So-net無料ブログ作成

あさが来た・第30回10月30日 [子ども]


あさが来た
 
 
 
朝と正吉は五代のもとに、新しいビッグなカンパニーの件で話があると訪れたのです。
 
正吉は『びっくりぽんな話、加野屋は謹んでお受けいたします』と、五代に引き受けると約束をするのでした。
 
五代は、大阪商人を集め通商会社を作り大きな取引ができようにしなければならない、政府も助けると言うのです。
 
加野屋が賛同したことで、次々と大阪商人たちも参加するように成ったのです。
 
 
その頃はつは、農作業をしている時に時々胸が苦しくなる時があると、惣兵衛は其れを見て薬を、『街に青物を売りに行った時に買ってきた、わしのせいで堪忍な』と薬をはつに塗りながら謝るのです。
 
その頃あさは、石炭のことがきなり始め、思いが日増しに膨らむのでした。
 
 
 
 


 
 
その話を農作業を手伝いながらはつに相談するのですが、はつから『それでも旦那様のご意見だけは聞かなければ、炭鉱のことだって旦那様から聞いた、遊んでばかりいるというけれど、歌いやお茶に通っている旦那衆は大きな商いをしている旦那衆ばっかり、其処で大切な話を耳にすることだって有る。うちも御家に読みに来たと思っていたけれど、御家のおきな縛りが無くなって、これから一番大事にしなければならないのは旦那様だと思っている』と話すのです。
 
加野屋では、あさから『家を開ける、九州に一変行ってみたい、いろいろ考えたけれど炭鉱以外にピンとくる商売はない、それなら論より証拠、石炭とか炭鉱とか見に行ったほうが良いと思う。』と云うのですが、京都や奈良とはちょっと違うと行ってみんなから反対されるのです。
 
あさは『加野屋は儲けなければなりません、この家をもう一度盛り立てなければ、うちが嫁としての役割が果たさないいことに成ってしまう』と、しかし進次郎から「あかん炭鉱に行くのは男の仕事あんたを行かす訳にはいかない』と、反対し『今回ばかりは何が何でも許さない』と行って席をたつのでした。
 
 
 

兵庫県警・警察官ら70人を書類送検で、異常事態に

 
 
 
あさは五代の所に出向くと、五代は横浜に行けと通達が出てると、大久保利通から横浜に行って、新しい日本のために国に尽くせと命令が出ていると云うのです。
 
五代はせっかく新しい企てが出来始めたというのにと言って怒るのでした。
 
五代の寄合処に、大阪の商人たちが集まり教えを請えに来たのですが、あさから『五代様は大阪にとっては必要な人、横浜も大事か解りませんが、五代様をおいて私達を導いてくれる人はいません、どうか大阪に帰ってきてほしい。』と頼むのです。
 
集まった商人たちも「五代様が居なくなったら困る横浜に行っても直ぐにかえってきてほしい」と懇願をするのでした。
 
五代は大阪商人たちと、横浜から必ず戻ると約束をし、送ってもらうのでした。
 
 
 
 


 
 
その頃はつは、土間で火おこしをしている時に、胸がムカつくというのですが、山王寺屋の父と母が駆けつけ心配するのですが、母から「何でこのようなときに赤ん坊が」、と父からは「なんで今頃後次ぐものもあらへんのに」と言われるのです。
 
はつは、このことを惣兵衛に知らせようと外に出るのですが、其処にあさが、一緒に惣兵衛を探すのですが、河原にはぎょうしょううりのかごがおかれていたのです。 
 
 
惣兵衛はこの日からはつ達の前から姿を消してしまったのでした。 
 
 
 
 

貴方も要注意、夜のストレスは体内時計を狂わせる

米で人気上昇中・クライオセラピー(凍結療法)で女性が凍死

 

 
 

タグ:新しい商い

あさが来た・第29回10月30日 [清貧]


あさが来た
 
 
 
 
あさは、進次郎が山屋さんから聞いてきた石炭の話をもっと詳しく知りたいと、父正吉に話してみるのですが、正吉は『両替商と石炭と云うのはあまり関わりがない』と、乗り気ではないのです。
 
あさは『実はこの間の寄り合いで、もうすぐ東京で陸蒸気というものが走る。物や人を運ぶ大きな鉄の塊だと、そして馬や人ではなく石炭を使うというのだとか、その石を燃やしたら動くとか』と説明するのです。
 
 
進次郎が出かけようとする所に亀介は『旦那様は出かけてばかり、若女将は商売の事ばかり、あの夫婦は大丈夫なのか』と心配するのです。
 
そんなことも知らずにあさは、進次郎を追いかけ、山屋山に話を聞くことが出来るのです。
 
山屋は、鹿屋産でやってみる気が有るのであれば、まずは筑前に話を聞きに行かなれば、と云うのです。
 
進次郎から筑前とは、吸収の北の方だと。しかし山屋は、筑前地方の山では良い石炭が取れるらしいと言うと進次郎が、其れなら山屋さんがというのですが、山屋はそんな金はない、と応えるのです。
 
其れに炭鉱みたいに荒くれ者ばかりで、銭のやり取りは出来ないと、その話を正吉にした所、正吉は、それなら炭鉱は止めましょう、と云うことに。
 
正吉は『鉱山がこれからの儲かる仕事というのはわかっているが、店にに座ってできる仕事ではない。九州に行って貰う人でもないし、新しい商いを考えましょう』と云うのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
進次郎もまた、「石炭なんて得体のしれない物に手を出すなんて」というのですが、あさは『最初に石炭の話を言い出したのは旦那様です」と、進次郎刃物の例えだというと『物の例えなんて言えいますか、このご時世に』と、言葉をきつく言うのです。
 
 
進次郎はあさの機嫌が悪いことを知るのですが、あさは着物の縫い付けが綺麗にできていることを追求するのです。
 
これはどこのおなごはんが縫ったのか、あの三味線の師匠の美和さんではと、怒り心頭なあさの追求に進次郎は『確かにあさの言うとおりおなごはんに縫ってもらった、三味線の師匠にも世話になっている、しかしこれを縫ったのはお師匠さんとは違う、何やっtラこれから会いに行くか』とあさをつだすのです。
 
 
 
 

本を読む子は漫画も。MANGA文化として教育的価値も。

 
 
 
進次郎ははつが野良仕事をしている場所に案内するのです。朝は畑の中にいる初を身て駆け寄るのですが、はつは「あかん、加野屋の嫁が若旦那様の置物が穴井な縫い目ではあきません』とあさを叱るのです。
 
そして笑顔を見せたはつとあさ、朝ははつに加野屋の愚痴をこぼし、聞いてもらうのです、そこではつからも今の状況を聞くことに、そして進次郎が、居場所を知ってから旦那様に何遍もお酒思ってきたり、繕いの仕事を持ってきてくれたりしてくれている。それにあさにここに居ることを教えないで欲しいといったのは私だ』と言うのでした。
 
遠くにいる進次郎のところに惣兵衛も来て『何を話しているのだろう』と見ているのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
はつは『貧乏は惨めや、けれど、今は余計なこと考える暇など無いくらい急がしい、忙しいって案外いいこと、文だすお金もないからお父さんと母さんにはつは元気だ、今も御家を守るために気張っていると伝えてほしい』というのでした。
 
帰りにあさは進次郎に、はつが世話になっていたことを感謝し、礼を述べるのでした。 
 
 
それから数日後、正吉とあさは、五代の所へと、訪問するのです。
 
正吉は先日のカッパ、五代が入っていたビックリぽんのカッパだと言うのです。 
 
 
特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】
 

春日部市・生活保護の支給停止、地裁が取り消し

子供を中心に原因不明の麻痺相次ぐ、ポリオ類似症状

 

 

タグ:新しい商い

あさが来た・第28回10月29日 [清貧]


あさが来た
 
 
 
 
 
進次郎は山の中で、野菜を引いている親子に出くわすのですが、なんとその親子ははつと山王寺屋の主だったのです。
 
慌てて逃げ出す、山王寺屋なのですが進次郎が野菜車を引こうとするのですが、一向に動かないのです。
 
はつは、どうして此処が分かったのかと聞くと進次郎は、はつに会えるのだったらあさが用意した荷物持ってくるのだったというのです。
 
しかしはつは『施し入りません。今は其処のお百姓さんに世話になっている』と、其処に惣兵衛が現れたのです。
 
はつは『このことをあさには伝えないでほしい』と懇願するのです、惣兵衛もまた加野屋のことを心配するのでした。 
 
 


 
 
 
その頃あさは、五代が開いた寄り合い所に雁助と一緒に五代の話を聞くのです。
 
五代は『大阪には良い商人が集まっている、このままでは東京や西洋商売に潰されてしまう』と云うのですが、『すぐに儲かる商いを教えてほしい』と商人たちはいうのです。
 
商人たちは、困っているのは今や、 やっぱり余所者や、薩摩の元武士だしなどと陰口を、それでも五代は、世界を相手できるカンパニー・会社を作るのです。と語るのでした。
 
あさは寄り合いの後に、五代のもとに出向き『大丈夫ですか?』と声をかけると、『大阪商人は商売の才覚が有っても家のしきたりに縛られて新しいことが出来ない。』と、あさは姉の嫁いだ両替屋が潰れたこと、商売の事など考える気になれない、けれど今すべき事はこれだと思う。と反すのです。
 
 
五代は『両替屋がこうなったのは、新政府のせいだと思う。其れだからこそこの大阪を世界に知られる街にすることが私の使命だ。』と言うのです。
 
 
 

『極端』な児童ポルノ漫画を禁止、国連が日本に通達

 
 
 
店に戻った雁助は、正吉に五代の大阪を思う熱い気持ちに嘘はないように思うと、正吉もまた、他所の人が其処まで大阪を思ってくれているのにこちらが何もしないではと考えるのでした。
 
あさは新しいことを考えるのですが、其処に今井家から文が届いたのです。
 
その内容は、今井家が正式に新政府の仕事を受けることになったこと、一家で京都を離れ東京へ移転する考えであること、はつの様子を知らないか、どうして助けることが出来なかったのか、と後悔ししている事などが書かれていたのでした。
 
あさもうめもあの京都の実家が無くなることを、京都の思い出にはいつも初の姿があるのです。
 
 


 
 
 
其頃進次郎は、惣兵衛とともに酒を酌み交わしているのです。
 
惣兵衛は『今は喧嘩も飼う金もない。お母ちゃんも殺せなかった。でも今はスッキリしてしまってな,はつのお陰なのか』と話すのです。
 
惣兵衛の心の変わり方に驚く進次郎ですが『はつはあんがいずぶといのかもしれない。あのじゃじゃ馬の妹も其処まで旦那様に思うてもらえたら幸せモノやな、そう開けれど儂は』と笑ってごまかすのでした。
 
進次郎は家に戻るのですがはつのことは言えないのですが、あさは違う話を切り出すのです。
 
其れは進次郎が話していた石炭のこと山屋が加野屋に勧めてくれた石炭の話をもう一度聞かしてほしいと頼むのです。
 
あさの心ははつへの思いを全て商いに向けることで考えないようにしているのです。
 
はつもまた、日々を過ごすために頑張っているのです。 
 
 
 

大阪府警・タクシー強盗容疑で25歳巡査長を逮捕

薬の違法転売・生活保護制度を悪用か、大量処方

 

 

タグ:新しい商い

あさが来た・第27回10月28日 [新政府]


あさが来た
 
 
 
 
あさは、姉はつ家族が居なくなってしまったことは自分にも責任があると思い悩んでいる所に、あの五代才助がやってきたのです。
 
五代は気落ちしているあさを見て、見え先で『おい、其処にいる娘』と怒るのでした。
 
その頃、はつ達は荷物を大八車に乗せ借金取り逃げているのですが、母が全てははつの性だと言う事に惣兵衛が遂に怒ってしまったのでした。
 
惣兵衛は包丁を持ちだし、『疫病神はおまえだ、死ね』と言って包丁で切りつけようとするのをはつが身を挺して防ぐのです。
 
はつは、『やっと、やっとうちにも御家を守ることが出来た、御家が無くなってしまったのはお母さんのせいでも誰のせいでもない、時代のせいだす。其れに負けて旦那様が罪まで冒してしまうの可怪しいのではないのですか。当たり前、でも今できることは一歩でも前に歩いいていくことだけです』と云うのです。
 
それを聞いて皆が歩き出そうとするのですがが母が立てないために 、惣兵衛が母を背負い、また歩き始めるのでした。
 
 
 


 
 
 
その頃加野屋では、あさに五代が『私は貴女のこと珍しく骨のある人間だと思っていた。其れが何や、大商人の奥様に収まって、何食わぬ顔で茶など出しおって、オナゴというのは全くつまらんものやな。あんたにもこの店にももう要は無い。潰れるならkぁって潰れれば良い』と言い放つのです。
 
其れを聞いてあさは『待っとくなはれ、それはうちも同じです。西洋の言葉を話、物知りで面白い貴男さまが、憎たらしい新政府のお役人になりはっていたなんて、其処まで云うのなら言わせて頂きます。いま御家が困っているのは、新政府様への上納金の性です。貴方様方はお金もないのに勝手に新政府を作りその上上方の商人に10万両というお金をせびり、勝手に潰れたら良いなんて、どの口がモノ言う。大名家も戦言い訳にちっともお金も返してくれへん。うちが苦しいのも、山王寺屋が潰れたのも皆、あなた方新政府のせいでございます。』と言いはるのでした。
 
五代はそのあさの言葉を聞いて、『私が聞きたかったのはこれや、一つお願いがあります。』と、うめにに言葉を託すのでした。
 
 
 
 

痩せ薬・横流しで中国に転売、医師を逮捕

 
 
 
 
正吉はうめから『あさチャンに、大坂商人の寄り合いに出なさい』ということを聞いたと伝えると、進次郎は『でときなはれ、あんたお役人の間であれだけのことを言ってしまった。それで許してもらえるのなら出るくらいどうってことはない。それに商いの勉強をしたいと言っていただろう』と許すのでした。 
 
 
なんで何でと言う母・よねにだんだんあさ似てきたと言われる存在になっていたのでした。
 
あさは早速、正吉に連れられて大阪商人の寄り合いにいやいやながらも参加することになったのです。 
 
商人たちの会話を聞きながら、あさにはいろいろな話を聞くことが出来、少し世の中のことが理解できるようになったのです。
 
そんなあさを正吉は労うのですが、あさは『五代様にお礼を申し上げたいです。もっと早く此処に来てればよかった、やはり御家を守るためにはオナゴかて知識は必要だったんです。』というのでした。
 
正吉はあさに『今しなければならないことは落ち込んでいることではなく、またお姉ちゃんを探すことでもなく、こういう席に来て藩士をするというのが一番良いのかもしれない』というのです。
 
それからあさは、毎回商人たちの集まりに参加し、旦那衆の中に入って紅一点活発に動こあさは、よくも悪くも大阪獣の噂に成ってしまったのです。 
 
 


 
 
 
 
お店の帳簿を見たり、また夜になると本を読み独学で商売の勉強をするのですが、あさはお守りを見ては『お姉ちゃんどうか無事でいてや』と願うのです。
 
朝が出かけようとすると、小吉が雁助に一緒について言って欲しいと、、どうやら商人の旦那衆たちは佐野なんでなんでに辟易しているようなのです。
 
そのころ進次郎は、あさには内緒で毎日毎日大阪銃を探し歩いていたのでした。
 
そして山の中で野菜を運ぶ車をいひいている二人に出会わしたのですが、なんとそれは初と山王寺屋の主だったのでした。 
 
 
美顔器パワーアップ→ 1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」
 
 

まぶたがピクピク!其れはストレスが原因です。

埼玉・【競歩】で女子生徒死亡、ゴール手前で心肺停止

 

 

タグ:商人 新政府

あさが来た・第26回10月27日 [清貧]


あさが来た
 
 
 
 
 
あさは、長屋にいるはつを見つけ会おうとするのですが、はつは戸を閉め「帰っておくれやす」と云うのです。
 
姉に何もしてあげることが出来なかったことを悔やむあさ、はつは『これが山王寺屋の成れの果てです』と、『なぜ相談してくれなかった、うちに何かできることは』と云うのですが『あんたの顔なんで見たくな』と云われてしまったのでした。
 
はつは『うちが合わせる顔がないのや、堪忍堪忍や』と家の中で泣くのです。
 
 
あさもまた加野屋に戻り、何もして挙げられなかったことを悔やみ泣き暮れるのですが、そんなあさに進次郎は、なんで最後の『お互いに頑張ろう』と言ったんだろうかと考え、出かけようとするのです。
 
そんな進次郎にこんな時はそばに居て欲しいというのですが、聞くまもなく出かけてしまったのでした。
 
翌日にあさとうめで着物などを持ってはつの所に伺うと、既にまた夜逃げしてしまっていたのです。
 
あさは自分のせいだと思い込み、仕事も家のことも手につかなくなってしまったのですが、そんなあさに正吉は聞いた話だと言って、山王寺屋の借金は相当の額だった、一時京都の親御さんから金を借りたとしても、いずれは潰れるそういうことになったんやと思います。そやから、お父さん恨んだら飽きません。自分を恨んではあかん、仕方がないことやったんやな』と説得をするのでした。
 
 
 


 
 
 
其処に大阪の役人となった五代才助がやってきたのです。
 
五代は、『都は東に移った、これから大阪は幕府や大名の力に頼らず自力で発展しなければならい、そこで私は大坂商人の皆さんで力を合わせてカンパニーを作って欲しい、会社を作って欲しい。大阪全体で大きな店を作って欲しい。これから港も整備され外国との商いが始まる、彼らと対等にやりあうには大阪人が団結して、ビッグなトランザクションが出来なければならない。私は大阪を商工業都市に育てたい、そのために鹿屋産の力を借りたい』と云うのです。
 
其処に気落ちしている朝が茶を運んできたのですが、あまりの沈み込みに驚く五代なのです。
 
 
 

マタハラ・育休明けから非正規社員に変更迫られる

 
 
 
 
 
正吉は、『両替屋には、西洋や商工業にピンと来ない。今の苦境を乗り越えるのに精一杯だ』と五代の返すのです。
 
ア社、急ぎ足にデマ多発を探しに出ようとするのですが、其処に進次郎が戻ってきたのです。あさはお姉ちゃんを探すというあさに『まだそんな事を言っているのか、どこを探すって』と言ってなだめ加野屋に戻ろうとすると、五代は『おい、其処の娘』と、どうやら五代は怒っているようなのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
その頃はつ達は、荷持を引きながら、農家に今宵の寝床を借りようとするのですが、断られてしまうはめに、逃げることしか出来ないはつ達ですが母は『あんたの性やあんたが嫁いできてから何もいいことがないあんたが翌秒がやや、家を返せ、ご先祖様からの家を返せ、この疫病神が』とはつを攻めるのです。
 
惣兵衛はその母の責を聞いて、ついに包丁を取り出し、母に「疫病神はお前や、死ね」と言って斬りつけるのですが、はつが間に入り、切られてしまったのでした。
 
初の容体は、またこれから先、はつ達はどのようにして借金取りから逃げ延びていくのでしょうか? 
 
 
   

980円、1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」

 

軽減税率・生鮮食品が軸に検討か

大阪市・小児救急緊急性をアプリで判断

 

 


タグ:夜逃げ

あさが来た・第25回10月26日 [約束]


あさが来た
 
 
 
 
 
あさは奈良の玉利家からお金を借りる事が出来たのですが、はつ達は実家の今井家に金の用立てにいったのですが、父・忠興から金は貸せないと断られてしまったのでした。
 
 
奈良からの仮に、あさは、姉・はつに出会うのですが、姉は『どないなことになってもお父さんに云われた通りにお互いに精一杯御家を守ろうな』と言われたのです。
 
 
加野屋に戻ったあさ、あさの活躍によってどうにか幕末から明治時代への変わり目に、窮地で乗り越えることが出来るようになったのです。
 
これからの両替屋は厳しい時だと、そういう中で亀介から、若女将が『両替だけやってはアカン、新しいことをはじめなければ』と話していたと伝えるのです。
 
亀介と雁助が嫁ののことで揉めている時に正吉は朝の言う新しいこととはと考えているのです。
 
 
その頃あさは、庭の木を見て木から蔵に登って山王寺屋がどうなっているか見てみたいと進次郎に話すと、『有ってみてどうする』と聞かれてしまったのです。
 
あさは『お姉ちゃんの元気な顔を見ると私も元気が出る』と進次郎は『ほんならしょうがない』と言って夜に連れ出すのでした。 
 
あさと進次郎で山王寺屋に出向くのですが、店の前にはたくさんの人だかりが、山王寺屋は夜逃げをしてしまったのです。
 
 
 


 
 
 
大手の両替屋山王寺屋が潰れた他にも、大阪では両替屋が次々と潰れていくのでした。
 
明日は加野屋かと思われ次々と加野屋に両替に客が押し寄せるのです。
 
加野屋では番頭共々集まって対策を講じるのです、正吉は「この大坂のためにも加野屋が潰れてはアカンのや」とそこで榮三郎が『新政府も天子様も江戸に入って何もかも江戸に持って行かれてはかなわん』と云うのです。
 
 
 
 

ヘアーカラーや白髪染めで皮膚トラブル続出!

 
 
 
 
『江戸は東の京と書いて東京と呼ばれるようになった』と進次郎が、榮三郎は『この加野屋が上方の意地を見せてやりましょう』と云うのです。
 
正吉は『あさチャンの云う新しい商いというのを考えてみないといけない』と、雁助達は、家訓で両替以外はやってはいけないのではと反対するのですが『今はそういう時代ではない店が潰れてしまう』と考えを述べるのです。
 
 
進次郎は謡の集まりで、両替屋に石炭の商いをしてみないかと云われてことを話すのです。
 
誰もが石炭を知らないため、どのような石なのか、石を掘って売るなんてと乗り気にならないのです。
 
 
 
 


 
 
  
正吉はあさに新しい商いについて意見を聞こうとするのですが、肝心のあさは姉初のことが気になり応えることが出来なのです。 
 
あさは毎日、姉のはつをうめとともに探し始めているのですが、やっとの思いで姉を見つけることが出来たのです。
 
変わり果てた姿を見せたはつは、長屋に入り、戸を閉めてしまったのです。
 
あさは『何も気が付かないで堪忍な、戸を開けてほしい』と頼むのですが、はつは戸を開けることをしなかったのです。 
 

 

初年度会費無料選べるデザイン → かわいい【ハローキティカード】はこちら

 

かかりつけ医以外の受診で、定額負担導入を財務省が提案

女子高生に乱交パーテイ、主催者は中学校教諭(27)

 

 


タグ:新しい商い

あさが来た・第24回10月24日 [約束]


あさが来た
 
 
 
 
あさは山を超えてやっとの思いで、奈良の玉利家についたのですが、お会いできない、またの日にお越しくださいと云われてしまったのです。
 
あさは其れを聞いて、『大阪か何度もそんなにこられますかいな』と怒るのでした。
 
その頃大坂では、加野屋にあさを訪ねて新政府の参与で大阪府権の判事を任命された五代才助が訪れてきたのです。
 
進次郎は、五代を招き入れるのです・進次郎は薩摩の藩士が大阪の役人とし赴任していいることを知っていたのですが、何故あさを知っているのかが分からなかったのです。
 
五代は『其れは運命としか言いようが無い』と言って笑うのでした。
 
進次郎は其れを聞いて『運命とは驚いた』と言って、酒で持て成すことにしたのですが、店の者女中たちは五代が気になるのです。
 
 


 
 
 
 
あさは玉利家で、今日は奥様方の宴会が有るからといって泊まる部屋を案内されたのですが、馬小屋のそばの軽業師やさる使いなどがいる部屋なのです。
 
猿に興味を持ったあさなのですが、部屋が汚いたということで部屋の掃除を始めるのでした。 
 
 
 
進次郎は五代を接待していまいしたが、帰り際に五代から『楽しい酒でした、一つ聞きたい、何で金の用立てに旦那ではなくあさなのか、両替屋も大変な時ですけれど、どうか達者で行きてもんせ』というのですが、その言葉を聞いて進次郎は『あんた様でしたか』と思うのですた。
 
 
 
 
 
はつと惣兵衛も、金の用立てに、実家の今井家に出向いていたのですが、惣兵衛は今井家を前にして『こんなことで里に帰らすことになってしまった』と、云うのです。
 
 
はつは一人今井家の店に入ろうとするのですが、惣兵衛は『そんな訳にはいかないと」一緒に入り、二人で忠興に金の工面を頼むのです。
 
 
忠興は『貸したとしても返す工面はあるのか。商売というものは先を見る目と、その道を貫く覚悟がなければならない。金は貸せない』と告げるのです。
 
 
其れを聞いた母・りえは『なんでかして上げられないの、娘の頼みや無いですか』と懇願するのですが、はつは『此れで良いんです。旦那様もうちも喉から手が出るほどお金がほしいはずなのに、どこかで断って欲しいと思っていた。其れが旦那様とうちののせめてもの誇りです。』と言い切るのでした。
 
その頃あさは、玉利家の馬小屋の掃除をして綺麗にしたと評判になっていたのです。
 
 
 

JKビジネスと子供の着エロ、児童福祉法で禁止して!

 
 
 
其れはえらい綺麗になった、猿回しの芸人たちも偉い世話になったくれぐれもよろしゅうと言って帰っていったと女中が玉利の主に話すと、それではいっぺん会ってみようということになったのです。
 
 
玉利はあさに『ご苦労さんやったな、近頃の金貸せはうんざりや、けれども猿まで世話したのははじめだ、儂の負けや』というとあさは『負うてくれましてホンマにおおきに』と頭を下げるのです。
 
 
玉利は『商売に人情は禁物や、儂はな商いは危ない橋は渡らない。瀕死の両替商に金貸して返せるのか』というとあさ『今の世の中は、もうじき新しい朝が来ます。世の中が変われば新しい商いが出てきます。加野屋は両替だけではなく新しい商いで儲けたいと思います。それはいう訳にはいかない』 と云うのです。
 
玉利は新しい商いとは、と気にしているのですが『商人はお互いにしのぎを削って生きています。加野屋が何をやるかは秘密です。玉利さんかて商いの手の内は人に見せたくはないでしょう』と云うのです。
 
あさの目をじっくりと見る玉利は『目が泳げへんな、その意気込みだったらどえらいこと出来る、金貸してやろ』とあさは喜び頭を下げると、『あんた日本一の女商人になる、そなったら、この玉利の恩忘れてはアカンで』と云うのです。
 
 
忘れません。昔、お金を借していた恩を忘れられていたことも、馬小屋で待たされていたことも、この御恩も加野屋のあさ、決して一生忘れません』と応えるのです。
 
 
こうしてあさは無利子で、玉利からお金を借りるこ事が出来たのです。
 
亀介は帰り際に、新しい商いとはなんですか・と聞くのですが、まだ何も考えていないと、亀介は『どえらいお人や』と云うのです。
 
 
 


 
 
 
目の前にはつ夫婦を見つけたあさは、駆け寄り再開を喜ぶのですが、はつは『お互い頑張ろうな、どないなことになってもお父さんの云われたとおり、お互いにせいっぱい御家を守ろうな』と言って別れるのです。
 
 
加野屋に戻ったあさは進次郎に迎えられ『お帰り、よくやったわ、あさ』というのですが、その頃、はつは惣兵衛から、『本当は進次郎のところに嫁ぐはずだった』と言われていたのでした。
 
 
 

年会費無料【ハローキティカード】はこちら

 

遺伝子検査・ビジネス拡大を受けて業界団体が認定制度化へ

沖縄辺野古移設問題・宜野湾市民が沖縄知事を、権限乱用で提訴

 


タグ:新しい商い

あさが来た・第23回10月23日 [生活]


あさが来た
 
 
 
 
あさは店の前に集まった人々に、主が病気でいることを伝えるのですが、信用をしてもらえないのですが、あさは『ウソをついていない、それなら奥に行っても見てきなはれ、うちは両替やお金という大事なものを預かっているのに、お互いに信用というものが無くなったらどうしますか。』と云うのです。
 
『落ち着きなはれ、加野屋は大阪一の両替屋、嘘つき呼ばわりされたら立つ瀬がございません。』というのです。
 
 
集まった人達は女だからといって手加減するなと言って煽るのですが、、あさは一人の女声が抱えている子供を見て『それは難儀なこと出すな』というのでした。
 
あさは、『父様の許しが出るのであれば、できるだけ引き換えてあげなければとも思うんです』というと、雁助は『そんなことをしたらうちは』と止めようとする所に正吉が『あさチャンの言う通りにせい、新政府が銀を使えなくせいしまった、困ったもんや、返してあげなはれ』と、しかし雁助は「それは困ります』と新政府に有り金全部提供して残りの金に手を出してしまったら』と云うのですが『かましまへん、だしなはれ、あさチャン此れでよろしかな、進次郎黒を開けなはれ』と言ってクラからお金を出させるのです。
 
あさは一人ひとりから話を聞き、殆どの人に金・銀を払い戻してしまったのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
正吉たちに謝るあさ、商いをするための殆どのお金を出してしまったのですから、しかし正吉は、借金をするにをしても一つ貸してくれそうなところがあると、『昔お金を都合してあげた奈良の玉利さんというところがある、寺の修繕とか神社の修繕とか言ってにしている人だ』と云うのです。
 
小吉は進次郎に、『礼を云わなければならない、山王寺屋さんにもや、お前のあさチャン好きだ、で、すんなり決まってしまった。私が待ち号てしまった、この家の嫁にあさチャンが来てくれたことは本当に良かった。あの子は金の卵や、お前はいつもふらふらしいてろくでもない息子だが人をみる目が有る、卵は誰かが温めてあげなければ孵らしまへん。あさチャンを守って助けてあげるのはお前の仕事や、わいや、お前の代でこの加野屋を潰したくはないのだ』というののでした。
 
よねはあさを捕まえて『もうどこにも活かせはしない』と云うのですが「行かせてもらいます。この家のために出来ることをしたいんです』と言い切るのです。
 
 
 
 
 
 
その頃、はつも、義母に同じように『この家のために出来ることはないのでしょうか』と『使用人もいなく成って、お店の中も荒れ放題です。旦那はんもでかけたきり帰って来ていない、うちにも何か』とお願いするのですが、『あんたのお付のふゆもう今日限りで出て行ってもらうことにした』と言われてしまったのです。
 
一生懸命にふゆを探すはつなのですが、『イヤや、もう嫌や』と言って、井戸の中を見ると、其処にあさの手紙が見えたのです。
 
 
 

飼っていた犬の糞117トン山積みに、元ブリダーを逮捕

 
 
 
 
はつはあさの手紙を取ろうとして、井戸の中に落ちてしまうのですが、その井戸は空井戸であさの手紙も取ることが出来たのでした。
 
あさの手紙を急いで見るはつ、其処にはへのへのもへじの顔が、そして「わろうてね」と書かれているのですが、其れを見てはつは、急に笑い出すのでした。
 
はつは『どないな良いことが書いてあるかと思えば、アホらしい』と言って笑うのでした。
 
ふゆは戻ってきた惣兵衛を連れてきたのです。惣兵衛は『大丈夫なのか』と言いながら井戸の中に助けに入るのです。
 
 
 


 
 
 
井戸の中で惣兵衛はいきなりはつを抱きしめ「生きててよかった」と、はつは「心配かけてすみませんでした』というのですが、惣兵衛は『まさかとは思うけれど、一人で笑っていなかったか』と聞くのです。
 
はつはあさの書いた手紙を見て『笑っていました、ひょっとしたら此れ、旦那様に似ている』と比べるのでした。そして『おおきにあさ』とつぶやくのでした。
 
 
時代は明治に変わり、あさは正吉の代わりにならに借金を申し込みに奈良に亀介とともに向かっているのでした。
 
その頃はつは、母から『京都に行きなさい、今井家が新政府御用達に成った。あんたら二人で今井家にお金を借りてきてほしい。あんたらに出来ることは其れしかないのだから』と云われてしまったのです。 
 
 
遂に時代は徳川から明治に、これからがあさとはつの本領発揮というところになるのでしょうね。 
 
 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性→[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

小児性慢性疲労症候群、脳の過剰活性を神戸理研が解明

 


タグ:明治時代

あさが来た・第22回10月22日 [新政府]


あさが来た。
 
 
 
 
 
遂に新政府が、徳川幕府に勝ち、大阪城には火の手が上がったのです。
 
勢います新政府は、江戸まで行くための軍資金10万両を大阪の商人たちに課したのでした。
 
山王寺屋では、惣兵衛がなんとか工面してでもお金を出すべきだというのですが、母は新政府にお金を出す必要はないと、受け入れないのです。
 
その話を障子の影で聞いていたはつなのですが、その事自体をも咎める母のでした。
 
その頃加野屋では、ぎっくり腰をしてしまった正吉の腰を揉むあさと正吉はどの様したら良いのか思案するのです。
 
 
 


 
 
 
あさは、徳川様に対しての新政府に貸すべきではないと思うが、しかし時代は新政府に動いている、他から借りれてでも新政府にお金を出すべきだとのあさの進言に、正吉はうなずき、あさは時代を読めるおなごだといい、店にあるお金を全部調べておきなさいと支持するのです。
 
早速家中のお金お集め、算盤を弾くあさ、、10万両には程遠いのですが、そんなあさに進次郎は、ないものはないと行ってまた出かけるようなのです。
 
 
 

貴女の体調不良、それは夫が原因かも!

 
 
進次郎は、お金持ちになる薬の話を持ち出し、あさの気を引くと、おもむろにその本を読ませるのです。
 
あさが本に夢中になっている間に、出かけようする魂胆なのですが、あさはほんの早読みで進次郎の入った先の文を読み上げる、進次郎を引き留めようとするのですが、進次郎は行く気がでているのであさは、見送るのでした。
 
新政府は、町中にお触れを出し、貨幣を換えるという事を行うとしたのです。
 
山王寺屋では、こないことをしたら店が潰れてしまうのと、嘆くのですが、加野屋では、大変なことになっていたのです。 
 
 
 


 
 
証文を新しいお金に変えて欲しいと、店の前には多くの商人たちや町民が訪れて交換を要求するのですが、その説明に雁助がしているのです。
 
しかし雁助より店主を出せと騒ぐ民衆ががんすけの顔に蔵売を投げつけたために起こってしまったため余計取り返しの付かない子になってしまったのでした。
 
進次郎は、あさが外に出て説得してほしい『あんたは普通のおなごではない』と言って店の外に出させるのです。
 
暖簾をくぐり外に出たあさ、周りを見つめるのでした。 
 

 
人気の温泉宿を口コミで選んで最安値で予約!
 
 

タグ:新しい風

あさが来た・第21回10月21日 [商い]


あさが来た
 
 
 
 
 
あさは宇奈山藩の蔵屋敷門前で居座るつもりだったのですが、中間部屋に案内されてしまったのです。
 
あさは此処で勘定方が帰ってくるまで待つことになってしまったのです。
 
『うめは店に帰りなさい、雨風もしのげるし、亀介と二人で十分です』と言ってうめを返してしまったのですが、亀介は『何故こんなこと魔で』と気がきではありません。
 
しかしあさは『此れは好気です。今まで門前払いされていたのがこうして中まで入れてもらえてのですから、ちょっとは認めてくれたのですから』と云うのです。
 
あさは、いつまで待たされるかわからないからと持参した枕を出して寝てしまったのですから、それを見て亀介は『なんて人や』と呆れるのです。
 
朝を迎えて、中間部屋の前では、宇奈山藩の家臣たちが様子を見ているのです。
 
 
 


 
 
その頃加野屋では、あさが戻ってきていないために進次郎も、正吉も落ち着かないのです。
 
進次郎はあんな中間部屋(タコ部屋)などに泊まれないというのですが、うめは『それでも今のあさ様はいきいきしている、お金のことは解りませんが無事に戻って来ます。ご存知の通り可愛らしいだけではございません。』と言ってみんなを安心させるのです。
 
そに店の者が、あさが帰って来たのです。皆が店の前にでてあさを迎えるのですが、あさは無事にお金を返して頂いた、貸した額の10分の一にもならないけれどと言って正吉たちに見せるのでした。
 
正吉は『どのようにして返してもらった』と聞くと『あさは特段に』というのですが、亀介から、朝になって勘定方からこれ以上若奥さんに居座られてはかなわんと言って返してくれた、根負けですわ』と、そして朝ごはんまで頂いてきたというのです。
 
進次郎は『勘弁してな、どれだけ心配したか、お金ではなくあんたを心配していた、良いか、いざとなったらお金よりあんたの身やで』と云うのですが、あさにはよく理解できていませんでした。
 
榮三郎は、進次郎が風呂にも入らないで待っていたというと、あさは恐縮するのです。
 
 
 

民法・再婚禁止規定は違憲、20代男女が国を相手取り提訴に

 
正吉はあさを部屋に呼び、ご苦労様と労いの言葉をいうのですが、あさは『何かやり過ぎてしまった』とけれども正吉は『泳ぎ続けるもの時代の波に乗れるのかもしれない、今日から正式な働き手の一人だす。どうぞよろしくお頼み申し上げます』と言って頭を下げるのでした。
 
それからと言うもののあさは、父・正吉から頼まれた藩の蔵屋敷を訪ね、少しづつではありますが借金を返してもらう事ができるように成ったのです。
 
水を得た魚のように働くあさと対象にはつは、一人で悩んでいるのです。
 
其処に父が薪割りを始めるのですその様子を見てはつは他の者にと、しかし『もともとはこの家の番頭だった、構わしない、人がすくなったのだからこれくらいしないと』と言って手のひらに出来たタコを見せるのです。
 
父は、はつに『すまんかったな、この家に嫁いできたこと後悔してるのではないかと、ええねんで儂かてそうや、何しろ嫁さんがあれや』と言って笑うのです。
 
『そやけであいつはあいつで、ご先祖様から受け継いだ子の家を守ろうとして必死なのや、悪く思わいないでくれ』と其処に惣兵衛が現れ『エライコッチャは、徳川様の幕府が無くなってしまった』と言って倒れてしまったのです。
 
 


 
 
 
加野屋でも、徳川が様戦に負けて大阪に戻ってきたと、其処に店の者が大阪城が燃えているというのです。
 
時代は激動の中に、徳川幕府に変わって政権を握ったのは、薩摩藩と長州藩を中心とした新政府なのですが、大阪の商人をみな集まれと二条城に行っているのでした。
 
二条城から戻った正吉は、『御家の一大事や』と、『十万両と諭達せよ』との伝えが有った、新政府は更に江戸に向かうために軍資金として十万両が必要なのでというのです。 
 
 

働き世代を襲うガン、痛みや異常を感じたら直ぐに受診を

 

タクシー過剰供給は法の不備、運転手らが国を提訴

 

 
 

タグ:新政府

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。