So-net無料ブログ作成

あさが来た・第42回11月14日 [男意気]


あさが来た
 
 
 
 
あさは、坑夫達と相撲を取ることになったのです。
 
シコを踏むあさに坑夫たちが我先と戦おうとするのですが、親分の治郎作が『このバカタレがオナゴ投げ飛ばしどうするつもりか、糞の自慢にもなりはしない。いつから腰抜けになった』と坑夫たちを叱るのですが、坑夫たちは言い出したのはあっちだと、朝は次郎作にと云うと『山の男はおなごとは勝負は市内』、其処で治郎作は支配人の宮部に相撲を取らせることにしたのです。
 
困惑する宮部、亀介の行司で相撲取ることになってしまったのですが、押されながらも踏ん張り、下手投げであさが勝ちを得たのです。
 
あさを応援する女子衆達とともに喜ぶあさに、一息入れた時に坑夫たちは改めて『今まで無礼ばかりして悪かった。あんたの根性には本当に恐れいった。』と頭を下げるのです。
 
あさは治郎作達に頭をあげるように促すと『ピストルを見せられた時には、しかたがなく働くかと思っていたが、しかし、これからは違う。俺達加野屋さんとのために気張って石炭を掘る宜しく頼みます』と、坑夫たちと一緒に頭を下げるのです。
 
それを聞いたあさは、坑夫たちに『ホンマですか。おおきに』と言いながら頭を下げ、感謝するのでした。
 
 
治郎作達は、『奥さんとの約束通り、今まで怠けていた分までよーく石炭を取るのだぞ』と言って坑道へと入ってい行くのです。
 
こうしてあさは、炭鉱で働く人たちと信頼を得ることが出来たのです。
 
 
 
【若干、自書伝とは違うところも有るようですが、会って当然、脚色も必要なので目くじら立てる必要もありませんネ】
 
 
 


 
 
 
 
 
坑道の中で坑夫たちが頑張る中、進次郎は大阪に戻ることに進次郎は遊ぶところもないと言いながらあさにいつ帰るのかと聞くと『坑道の中に入ってどうなっているか見に行こうと思っている。親分と一緒に履いいてくれるので心配ない。みんなが働いている所どのようなところか、どのように危険なのか知っておきたい。何も知らないまま炭鉱を仕切るということはやはり出来ない』と云うのです。
 
それを聞いた進次郎は『まだまだこっちにいるのか』と、あさは『それもこれもみんな旦那様のお陰です。。旦那様のおかげで働けるんんです。ちょっとの間離れていたお陰で改めて云われました。』と云うのです。
 
 
 
 

特殊詐欺・詐欺グループリダー元暴走族総長を逮捕

 
 
 
 
進次郎はあさに20年前の話を言い出すのです。
 
同い年の幼なじみの話を、其れは加野屋にいた大番頭が近所に両替屋を出した事、そして博打に手を出してしまったこと、そのお店のご主人が息子と奥さんを残して家を出て行ってしまった。その幼なじみとお母ちゃんは石を投げられるは、さんざん借金取りに追われるはした挙句、町を出て行ってしまった。それからどないなったか誰も知らない』と話すのです。
 
『お金というのは恐ろしい、優しい人でもお金がなくなったらコロっと変わってしまう。仲の良い一家だって簡単に壊れてしまう。それから私は、両替屋いうて家業が嫌になってしまった。昨日、武器の話ししましたな、両替屋だって同じだ、銭集め、銭集めいうてわて今でもあれ、ゾッとする。あさは何も悪く無い、あんたのお陰で私はうまくやってイケてることはよく知っている。だからこうして励ましに来た。このことを知っているのはお父ちゃんと雁助だけだ。』とあさに話すのでした。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
そのころ大阪でもうめが雁助から進次郎の話しを聞き「男の人も大変だ、番頭さんも暖簾分けをするのか」 と雁助は『過ぎた話だ、それもよりも旦那様のところでずっと働きたい』と云うのでした、
 
 
 
 
 
進次郎は駕籠にのり山からおり、大阪へと帰っていくのですが、その進次郎を見つめる炭鉱夫が一人いたのです。
 
 
その頃、京都のあさの実家の今井家では、祖父である忠正が倒れてしまったのです。
 
大阪に戻った進次郎は、ふゆの入れたお茶に感心し褒めるのでした。
 
 
炭鉱では亀介も働き、、次郎作に案内され炭鉱の中に入るあさは『これが加野屋の炭鉱なのか』と、思うのです。
 
こうして加野屋の新しい商いが膜を開けたのでした。 
 
 
 
 

米サッカー協会・10歳以下のヘディング禁止を規定

元おニャン子クラブ・生稲晃子さん乳がん5度の手術で闘病4年8ヶ月にも

 

 

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第40回11月12日 [男意気]


あさが来た
 
 
 
 
あさが坑夫たちを集めて石炭掘りの再開をお願いするのですが、聞く耳を持たない坑夫たちとも編み合いに成ってしまったあさなのです。
 
坑夫とともに倒れたあさの懐から、五代が安全のお守りとして授けたピストルが落ち、暴発してしまったのでした。
 
轟くと音にびっくりした坑夫たち、あさはピストルを持ち『お守りが、まさかホンマに手に取るとは思わなかった。あんたらがなんぼ脅かしても負けられません。うちは何が何でも成功させるという不退転の気持ちで来たんです。この決心を分かってもらえるまで決して大阪には帰りません』と鉱夫たちに決意を言うのです。
 
 
 
 


 
 
 
小屋に入った坑夫たちは、ピストル持ったあんなオナゴのもとでは働けない。とか、もし逆らって撃たれたらしたらどうする。と話している中で治郎作から『相手さんもそれだけの覚悟を持ってきているということ、さて俺等はどげするかの』と云うのです。
 
亀介は、あさがピストルを持ちだしたことで坑夫たちが逃げ出した。ピストル一つで立場が来ない変わるとは、遠付きがなくしゃべるのですが、あさは『ビックリポンや武器一つで来ない変わるとは、こない力があったとは』と、そしてだ『進次郎に手紙を書こうとする所に、坑夫たちの妻があさに頼みが有ると言ってきたのです。
 
 
カズ達は、『内の人を殺さないでくれ、石炭掘らない人間は殺してしまうと聞いた。殺さないでほしい』と嘆願に来たのです。
 
それを聞いたあさと亀介は、『若奥さんは殺すなんて一言も言っていない。』と説明をするのです。
 
 
 
 
 

小6・大麻喫煙問題で17歳兄を現行犯逮捕


 
そのころ大阪では、惣兵衛が賭場から追われて逃げているのです。
 
自暴自棄になっている惣兵衛のところにはつが『貴方様を迎えに来た』と言って、手を取り賭場の追手から逃げ切り、川の畔まで走ってくるのでした。
 
惣兵衛は『未だあそこにいるのか、儂がいなくなればお前がいなくなると思っていた、店が潰れたのも、あんな生活させたのも、怪我させたのも、みんな儂のせいや。お目に申し訳ないと思っている。それなのに儂ホンマに楽しかった褌一丁で青物担いで、惨めでしょうがないはずなのにホンマに楽しかっ』と泣きながらいうのです。 
  
  
はつは『あの時のあんたは楽しそうだった。それなのになぜ逃げる。笑って生きていこう』と云うのですが『儂が笑って生きたらアカンやろ、お前は器量ええ、気立てもええ、もし加野屋に嫁いでいたらきっと立派になっていたはずや、姑にあれだけいびられはしないだろう。儂に嫁いだせいで不幸にしてしまった。お前の好きなお琴もなくしてしまった何で笑って生きていけるんや』と自分を責めるのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
はつは、『旦那様、あの家にいた時より不幸に見えますかそれに鹿屋産のお姑さんかて、それは其れで難儀みたいだし、一緒に来てもらいたい、旦那様に会ってもらいたい大事な人がいる』と言って、藍之助たちが待っている家に戻るです。
 
庭で一人遊んでいる藍之助、はつは藍之助を呼び抱き上げ、『今更良い旦那様になろうと思わないで下さい、ええお父ちゃんに成って下さい。藍之助。お父ちゃんやっと帰って来てくれた』と云うのです。
 
其処に父と母も顔を見せ『今更何で帰って来た』と泣きながら再開を喜ぶのでした。
 
 
炭鉱では、支配人の宮部から『坑夫たちが明日から山に入ると行っている。これで心配なか』と喜ぶあさと亀介達、其処へ駕籠に乗ってきた人がいるのですが、『あ~あ、来てしもうた』と言って駕籠から降りてきたのは、なんと進次郎だったのです。
 
 
 
 

ついに大空へ、MRJ国産ジェット53年ぶりに離陸!

 

タグ:家族 炭鉱
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第39回11月11日 [男意気]


あさが来た
 
 
あさが一人で提灯を持って坑道の中に入るところを親分の治郎作が見つけ、炭鉱の仲間で追いかけてきたのです。
 
治郎作はあさの手を取り、炭鉱から連れ出すとともに提灯の火を吹き消し、あさの頬を叩くのです。
 
叩かれたあさは、「うちはこの山の持ち主だす。このままオナゴだからと言ってアホにされたままではいてるわけには行かな、もっと山のことを分かって皆さんとちゃんとお話がしたい」と云うのですが、次郎作は「このバカが、俺達の掘っている石炭を分かっているのか、燃える石だ。ソンアなものに囲まれている穴に入ったらいつ火達磨になるかわからない。それだけではない、少し動き方を間違えれば土が崩れて人なんかすぐに埋まれてしまう。爆発することもあれば、鉄砲水が出ること有る炭鉱というのはいつだってしと隣り合わせだということだ、そんなことも知らないで、馬鹿女が』と叱責をするのです。
 
あさは治郎作に謝るのですが、治郎作は「山の神様に謝れ』と云うのでした。
  
あさは山の神である坑道の入り口にある御札に向かって『山の神さんすみませんでした』と大きな声で謝るのでした。 
 
 
 
【炭鉱はつい最近まで行われていましたが、科学や技術が発達しても落盤事故・粉塵爆発や水害が後を絶たず、多くの方が命を落としているのです。】 
 
 


 
 
 
 
あさからの手紙を読む進次郎、其処には、あさの無知さが書かれており、そして炭鉱のことが詳細に書かれており、その中であさは考えの甘さや世間知らずの子供やったということなども、また加野屋野から任された身としても、此処で諦めるわけには行きません』と書かれていたのです。 
 
進次郎はすぐに負けて帰ってくると思っていたようですが、うめからあさが『このように反省しているなんてよほどなんですな』と心配するのです。
 
 
その頃はつの所に、五代が突然訪ねてきたのです。五代は『山王寺屋惣兵衛さんのことで、こちらで調べたところ寺町の賭場で度々惣兵衛さんを見かけたというのです。あの辺りはオナゴの行くところではない、許してもらえるのなら私共の方でもう少し調べてみようと思うのですが』とはつに話すと、『有り難いことですけれどこれは内輪の話ですから自分たちでなんとかします。それに五代様に面識もないのにこんな親切にして頂く磐余がない』というと、ごだいから『訳ならあささんから聞いてい下さい。それにしても似ていないようで似た姉妹ですな』と言って帰るのです。
 
 
 
【はつは、あさと五代の知りあった時のことや、あさが明治政府になったおかげで、沢山の両替屋が潰れたと五代に言ったことなど知らないのです。】
 
 
 

娘の結婚相手にNGを出す、結婚相手1位とは?

 
 
 
 
その頃、炭鉱では、『未だいるのかあのオナゴ』と云う鉱夫たちに、あさは『此処に来てもう10日、これ以上山休ませておくわけには行きません。』と治郎作に切り出すのです。
 
 
其処に支配人の宮部が『私を通さずに親分と話すのやめてくれと言ったはず』と止めに入るのですが『あんたを通しても何の意味もありません。あんたは自分の身だけを考えている人、そんな日和見の人が一番苦手だ』と言い切ったのです。
 
あさは『此処に来たのは、言い争うためではない。山休ませて本当にに困るのはうちも貴方方も同じではないのか、もう一度話をさせてほしい』と頼むのです。
 
亀介は、『またあいつらに喧嘩でもふっかけられたら』と心配をするのですが、突然にあさは『旦那様は今頃なにしてるんだろうか、仕事もしない力仕事も苦手やしふらふらしている。坑夫たちの云ううとおりどっちかというと抜けているかもしれない。けれどもアカンタレではない。何も云わずに任してくれる旦那様、どっちが男らしいといえば、私にはわからない』と話し、亀介もまた『男らしいとは何なのでしょう』と考えるのです。
 
そしてあさは一言、『「旦那様に会いたい』とつぶやくのでした。 
 
 
 


 
 
 
はつもまた、寺町の賭場に惣兵衛を探しに出てきたのですが、賭場には旦那様である惣兵衛の姿は見当たらなかったのです。
 
 
あさは、坑夫たちの話の前に、五代からお守りとして授かったピストルを懐に入れ、話し合うことにあさは明日からまた働いて欲しいと頭を下げるのですが、鉱夫たちは旦那を連れて来い、加野屋は潰れかかっているという話だと聞く耳を持たないのです。
 
給金を倍に出せ。九州の男は生まれた時から洗濯たらいまでオナゴとは別にしているオナゴと話すことは馬鹿らしか、トットと大阪へ帰れと云うのです
 
怒ったあさは『この卑怯者、オナゴだからと言ってはじめから見下して、だいたいあんたら誰から生まれてきたのや、オナゴだからと言ってなめたらあきまへんで。まともに話ができるまでは大阪には帰りません。男も女もお互い助けあって良い世の中作らんことにはどないにもなりません」と説教をすると甲府の一人が『せからしか』と言って朝の胸ぐらをつかみ倒すのです。
 
あさと坑夫が倒れたはずみに、あさの胸元からご第日からの授かったピストルが落ち暴発をしてしまったのです。
 
ピストルとの音が鳴り響くと、坑夫たちはあさから驚き離れていくのです。
 
あさは、ピストルを取り上げ、見つめるのでした。
 
 
九州地方は今でも男性優位が有るみたいですが、かと言って昔ほどではないようです、そのようなことをしていたら奥さん逃げられてしまいますから(笑) 
  
 

あの、マカの2倍! 漲る男の自信と活力!実感力に絶対の自信があるから、60日間全額返金保証中。若かりし頃を思い出す活力サプリ『クラチャイダムBLACK-MAX』★今だけ! 30日分が「無料」★

 

小6男児、『大麻吸った』と小学校教師に告白

胃がんの8割『ピロリ菌』が原因、検査・除菌の必要性拡大

 

 



タグ:炭鉱
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

あさが来た・第38回11月10日 [男意気]


あさが来た
 
 
 
あさは、『この山の持ち主になるには実のあるところを見せてもらいた』と治郎作に云われてしまったのです
 
治郎作は坑夫たちを集め、その壇上にあさが上り挨拶をするのですが、誰もまともに聞いていはくれません。 
 
それどころか『大阪のおなごが筑前の山に何しに来た』と云われる中『「石炭は黒い宝の石です。みんなで掘って明るい未来を作りまひょ』と呼びかけるのですが、「何も知らないおなごが綺麗なベベ来て何を言っている。これだから馬鹿らしくておなごの下で働けるか、加野屋は両替屋や大阪の業突く張りの金貸し屋が石炭で儲けたいばかりやろが」とまで云われてしまったのです。
 
ついにあさは、「先程まで黙って聞いていれば、いろいろ聞き捨てなりまへんな』と、怒りだすのですが「さっさと大阪に帰って腰抜けの旦那達連れて来い、オナゴに仕事任せる能なしの男がどんな顔をしているか見てみたい。」と云われ、ついに怒ってしまうのです。
 
その頃、はつたちが住む納屋では、はつが仕事で外に出ると藍之助と二人になった母は、藍之助に愚痴るのです。
 
 
 


 
 
そこへ加野屋のよね達が愛之助を見にやってきたのでした、よねは藍之助を抱き上げ、あやしながらこの納屋はと聞くと、はつから今はこの納屋で生活をしていると、よねたちは枕も布団もないこの家に暮らすことは不憫や、というのですがはつは「今は一家で、雨露凌がせてもらっれているだけでも有り難いことなんです。畑も少し貸してもらっている』と云うのでした。
 
よねは、はつが本当は加野屋に来ることになっていた事などを話しながら、「おはつさえ良かったらこの子連れて加野屋に来てもらっても良い、考えてほしい」と、しかしはつは「私ども親子は世話になるつもりはありません。これからも妹をよろしくお願いいたします。」と言って送るのです。
 
母は、またあの暮らしに戻りたいと言うのですが、米が手土産に持ってきた菓子を摘みながら昔へ思いを馳せるのです。
 
 
 

誰にも言えない男の【チョイ漏れ】、対策製品も出そろう

 
 
 
九州でのあさは、誰ひとりとして働かないまま夜を迎えているのですが、坑夫たちは「これであのオナゴも泣いているだろう。いい気みたい」と治郎作は「ほんにあのオナゴ泣いているかの」と、あさは大阪にお米を送って欲しいと手紙を書き、大阪に帰る気配はないのです。
 
あさは『しばらくは此処にいて、腹据えて坑夫さんたちと談判しなければどうにも成らない。』と云うと亀介はこれ以上坑夫達と揉めたらと心配をするのです。
 
 
其処に治郎作の妻であるカズがおにぎりを持ってやってきたのです。
 
カズは『大きな声では言えなけれど、気張ってほしい。うちたちは仕事をしてもらわなかいと生きていけん、しかし男たちは云うことは聞かない。』と云うのです。
 
 
 
 


 
 
 
あさはカズに、炭鉱のことをもう少し詳しく聞かせてほしいと頼むのでした。
 
朝を迎えた炭鉱の中に、一人提灯を持って入るあさに治郎作は『何をしている』と追いかけ、引き戻すと同時に提灯の火を吹き消し、あさの顔を叩くのでした。
 
なぜ叩かれたのか分からないあさ、は呆然とするのです。
 
 
炭鉱内では、火は命取りということをまだ知らないあさなのです。 
 
 
 

レゴランド・ディスカバリー・センター東京!
レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション、お得な前売り券発売中!

 

日大名誉教授・元暴力団組長から2000万円の借金

梅毒患者急増、若い世代と女性が増加傾向に

 

 


タグ:炭鉱
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第37回11月9日 [男意気]


あさが来た
 



 
あさは九州の炭鉱にやっと着くことが出来たのですが、しかし、様子がおかしいのです。
 
炭鉱についたあさは、誰も働いていないことを不審に思うのですが、支配人の宮部は『歩かされて歩かされて敵わない。休ませてくれ』と言って相手にしてくれないのです。
 
あさは、正吉から渡された手拭いに書かれている加野屋の文字を見て心を決め『戦わなあかんのや、加野屋の代表や』と、『アンさんはこの山の支配人でしたな、其れなら分かっているはず。1日山休ませたらどない損失になるか、坑夫さんたちは今何をしてはるんです。うちは白黒はっきりしなければ収まらない性分です。もっとよくわかるように話して下さい。』とすると宮部から「加野屋の旦那さんが来るなら良かったけれど、奥さんじゃ坑夫共に示しがつかんたい。あんたみたいなものが山仕切るなんてことは、土台無理なこと、誰も言うことなんて聞かんたい」と云うのです。
 
あさは宮部の本心を知り、『長い道中ごくろうはん、あくびするなり寝るなりしなはれ」というと小屋に向かい『親分はんいますか』と、戸を思いっきり叩くのです。
 
戸を抉じ開けようとするあさですが、勢い余って戸が外れてしまったのです。
 
中に入ることが出来たあさ、改めて挨拶をするのですが坑夫から相手にされません。
 
 
 
【楽天ランキング1位の暖房器具】パネルヒーター 遠赤外線 ROSSO 2015モデル スリム ヒーター 電気ヒーター 遠赤外線ヒーター 赤ちゃん ペット ON OFF タイマー付き【日本メーカー製安全装置搭載】10P07Nov15
 
 
 
 
 
 
 
 
あさは『名前を知っている。人が挨拶しているのに思ったより坑夫さんは思ったより礼儀知らずなお人や』と、熱り立つ鉱夫たちに親分の次郎作は『寝ている者も起きて挨拶せんか、加野屋の若女将が来ている』と言って坑夫を集めるのです。
 
あさは改めて挨拶をし『初めてお目にかかります。石炭始めると決めてからずっとこのたんこうにくるのをたのしみにしてきた。でも来たら誰も炭鉱で働いていない。何で出す。何でお仕事しな張らないんです』と思っとことを話すと、次郎作は『山の持ち主が変わったと俺等には一言も挨拶しないで、これから先度内になるか検討も使い。と切りだすのでした。
 
あさは、『其れやったらもう心配有り島編、これからこの鹿屋がみなさんのお手当払って今まで通り、それ以上払わせてもらうさかい宜しく頼みます』と頭を下げるのです。
 
 
 
 

『荷物預かり仕事』・高齢者が特殊詐欺の受け子になっている。

 

 
 
男尊女卑が激しい時代、とても相手にはしてくれる訳は無いのです。あさは『早速仕事にかかってほしい、休んだらウチラやあんたやらも存するだけ、石炭を使って発展しようとしていくお国の損失にもなってしまう』と、しかし炭鉱夫たちは『うまいこと言いよるが、所詮、加野屋が金欲しいだけではないのか。おなごと話す気はない。帰れ。帰れ』と云われてしまうのでした。
 
『何でだす。何でおなごと話す気にはなれないのです。炭鉱については主から一切主から任されている。炭鉱をやりたいといったのは自分だから』と説明をするのです。
 
しかし鉱夫たちは『おなごに一切任せる、加野屋の旦那連中はおなご任せの腰抜けか』と笑い、相手にはしてくれないのです。
 
宮部は『だから言うたやろ、オナゴの話は聞かんたい』と言うのですが、あさは『この坑夫さん達に掘って貰わなければどうにも成らない。』と、思案するのです。
 
 
そのころ大阪では、よねは出かけ、寄り合い所には正吉達商人と進次郎が五代と会っているのです。
 
五代はあさから何か連絡があったかを聞くのですが、進次郎はまだ連絡はないと言って外に出て行ってしまったのです。
 
五代は、浅野進治郎への思いを思い出し『信じられない』 と考えている所、加野屋の丁稚が『三軒隣の番頭が寺町で怖いもの見たというので話を聞きに行った』とそのついでに正吉の所によったというのですが、その怖い話というのは・・・・・・・
 
その話とは、『ただの人の話、ただ恐ろしいと入っても山王寺屋の若旦那さんのことをお化けみたいに行ってはあきません』と、五代も小吉も『山王寺やというと惣兵衛さん』とザワつくのです。
 
 
 


 
 
 
その頃はつは、藍之助がだんだん惣兵衛に似て生きると父と話しているのです。『まずどこに言ってしまったのか』と惣兵衛の身を案じるのですが、居なくなってから早2年以上立っているのです。
 
 
九州では、小屋の前で亀介とあさが思案しながら、足の豆を見て考えていると、其処に次郎作の妻・かずが炭鉱の中から出てきたのです。
 
かずと話をしている所に、小屋の中から宮部と次郎作が出てき『まだこないなところにおりましたか』と、あさは『親分さん明日は掘ってくれますな、よろしゅう頼みます。』と頭を下げると次郎作は『俺等はみんな山の男ですたい。山の男は筋の通らないことはどんなことが会ってもしない』と云うのです。
 
其れを聞いたあさは『其れは明日も掘らないということですか、うちは筋を通してこの山買うています。其れはうちがおなごだからと言ってけったいな屁理屈けて、堂々と怠けているのやめてもらいたい』と『しかし次郎作は『屁理屈ではない。現に穴掘って入るのは俺達だ、この山の持ち主になるのなら実のある所見せてほしい。今からミン集めるから』と云うのでした。
 
あさの本当の武勇伝がこれから始まるとうことです。、様々なことが伝えられている中で、一番大変だったと本人も本の中で書いていますからね。 
 
 
 
 

→ 人気の温泉宿を口コミで選んで最安値で予約!

 

糖尿病予備群に電話での定期的助言で、発症を4割抑制

慶応大・子宮移植で大規模調査、賛成は、約43%

 

 

 
 

タグ:炭鉱
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第17回10月16日 [男意気]


あさが来た
 
 
 
 
朝は、夜な夜な出かける進次郎の後をつけ、女のいる家に意を決して『たのもー』と、入っていったのです。
 
戸を開けた時には三味線の音が、中から現れた女に、加野屋のあさと名乗り『うちの旦那様が此処に・・・・』というと女は口に指を立て『静かに』というのでした。
 
三味線の奏でる中、女は進次郎さんのお披露目会だと、お歌もお茶も絵もなんでも出来るけれど、お三味線はずば抜けていて、うちでは初期値が三味線が嫌いなため稽古が出来ない為、毎日此処に来て稽古に来ていると、そして女は美和と名乗るのでした。
 
あさに気付いた進次郎は、怒られるのは覚悟なのですが、あさは『こんな立派な趣味があるのに隠しているなんて、三味線はおじいちゃんがやっているから、こんな上手な三味線聞くのははじめですビックリポンや』と云うのです。 
 
進次郎は『若い娘が晩に一人で』と、あさは『旦那様がどこに行くのか心配で、あんなきれいない人のところにいるなんて』とやきもちを焼くのでした。
 
進次郎は『そんなきような男ではない、大事なことや楽しみなことがあると雨が降る、だから雨男と呼ばれている。と云うんです。
 
あさは、『美味しそうな名前やな』と返すのでした。
 
 
 
 


 
 
あさは進次郎に話せなかったとこと、お店に何で関心が持たれないのか、鹿屋は立派なお店です。分家と言っても息子、跡取りの後見人、それにいい大人や、お三味線はあれほど凛々しく引けるのに、お店のことだけふらふら逃げるのはおかしい、どないな理由か解りませんがもうちょっとしっかりしたらどうでしょうか』と、そして『堪忍、また言いすぎてしまった』と、謝るるのです。
 
進次郎は、『何で家に帰らへんのや、と怒られるのは分かるけれど、まさか家のことで怒られるとは』と返すのです。
 
楚々て其の夜に寝床で、進次郎に『新たな風とはどのような意味なのでしょう』と、進次郎は『このご時世で新たな風とは、薩長の新政府のことでは、戦があるというう噂もある、新政府と徳川幕府の戦や、此れは床でする話ではない』と諭すのですが、あさは『それなら艶っぽい話ですか』と云うのです。
 
進次郎は『艶っぽい話もこれからすると言うものではない、そういうのは都のサメ、興ざめ』というのですが、あさには解りませんでした。
 
 

子供を性被害から守る条例・長野県議会で議論難航

 
 
 
 
そこにいきなり店の戸を叩く大きな音が、店の外を開けるといきなり入ってきたのは土方歳三と新選組だったのです。
 
新選組は加野屋に、幕府再興のためだと言って金四百両の借金の申し込みをしに来たのですが、応対で他初期値はちょっとお待ちをと言って用意をしようとするのです。
  
ところがあさは、土方に『幕府は今どないになっているのですか、先ほど土方様は幕府再興と言っていましたが、もし幕府になんかあったら其の四百両本当に返しててもらえるのでしょうか』と、そして『両替屋は信用がなにより大事で、貴女様方を信用して良いのかどうか」とそんなあさに皆はなんてことをと怯えながら「謝りなさい』と云うのです
 
 
 
 


 
 
 
 
あさは『謝れません、刀と信用は間逆なものです。私はお金返してくれますかと聞いているだけです。私はこの家の嫁です、この家を守ることが嫁の務めです』と、土方は『良い女だ、大した度胸だ女だてらに新選組を怖がらないとは大変な嫁をもらったな。ご内儀、金は返す。俺が生きていればの話だが』と約束をするのです。
 
進次郎は、『ほんとうに肝冷やしたは、相手は気の荒い侍やヘタしたらお手打ちになっていたかも』というのでした。
 
あさは『また、この口が余計なことを言ってしまった』というと『其の口をワテが塞がなければ、ワテが間違っていたまだ子供だと思っていた、とんでもないあんたは真のある大人の女、惚れてしまった』と、そして初めての夜を迎えたのです。
 
朝を迎え、昨日の晩はびっくりすることばかりだったと話す進次郎に、あさは戦になったらあのお金は帰ってくるのだろうかと言うのです。
 
そして進次郎に『旦那様、一つお願いがあります。』というのでした。 
 
 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

辰吉二世・プロボクサー京口竜人を傷害容疑で逮捕

 


タグ:新選組
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た・第8回10月6日 [男意気]


あさが来た
 
 
 
今日の今井家に山王寺屋の惣兵衛親子多発に訪ねてきたのです、あさは惣兵衛に笑って欲しいと頼むのですが、惣兵衛は『何でお前にそないな指図を受けなければならない、ちょっと大人に有ったと思ったらアカンタレやな、はつも辛気臭い顔して、お前よりはまだマシや。進次郎さんも気の毒な人や』と、其の時にうめの声が聞こえたため部屋に戻るのです。
 
あさは『あんな白蛇さん投げてやればよかった』と怒るのでした。
 
 
山王寺親子は、加野屋のことで何か意味ありげにして帰るのですが、そこに手紙が届いたのです。
 
進次郎は今日は来られないということが手紙に書いてあると、そして進次郎からはあさ宛てに手紙がと手渡すのでした。
 
皆は進次郎から文がと言って注目すると『ビックリポンや』と言って、あさは部屋から出て行くのです。
 
あさははつと一緒に進次郎からの手紙を、はつから『こんな素敵な恋文に返事を書かなければ、初めて見た恋文』というのでした。
 
 


 
 
 
其の頃加野屋では、、正太郎の具合が悪くなり床に付している姿が、正太郎は肺の病で倒れているのです。
 
加野屋の大番頭の雁助と亀介は、正太郎に何かった時にはどうなるのだろぷと、心配するのです。
 
 
 

北斗晶さん・マンモグラフィーでガン発見出来ず、何故?

 
 
 
加野屋は両替屋で、この二人子供の時から丁稚で働いているやり手の二人なのですが、そんな時に進次郎は出かけようとするのです。
  
そんな進次郎を『こんな時にどこへ』と引き止める亀介に『どこでも良いがな兄貴みたいな好い人が早死するなら俺はとうに極楽へ行っていなければならない』と言って出かけるのです。
今井家ではあさが進次郎から貰った恋文のことで話題になっているのですが、其こへ忠正が恋文の事であさの所にやって来たのです。
 
 
 


 
 
 
あさがはつを探して部屋に行くとはつは涙を流しているのを見つけるのです、気になりはつに『嫁に行くのが嫌なのでは』と、はつは『違うでも何故かこの所涙が出てくる』というのです。 
 
あさは、はつにもう泣かないでほしい、笑うのならなんでもすると言ってはつに変な顔をしてみせるのです。
 
忠正と碁をするあさ、あさは忠正に文の書き方を教わるのでした。 
 
 
 
 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストアー】[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

禁煙治療・20代喫煙減狙い、保険適用を緩和

マイナンバー通知カード、貴方には届くのか?マイナンバー制度普及に最大の関門が!

 

 


タグ:恋文
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第112回8月6日 [男意気]


まれ
 
 
 
 
元治の塩田を継ぐと言い出したいってつなのですが、ディトーレーでは止める、そして俺にやらせてくれと元治に頭を下げるのでした。
 
みんなは、一時唖然とするのですが一番向いていないと反対する事に、一徹は体を使うのが一番苦手なのです。
 
一徹は体を使うばかりではなく、頭を使えばよいのではというと、文は其れならば頭を使って勝負だと言い始めるのでした。
 
 
一徹は全員と腕相撲をすることに、まれから始まり、藍子・みのりへと惨敗し、そして文へと狡猾な文にも勝てず、徹との戦いになるところで元治は『もういい、徹との意地で後継ぐのは迷惑だ、下手なもの作るのならやめたほうが良い』と、云うのでした。
 
一徹は其れでも諦めきれずに、塩作りの研究を始めるのですが、まれは『塩田は効率よくとか機械の力とかでは出来ないと云うのです。
 
徹は一徹にディトレードで良いのでは、お前は俺と同じ頭脳派なのだから、と云うのですが、その言葉に何故か反応した一徹、みのりは通るとまれを慌てて外に釣れ出すのです。
 
みのりは、其れを言ったら絶対に意地になると、その其れとは『お父さんとおんなじ』だと、一徹という名前もずっと恐怖だった、親の名前一文字を貰うということは俺と同じになれということ、お父さん見みたいになったらどうしようと怯えた時期も有ったというのです。
 
まれと藍子は其れをを聞いて、納得すると同時に『配慮が足りなかった』と藍子が謝るのです。
 
 
”””子供の名前に親の一時は重いのかも、世襲でも後を継ぐには大変ですが、反面教師を見てしまえば納得ですね(笑)””””
 
 


 
 
 
まれは圭太と弥太郎に、一徹の話を、徹の意地で塩田をやるということに弥太郎は面白いやらせてみせれば良いと云うのですが、まれは お父さんとは違うということを証明してみたいということらしい、と云うのです
 
一徹は本当に向いていないと、昔からデーターばかり集めていて作戦ばかり立てていてと云うのです。
 
塩田では洋一郎が、一徹の指示の基に、塩撒きを始め其れをパソコンで解析しているのですが、文に自分でやればと云われ、海水汲みでは元治から風はもうすぐ止むと、データーとは違うこととを、しかし其れがあたってしまうのです。
 
 


 
 
 
 
春の店では、新一郎達が最近一徹が通るに似てきていると、違うと証明している姿が、かえって似てきてると、そして跡継ぎがいないのは村全体のことだというのです。
 
息子に嫌われている父親のことは誰も話さないために、徹は圭太の仕事場にまでやってきて愚痴るのです。
 
 

北海道北見市長、自宅で自殺か、周囲に『疲れた』と漏らす。

 
 
 
徹は圭太に、同じと云われたらと聞くのですが、圭太は前向きなところは、けれども、一貫性のないのはどうかと思う、色んな物に手を出さずに、此れが日本一だというものを決めて愛し抜いて語り始めるのです。
 
まれは徹にはっきりと、『お父さんほんとにダメになっている、今まではダメでも可愛げが有った、夢ばかり追っていても家族のために頑張っていた。夢なくして可愛そうだと思っているが、それなら他のことで働きなさい、みんなそうやって生活している。このままでは一徹ばかりではなくお母さんにも愛想を疲れてしまう』と云うのです。
 
それでも一徹は一生懸命にデーターを集めるのです、そんな一徹に無理しなくても良いというのです。
 
まれと圭太は、一徹にディトレードで失敗したのかと心配するのです、圭太は此れでもお前の兄貴だから一人で背負い込まないで相談しろというのですが、一徹は別に失敗はしてない、考えがあってやっているので、もう少し見ていてほしいというのです。
 
まれと圭太は其れを聞いて、安心するのです。 
 
 
 
 
 

夏に増えるブツブツ素肌、其れはカビ菌が繁殖している可能性も

 

 

初代タイガーマスク(佐山サトル氏)、心臓手術から回復へ

 

タグ:塩田
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第111回8月5日、それなら俺が塩田を継ぐ [男意気]


まれ
 
 



 
 
まれは、塗師屋の女将として、片付けを早めに済まし、修理品を届ける帰りに元治の顔を見に行こうと、元治が塩作りを引退するということにすると言い出したために落ち込んでいると思ったのですが・・・・・・!
 
元治が雨で塩田が休みのために、おつかれ様会と言ってみんなが集まってきていたのです。
 
慎一郎達は、昔はあちこちに塩田があったけれども今では元治のところだけになってしまった誰かに継いでもらうわけには行かないのかと、文は『あの塩田はお父さん以外には似合わない』と云うのです。
 
徹は自分のことで愚痴ると、みんなからマイナスオーラが出ていると云われてしまうのでした。
 
そんな徹に一徹は、怒りの目を向けているのですが、まれは、そんな一徹がカリカリしていたらみのりがストレスに成ってしまう 、ストレスで大木に成ってしまったらどうするのと宥めるのです。
 
まれは、元治にケーキ屋をやれと云われてが今はまだ無理だと断ると、元治は哲也にも断られたと、哲也は、東京で頑張っているとまれは云うのです。
 
元治にこれから塩田やめてどうするのかと聞くと、まずはリオのカーニバルだ、世界中の祭りを見に行く、これからは第二の人生だと云うのです。
 
 
パンプス ピンヒール ヒール10cm ポインテッドトゥ ハイヒール パーティ フォーマル リクルート (2929) 2015秋冬新作 美脚パンプス エナメルパンプス 【送料無料】
 
 
 
圭太は弥太郎からお客名簿を見ながら説明を受けている所にまれが、弥太郎は元治のことを心配してまれに聞くのです。
 
まれは、思ったよりも元気そうで安心した、これから第二の人生だと言って吹っ切ったっような顔をしていたと言うと、弥太郎は意味ありげな顔をするのです。
 
あのクソ真面目な男が、第二の人生といったか、だいぶ無理しているんじゃないだろうな、というのです。 
 
文と元治は海を見つめながら、今年で最後だと語り合う姿を一徹は見つめるのです。
 
 
 
 


 
 
まれは、弥太郎から云われた言葉と、元治の潮時の言葉が気にかかり、元治のもとに自転車で向かうのです。
 
元治に後継ぎ探さないか、復帰てなんかいいなんでしょ、第二の人生なんか嫌なんでしょ、と説得すると、元治は跡継ぎは無理だ、自然との勝負で今までにも何人か弟子入りしたけれど、みんな続かないで辞めていった。と云うのです。
 
 

河内長野・専門学生暴行で死亡、『格闘技の練習台だった』

 
 
 
徹が、俺が継ごうかというと、文や藍子から継がれるわけなんかないだろう と強く云われるのですが、徹は時間はあるし、腰の調子も良いし、もしかしたらっていうのも有るというのです。
 
そんな徹に一徹が、いい加減しろ、元治さんの気持ちも知らないで思いつきでモノを言うな、今どれだけ酷い姿になっているか、でっかい夢を追っかけて俺たち降りまして、いまさら俺には夢が無理だったなんて、それなら夢なんか見るなと怒りまくるのです。
 
一徹はついにキレて徹にパンチを当てようとするのですが、肩がつってしまったのでした。。そして一徹は、それなら俺が継ぐと言い出したのです。 
 
 
 
 

狂犬病・海外で感染も、動物に噛まれたら即ワクチンを!

 

 

『産んだ女性が母親』、不妊治療に自民部会が特例法案了承

 

 
 

タグ:塩田
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第110回8月4日、元治の潮時か [男意気]


 
まれ
 
 
 
突然、引退をすると言い出した元治、みんなは唖然とするのですが、元治は塩田の釜炊き小屋でケーキ屋をやれとまれに突然言い出すのです。
 
前に哲也があの小屋でカフェをやりたいと言っていたことを、元治はカフェが出来るのならケーキ屋も出来るだろうというのです。
 
まれは、その前になんで突然引退するのかと聞くと、急ではない随分前家から考えていたことだと、いろいろとみんなが詮索するのですが、
 
藍子が病気なのではというと、まれは余計に心配するのです。
 
元治は、去年の塩と、今年の塩の味を見てほしいと云うのですが、まれはあじがおちているの?と、元治は俺も歳だからと云うのです。
 
 
 


 
 
 
徹もまれも、文も試食するのですが味がわからない、どちらも美味しいというのです。それでも元治は味は落ちていると云うのでした。
 
今日も塩撒きをしてる元治の姿を、何かを考えているような目で一徹はじっと見つめているのですが・・・・・!
 
みのりは文と調理場で、塩を味見するのですが、やはり判ら無いと、それでも文は『お父さんが言っているのだから落ちているのだろう』と話すのです。
 


 
 
まれ達は塗師屋に戻るとき、徹は『引退したならすれば良い、本当に年なんだから』というと、一徹は『わからん人にはわからない、お父さんには永遠に』と云うのでした。
 
仕事もせずに畳の目を数えている徹、そんな姿に一徹は『いつまでたっても徹があんな感じだから、期待していた分今のお父さんは残念だと思っている』とみのりは云うのです。
 
其の話をしながらみのりは、塩焚きしたじゃがいもを次から次へと口に運ぶのす、其れを見ていたまれと亜美は不思議がるのでした。(ひょっとして・・・・・・?)
 
 
今日も畳の目を数える徹なのですが、そんな徹を芦毛にして、一徹は文に家賃を払うのですが、徹の分も含めて払っているのです。
 
文は一徹の死後tディトレードはだれでも出来る仕事ではない、と云うのですが、一徹は塩田の方こそ誰でもというわけに行かないと云うのです。
 
一徹は元治が本当にやめるのかと聞くと、言い出したら聞かないというのです。
 
 


 
 
 
まれは元治と弥太郎を呼び出し、弥太郎は『何が引退だ、俺の真似して、兎も角輪島塗とお前の塩田いっしょにするな』と云うのです。
 
しかし弥太郎は元治の様子を見て『潮時というわけか』、元治は『ほうや』、と、其れを聞いた弥太郎それなら其れでいい』と、そしてまれに『放っておけばいい』と云うのです。
 
まれは引退を心配し「元治の塩は美味しいのに」と、元治はまれに『そんな顔するな、潮時というのは物の終わりという意味ではない、何かをするとうい時に調度良い時だという前向きな言葉だ。美味いと言ってもらえる間に止めるのがもの作りだ。気づかれてしまってからでは遅い、ダメにしないうちに引くのも職人の仕事だ』と語るのでした。
 
まれは一人台所で、元治の言われた言葉を噛み締めながら元治の塩をなめてみるのでした。 
 
 
 
 
 

ガン、男性1位は大腸がん、女性は乳がん!

 
 
 
 
 

タグ:引退
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。