陶子に言われたことを話すのです。
 
桶作家に戻ったまれはいちごで作った試作ケーキを食べてもらうのですが、子供たちを風呂に入れるのを忘れる始末、子供たちに一緒に入りたかったと云われてしまうのです。
 
 
未だ食材もテーマも決まらないというまれ、次のコンクールはJapan洋菓子コンクールの北陸地区大会に優勝すれば全国大会に出られるというのですが、日程は子ども相撲大会の翌日なのです。 
 
まれは新しい味を探して作ったものはどれもどこかで食べた味に似ているものばかり、8年間のブランクを埋めるのは並大抵のことではないと知りながら、苦悩するです。
 
 
 


 
あの頃のようなアイデアが全く出てこないのですから、 苛立ちはマスばかり、陶子に帰り際いにられた言葉が頭をよぎるなのです。
 
悩み苛立つまれに、歩美は魔れ絵を見てもらいたと行くのですが、抑えきれずに歩実を叱ってしまったのです。
 
 
一人で苦悩するまれの店にマキが 『湧いてこないアイデアが、昔はアイデアはどんどん浮かんで、どんな味作ろう、こんな味作りたいと頭のなかいっぱいだったのに、私本当に干からびてしまったみたい、イライラして、子供にもあたってしまった、無理なのか母親とパティシエの両方は、』と、まれは話すのです。
  
 

生理不順、不正出血、貴女の子宮は大丈夫?

 
 
 
マキは、『男と別れた帰りだった、東京へ行くといったから転勤で。昔東京で歌手になりたかった。役者志望の男と一緒に暮らしていた。気がついたら両方手放して両方ダメにしてしまった。東京にいた頃の自分が嫌い、無責任に励ませられない。両方手に入れようとして、両方失うことも有るから』と云うのです。
 
家に戻ったまれ、歩美はまれに近づこうとしないのです。
 
圭太は『ケーキで余裕無くしているのは分かる、それでも子供の気持ち考えてほしい。』と話し歩実が書いた絵を見せるのです。
 
その絵にはケーキと味噌汁の絵が書かれているのです。
 
圭太は、『この所帰りが遅くて、一緒に風呂にも入れない、一緒に食事も出来ない、味噌汁も飲まれない、それでも世界一のケーキのためだと我慢している。やっぱし子供は母親だ』 と其れを聞いたまれは『やっぱし、両方は無理ということなのか、陶子みたいに脇目を振らず人生かけて、初めて通用する世界なのかもしれない』と
 思うのです。
 
 
 


 
圭太は、子供がいても頑張っている人は要るというのですが、『私には無理かも知れない』と、圭太は『やって見るといったのだから、それなら止めてしまえ、そんな弱い事いうのならどっちかやめろ、パティシエ選ぶのなら俺が一人で子供育てる』怒るのでした。 
 
難しいです、コンクールとの板挟み、家族の協力がなければ出来ません。
 
果敢な年頃の子供達がいれば尚更のこと専念することが出来ない・・・・のではなく時間的配分でしょうね、とは簡単にいえますが、実際には大変なことでしょう。
 
8年間のブランク、鈍ってしまった感性を取り戻すことは並大抵のことではないです。 
 
 

頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen


自毛植毛1000本280000円は当院だけ

 

癌の悩み・精神的苦痛より、薬の副作用や後遺症苦痛が心配

 

タグ:子育て
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 結婚・出産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。