So-net無料ブログ作成

まれ・第133回8月31日、双子でも考え方はそれぞれ [子ども]


まれ
 
 
 
まれと圭太に双子の子供が生まれ、新しい生活を過ごすことになり、アッと言う間に6年が過ぎてしまいました。
 
匠も歩美も6歳を迎え、来年は小学校に上がるまでに成長し、塗師屋の仕事場を遊び駆けまわるのです。
 
まれも圭太も危なくてしかたがないと弥太郎に話すと、其れならば近くに家も借りたらどうか、弥太郎はかなえの母・まさえと再婚したために邪魔扱いなのです。
 
桶作家で、みのりや文たちに相談すると、文から、『其れなら此処に来れば良い、部屋は有るぞ』と云われ、まれは相談することに・・・・・!
 
という訳で、まれ達家族は桶作家で暮らすことになったのです。
 
 
 
そして2015年4月になり、まれの店プチ・ソルシエールは、オープンして8回目の春を迎え、店は繁盛するようになったのです。
 
常連客も増え忙しいまれ、其処に洋一郎が漁業組合への差し入れだと言って買いに来てくれたのです。
 
まれは北陸新幹線をモチーフにした新しいケーキ、デパールを作って店頭販売をしたのですが、洋一郎は其れに決めたのでした。
 
桶作家でも歩実と匠は小学校一年生に、まれ達が通った小学校へ通学することに、帰ってくると、文が作った紙芝居『ふみさん劇場』で、徹のことやまれ達のことを教えているのです。
 
圭太も紺谷弥太郎5代目を正式に継ぎ、親方として切り盛りをしているのです。
 
 

長野高架下遺体遺棄事件、殺人罪適用せず、傷害致死罪で起訴!

 
 
 
まれは、午後は相変わらずに圭太の仕事を支えるために、塗師屋の仕事を手伝い、育児に仕事に充実した日々を送っているのです
 
そして、高志も歌手活動をしながら俳優もするほど、大活躍をしているのでした。
 
 
桶作家に戻ったまれは歩美たちのもとに、そしてふみさん劇場が始まるのです、子供たちには徹の紙芝居が大好きなのです。
 
真人は、徹が可哀想だというのですが、文は『此れは徹が残した貴重な教訓』だと子供たちに説明をするのでした。
 
みのりのお腹には赤ちゃんが、あと4ヶ月で生まれることになっていると、活発な歩実に対して、おとなしい匠、双子でもこれだけ違うのです
 
まれ達は親の目線でそれぞれの性格を話しあう二人ですが、それぞれ自分に似ていると思うのです。
 
 
 
 
 
 
 
プチ・ソルシエールに学生の常連客が居る中で、一徹はホームページに載せる新しいケーキの写真を撮影しているのです。
 
其のホームページの中には、歩実と匠の入学式の写真も、それは、遠くにいる徹に見てもらいたという一徹の気持ちなのです。
 
一徹は子供達の写真が見えれば親しみを持ってもらえるだろう、とまれに云うのですが、・・・・・・・!
 
塗師屋に新しい職人見習いの田中さんが入ったことで圭太はまれに、『店の営業時間を流してみてはどうか』と云われたと話すと一徹は『それならバイトを採用してみれば、その分ケーキに専念できるだろう』と云うのでした。
 
歩実と匠が宿題をっしています、其の宿題の中で将来の夢が書かれていたののですが、歩実はパティシエ、保育園の先生、お医者さん、看護師さん、アイドルなどといっぱい書かれているのです。
 
匠のノートには、・・・・・・?
 
明日に成らなければわかりません。夢がたくさんある歩実はやはり徹の血を引いているみたいですね(笑) 
 
 
 

女性アスリートが危ない、疲労骨折が2割も、また生理不順にも!

 
 

兵庫・『アミューズ型介護』一部規制に!

 

タグ:子育て
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第132回8月29日、遠方より客来る、そしてアッと言う間に7年がたちました。 [夢]


まれ
 
 
 
 
まれがお店をついに始めることに、其のため圭太や亜美たちまでも協力してくれる事なったのでした。
 
子供達と離れることがなかなか出来ないまれなのですが、藍子が来たことで何とか出かけ、ママさんパティシエとしての第一歩を踏み出すのですが、子供たちが心配で何かと電話をかけるので、ついに藍子から、『店が暇なら帰ってくる?』と云われてしまったのでした。
 
そして、まれの店が開くのを待っていてくれたお客が早速、そしてケーキを作っれくれと頼みに来てくれた客も挨拶に来てくれたのです。 
 
『子育てしながらで大変だろう』、と云われるまれなのですが、『家族やみんなに世話してもらっていると答えるのです。
 
客からは『子供にはパワーになる、家族が健康で笑っていてくれればお母さんは幸せだ』と言ってくれるのです。 
 
 
仕事が終わり、急いで子どもたちのところに帰ってきたまれ、連絡ボードには子供達の今日の状態が書かれているのを見て安心するのですが、其処に圭太の母・直美がやってきたのです。
 
藍子は『至らない娘で申し訳ない、みんなに迷惑を掛けて』というと「あんに頑固な娘を見たことがない』と云われてしまったのです。
 
藍子は『それでも圭太がよく支えてくれて』と感謝の言葉を、『昔、圭太の熱を見逃したことが有った、圭太は小さい時から体が弱くてしょっちゅう熱を出していた。気をつけていたけれど、チョット見逃した好きに40度近くの熱を出して、痙攣を起こしてしまった、心底震えた、悔やんでも悔やみきれない思いは息子の嫁にはさせたくない。お父さんも圭太も甘いから私が貧乏をおっている。それでも孫のために店は永遠に反対するからね』と云われてしまったのです
 
 
 


 
 
圭太は午前中出来なかった仕事を夜に行っているのです。まれは圭太にクッサン・ド・リヨンというお菓子を作ったと試食を、まれは店が軌道に乗ったら最初に店に出したいと云うのです。
 
 
クッサン・ド・リヨンは人々の健康を祈るという思いが込められているというのでした。
 
店が軌道に乗ったら、あれも出した、此れも出したいと思うのですが、店は暇は、其処には文の姿も、文は店が開いていても開いてなくても同じだというのですが、『店は子供だから一片産んだものはお腹の中には戻せない』とまれは云うのです。
 
そんなまれに文は『たくましくなった、子供たちのように育てるにも銭はいる』と言って帰ろうとする所に若いお客が二人も、そして続けてマルジョレーヌを食べたいといってやって来てくれたのです。
 
お客は何故か富山や名古屋など遠方から、まれの店を訪ねてきてくれているのですが、お客からブログで紹介されたと、波多野都と云う東京の雑誌の人のブログだというのですが、まれには思い当たるフシがないのです。
 
閉店後に文とパソコンで調べてみると、波多野都さんは、まれが産休に入る前日に訪れてくれた、まれと同じ妊婦さんだったのです。
 
 
 
 

女性から見た『交際できるか』、99.1%が清潔感

 
 
まれが何故能登でケーキ店を開いたのか、を聞いてくれた、まれのケーキを分かってくれた人だったのです。
 
ブログには、『伝統的な菓子マルジョレーヌをアレンジ他ケーキは食べに行く価値あり、と紹介されていたのです。
 
産休後の11月未股店を開くと言っていたシェフの気概に私は推された。能登に素晴らしい店が生まれた。大事に育ててください。』などと紹介されいるのです。
 
文は、『世間様に知ってもらえたな~』と、一緒に喜んでくれるのです。
 
其処に圭太が前と後ろに子供を背負い、散歩のついでに店にやってきたのですが、其れを見てまれは思わず嬉し涙が、圭太はどうしたと聞くのですが、まれは嬉しい事が有ったと答えるのです。
 
文は、そんなまれを温かい笑顔で見つめるのです。 ・・・・・ ”””この時の田中裕子さんの笑顔はすごく良かったな~、本当に見つめる笑顔は暖かくなる笑顔でした。”””
 
 
 


 
 
 
 
時は流れ、2015年4月になってしまいました、歩実も匠もはや7歳小学生に、店も順調に軌道に乗り、ショーケースにはフランス菓子が並んでいるのでした。 
 
学校から黄色いランドセルを背負い戻った歩実と匠、圭太とともにお母さんのケーキが食べたいと行ってきたというのです。
 
子供達は、まれの作ったクッサン・ド・リヨンを食べて美味しいと言って喜ぶのでした。
 
 
今週は早い、アッと言う間に子供が生まれ、苦しみ悩んだと思ったら、もう7年も過ぎてしまった来週から、まれの最終章の始まりです。
 
子育ても、パティシエとしての本当の意味で苦労もこれから始まるみたいですね。世界一のパティシエに成るための本当の苦労が・・・・・・・!
 
 
 

手術支援ロボット・『ダ・ヴィンチ』に期待と注目が!

 

川崎簡易宿泊施設火災、違法建築に改善是正促す

 

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第131回8月28日、まれ笑え、みんなが子育てを協力するから! [子ども]


まれ
 
 
 
歩実が熱を出し、緊急で入院してしまったのですが、母・直美から強く云われたことで、まれはショック受け、母親失格と落ち込んでしまったのです。
 
思い悩み、まれの顔から笑顔が消えてしまったことに圭太は、一徹や洋一郎たちに相談をするのでした。
 
一徹は『姉ちゃんは思いつめるタイプ』だと、洋一郎は『店のことどうする、借金があるだろう、金があるのか』と心配するのです。
 
一徹は『金よりも姉ちゃんの気持ちをほぐしてやったほうが良い、夫婦はシーソだから、片方が深刻な時は片方が笑わせられるくらいがちょうどよい』と、話すのです。
 
 
みのりと元治の所に一子とマキがやってきて、まれの心配を、一子は出産祝いを持ってきたというのですが、そんな雰囲気ではないとみのりの所に来たというのです。
 
みのりは一子のコラムの連載を褒めるのですが、マキは連載がまれにタイムリーだった、仲間の幸せを妬んでワザと書いたと思ったと、それでも一子は、違う、でもきっかけは稀だと、何かまれを見ていると、女の人生って障害物競争みたいだ、せっかく夢叶えるために横浜に行って、修行ができてフランスへ行けると思ったら旦那がピンチで能登に戻って、やっと店が出せると思ったら今度は子供が』というのです。
 
それを聞いたみのりは『まれは全部が全部、全力投球だから、それで一子は好きな人は』と切り返すと『マキと同じに仕事という鉄の掟を守っている』、するとマキは『仕事に成功すればするほど、男に敬遠される』と話すのでした。
 
 
 

秋田ビューホテル

秋田ビューホテル

  • 場所: 秋田県秋田市中通2-6-1
  • 特色: 秋田駅西口から屋根続き徒歩3分◆シングル秋田市最大19㎡(11.5畳)◆4つ☆獲得!朝食バイキング

 
まれは子供のそばで塗師屋の仕事静かにしながら、子供のことが心配で、息をしているのを見て安心している所に、背後から文がまれに抱きつくのでした。
 
文はまれのことが心配で野菜をカゴに入れ元気が出るようにとよってくれたのです。 
 
文はまれが、子供達のところから離れなくなってしまったことが気になっていたのです。
 
そんな文に『茶化しているのだろう、真剣に考えているのに店をやるかどうか』と、文は『何を真剣に悩んでいる。』 、まれは『子供を犠牲にしてまでやりたいことをして良いのだろうか』というのです。
 
 
 

川口市・重度障害児の受給者証更新せず、厚労省から疑問の声が

 
 
文は『それは世の中には生活のために泣き泣き子供を預けて働ければならない親もいる、だけどあんたは働く必要もない、わざわざ借金までして店を出して、それでも生活のためなら許されて、やりたい事なら許されない、問題はは其処ではないだろう。大事なのは子供に自分が親の犠牲になっていると思わせない生き方をすることではないのか、これから子供にどう伝えていくのか、まれが悩んでいかなければならないのは其処だけだ』と、そして『その前にもっと笑え、笑え』と励ますのでした。
 
まれは、子供たちを連れて店の前で散歩に、まれが張り出した休業の知らせを見つめ、店の中を覗き込むのでした。 
 
笑うことが少なくなってしまったまれに圭太は、子供の連絡掲示板ぐぉ作った、まれが見せに行っている間に、子供のミルクやおむつなどのことを書いておく、書いておけば聞かなくても分かるだろう、、そして此れは分担表だ、亜美たちも協力してくれるといてくれた』と『圭太だけでは見ていられない、みんなでやりしましょう。協力させて下さい』と言ってくれたのです。
 
圭太はまれが見せに行っている間、子供たちを側に置いておくために揺りかごの使い古しを譲ってもらい、作ったというのです。
 
そして、やっとまれの顔に笑顔が戻ってきたのです、それを見ていた藍子と弥太郎も安心して笑顔を見せるのでした。
 
 
浅虫温泉 ホテル秋田屋

浅虫温泉 ホテル秋田屋

  • 場所: 青森県青森市大字浅虫字螢谷293-12
  • 特色: 海の幸・山の幸をとり入れた自慢の料理。展望大浴場から陸奥湾に沈む夕陽がご覧いただけます。
 
 
 
まれは、『いつの間に用意してくれていたの、全然周りが見えていなかった、ごめんね、自分の気持ばっかしで』と圭太に謝るのです。
 
すると圭太は、『店も、まれの子供だろう。出来る中で出来る事をやって育てていかないか。二人で、子供たちも、店も』と話すのでした。
 
 
まれは、子供を連れ、店に、開店のお知らせの張り紙を張り替えに来たのです。
 
其処に試食をしてくれていた、お客から、店をまた始めるのか、このまま潰れるかと思った、と云われたのです。
 
張り紙には、明日より営業再開いたします。と書かれていたのです。 
 
 
 
 

中野・25歳女性殺人事件、『知人がしつこい』と同僚に話す。

 

妻のスッピンを見た夫が、ショックで慰謝料請求

 

 
 

タグ:子育て
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第130回8月27日、歩実が病気に、ママが悪い? [病気]


まれ
 
 
 
 
 
まれと圭太の子、匠と歩実が生まれて2ヶ月が立ち、未だ子育てに追われるまれなのですが、圭太は一徹から、『今は一番大事だ、女というのは子供が生まれてからの旦那のしばらくの行動は一生忘れられない生き物だ、俺は徹志が夜中に一回泣いた時に眠いといっただけでずっと言われている、一生続くな』と 忠告を受けたのです。
 
圭太はまれから、子供が生まれて間のないときに組合の集まりで酒を飲み、酔った勢いでせっかく寝かしつけた子供を起こし、写真を散り、一人先に寝てしまっていたのです。
 
其の時に摂った写真の裏には、『反省して下さい』と書かれていたのです。
 
一徹は今からでも遅くはない子育てを手伝え、記憶の上塗りだと話ている時に、亜美から『馬鹿言ってないで子供が泣いている、まれさん手伝いなさい』と支持が出たのでした。
 
 
藍子から一徹の子育てへの協力を聞き、『みのりが其れならば仕事にも出れる』と話すと、『みのりは仕事をやめ暫くの間子育てに専念する』と藍子から聞かされたのです。
 
 
藍子は『まれも店やめろとは云わないけれど、3ヶ月は早い、産んでみてわかったと思うっけれど、どれだけ子育てが大変か』と、しかしまれは『せっかくお客さんが付いたのに長いこと休みたくはない、みんなに迷惑をかけないようにするから』と話し、ローンの返済を考えるのでした。
 
 

三井ガーデンホテル仙台

三井ガーデンホテル仙台

  • 場所: 宮城県仙台市青葉区本町2-4-6
  • 特色: 最上階に宿泊者専用大浴場をご用意(無料)♪全室に加湿機能付空気清浄機完備。

 
 
 
まれの所にお客さんが、それは最初に常連客になってくれたあの子連れの主婦だったのですが、『お願いが有る、ケーキ作ってもらえないか、実は家にチョット気のはる客が来るので、あのケーキ出したら喜んでもらえると思って』と、頼まれたのですが、子育てのために断ろうとすると圭太から、『身体がないのならケーキ作らせてもらえば、俺が協力するから大丈夫だ、お前のケーキのファン第1号だろう』というのでした。
 
 
まれは圭太から背中を押されたことも有り、ケーキを作ることにしたのですが、問題は圭太の子育てです、ミルクの作り方から教えるのですから不安そのものです。
 
急いで店に行き、久しぶりに厨房に入るまれは早速ケーキを作り始めるのです。
 
其の頃、悪戦奮闘している圭太なのですが、昼寝をしている時に、歩実の様子がおかしいことに気づくのでした。
 
 
 

リンゴ病、妊婦は要注意が必要

 
 
どうやら歩実に熱があるみたいなのです。圭太はまれに電話で『これから病院に連れて行く』との連絡を受け、急いで病院に駆けつけるのですが、そこで直美に怒鳴られてしまったのです。
 
『あんた達何をしてるの、子供をほったらかして何がケーキや今だけのことではない、そしてあんたは自分のことばっかし、母親やろ、なして子供最優先に出来ない、子供達はどこや』とまで云われてしまったのです。
 
まれは歩実のそばに、歩実は入院し大事には至らなかった為、無事退院することが出来たのですが、まれの様子がおかしいのです。
 
 
 

南三陸 ホテル観洋

南三陸 ホテル観洋

  • 場所: 宮城県本吉郡南三陸町志津川字黒崎99-17
  • 特色: 南三陸随一の海洋リゾートホテル。三陸海岸唯一の温泉露天風呂。海に映る日の出の美しさはなんと絶景な事。

 
 
 
圭太は『何遍も言うけれどお前のせいではない、俺のせいだ、俺が進めた』というのですが、まれは『うちはお母さんでいよう、怖かった、死んでしまうかと思った、ごめんね』と歩美に泣きながら謝るのでした。
 
家に戻ったまれに藍子は、『少し休めば寝ていないのだろう、少し横になれば』と、しかしまれは『母親失格やね、たった3ヶ月もまたれないとは、子供から目を離して、子供よりケーキを優先してしまって、うちは母親になる資格なかったのかもしれないと、それを聞いた藍子は『そんなふうに思うのならもう店やめれば、こんなに小さな命を預かる怖さ、チョットの失敗でなくしてしまう恐ろしさ、みんな経験している、そういう恐怖と戦っている、そういうことを全部考えて店をやろうと思ってしたのでは、其の程度の覚悟しか無いのなら、お母さんは絶対反対だ』と、話すのでした。 

子供はいつ熱が出るか解りません、私どもも最初に生まれた生後2ヶ月の娘が38度近くに熱が出たことが有りましたが、夜中に病院に連れて行きましたら『乳児は直ぐに熱が上がるけれどそんなに心配することはないです。それよりご両親がしっかりしないと、慌てなくても大丈夫だから昼にまた見せてください。』と云われたことが有りましたね。 
 
 
 
 

夏祭り・秋の盆踊りは騒音問題でここまで変わる

 
 

金縛りは心霊現象?、それは睡眠マヒかも!其れって、病気なの?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第129回8月26日、私がママですよ [結婚・出産]


まれ
 
 
 
 
まれは急に産気づき入院したのですが、は8月10日を迎え、待合室では椅子の周りをぐるぐる回る圭太の姿が、其処に藍子も来てくれたのです。
 
赤ちゃんの鳴き声が聞こえるたびに我が子ではと思うのですが、そしてついに、鳴き声が続いて二人分が聞こえ、『紺谷さん。おめでとうございます』と呼ばれたのでした。
 
ついにまれと圭太の子供が誕生したのです、男の子と女の子で、まれと徹と同じ8月10日なのです。
 
 
廊下に出て一人喜ぶ圭太の姿、病室ではまれと藍子が、藍子は『まれがお母さんになったと思ったら』と言って涙を浮かべるのです。
 
藍子は『これから、この子供達からイッパイ幸せがもらえる、びっくりするほど沢山』、そして子供達に『お父さん、お母さんに思いっきり愛してもらおうね』と声をかけるのです。
 
廊下では子供が生まれると聞いて駆けつけた圭太の父・博之の姿も、素直に喜びを言えない博之『通りかかっただけだ、ついでに見ていくか、ついでに言っておく、お前は今日から父親だ』と父親という言葉の重さを教えるのでした。
 
 

北陸 あわら温泉 まつや千千

北陸 あわら温泉 まつや千千

  • 場所: 福井県あわら市舟津31-24
  • 特色: 源泉大浴場・大露天風呂「千のこぼれ湯」北陸最大級スケール♪日本の宿の贅沢は、お風呂から始まります。

 
 
まれも子供も退院し、子供達の命名式が行われ男の子の名前は匠(たくみ)、女の子の名前は歩実(あゆみ)と名付けられたのでした。
 
一徹から、匠って漆職人ヤラせる気持ち満々だと、弥太郎は六代目だと、しかしまれは自由に生きてほしい、歩実も実のある人生を歩いてほしいと思っているというのです。
 
藍子はまれが生まれた時のことを思い出し涙を流し、『ダメなお父さん、こんな可愛い孫を見逃して』というと、一徹も頷くのでした。
 
 

指定暴力団山口組総本部のゴミから猛毒フッ酸が、作業員が軽症!

 
 
 
其処へ博之と直美がやってきたのです、博之はついでに来たというのですが、圭太はもう其れはいいと、皆其れを聞いて喜び笑うのでした。
 
圭太もまれも、この子たちが一番かわいい、見ていて飽きないなど親ばかぶりを見せるのですが、子育ての戦いは始まったばかりなのです。
 
泣くことが仕事の赤ちゃん、育児は仁義なき戦いのですから、何しろ双子ですから夜も昼も休む暇はないのです。 
 
まれは『置くとなく』と言ってあやすのですが、直美から『もうすぐ置いて行かれるのが嫌だと分かっているのかも、三ヶ月でお店を開くという貴女のせわしなさを感じ取っている』と云われてしまったのです。
 
 

北陸温泉郷 あわら温泉 四季の花咲く宿 ゆ楽

北陸温泉郷 あわら温泉 四季の花咲く宿 ゆ楽

  • 場所: 福井県あわら市舟津2-15
  • 特色: 自家源泉かけ流しのお風呂が自慢!露天風呂付客室は2室限定★貸切露天風呂1時間1,500円★

 
 
 
圭太は組合で子供が生まれたことを祝いられ、酒をつがれてかなり出来上がってしまった状態で帰って来たのです。
 
やっと赤ちゃん二人を寝かしつけたまれなのですが、其処によった勢いで帰って来た圭太、赤ちゃん二人はまた泣き起きてしまったのでした。
 
 
 
子育ては大変ですよね、抱っこして寝たなと思っておろしてみたら目がパチり、おんぶしてもおろしたと思ったら目がパチり、夜中に後退で抱っこしたり、おんぶしたり大変でした。
 
一番よい方法があるのをご存知ですか、赤ちゃんの寝る布団を湯たんぽなどで温めておくこと、抱っこやオンブするときに毛布やタオルケットに包んですること、寝たら包んだまま、温かい布団にいれてやることです。
 
赤ちゃんは温度の変化にすごく敏感なので、変化を極力少なくしてあげると、以外にもずっと寝てくれますね。 
 
 
 

アダルトサイト相談最多、スマホ普及で半数超、其の対策は!

 
 
 

タグ:子育て
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第128回8月25日、お店は産休へ! [結婚・出産]


まれ
 
 
 
 
まれのお腹に双子の赤ちゃんがいることを知った圭太、仕事をしていても一人で含み笑いをしているのです。
 
そんな圭太を、亜美たちは漫画だとか可愛いだとか話すのでした。
 
桶作家でも、春達がみのりのところに来て徹志の顔を見ながらまれのことを話題に、一徹は『いつも斜め前を行っている』と、話すと元治が立ち上がリ何処かに行こうとするのですが、文から止められるのです。
 
一徹が赤ん坊の世話をしている姿を見て圭太の話が話題に、再び立ち上がる元治、文は注意しに行かなくてよと再び止めるのです。
 
文は『まれも一徹も私達の孫ではない、余計な口出しはしないこと』と云うのです。
 
春は一子の事を話題に、『一子はいつもフラフラしている、結婚かていつに成るかわからない』というのです。
 
 


 
その一子がまれ達のいる塗師屋に、金沢の取材の帰りにやってきたと寄ったのです。
 
まれは一子のコラムのことを話すと、一子から『子供おめでとう、そして結婚おめでとう、前にマシェリシュシュでオメデトウといった時には人生拗らせていた、だから一片ちゃんと言っておきたかった、いろいろ有ったけれど、まれと圭太のことはほんとに目出度いと思っていいる。母子手帳を見せてほしい』と話すのでした。
 
まれが母子手帳を取りに行っている時に、『こんにちは赤ちゃん、あなたの鳴き声』と歌いながら圭太が帰って来たのです。
 
一子は圭太に子供が出来たことを祝うと、コラムを見た、やりたいことが見つかって良かったとギゴチなく話すのですが、一子から『怒られた、お前都会に流されとる、昔うちの野心は黒かった、どうしても心から出て行かなくて、それでも今は白い、野心はあるけれど真っ白だ、形も見えている、白いのは心も楽だ、ごめんね黒かった時代に色々振り回してしまった』と、話す二人の会話を、まれは裏で聞いていたのです。
 
一子にまれは、生まれてくる子供のエコー写真と母子手帳を2痛見せるのでした。
 
 

仙台中1自殺・加害生徒による別な男子イジメ被害が継続

 
 
 
まれは、ケーキ店でお腹に気遣いながら仕事を、其処に文も朝市の帰りに寄ってくれたのでした。
 
既に6ヶ月半も過ぎ、かなりお腹も目立ってきたまれ、無理をしないように気をつけながら軌道に乗せようとするまれなのですが、低空飛行のまま産休に入る最終日が来てしまったのです。
 
其処に、まれと同じように、お腹の大きな主婦がやってきてくれたのでした。観光で朝市にやってきたというのですが、まれのケーキを食べて、このケーキだけ本格的じゃないかと、まれはケーキに対する思いをお客に話すのですが、女性客から出産後お店はどうするつもりなのと聞かれたまれ、『産休が明けたたらやるつもりだ』と答えるのですが、女性客は『重なりがちだものね女は、仕事が乗ってくる時期と子どもと』と話すのです。
 
そして『私はまだ決めかねている、仕事をどうするか』と話すのでした。
   
女性客が帰った後まれは、店に産休を伝える張り紙を貼る休店をしたのです。
 
 


 
 
 
2008年8月9日、お腹も大きくなり臨月に、まれはお父さんの執念を感じる、同じ日に生まれさせようとしていると話すと、弥太郎から『名前は決めたか』と、聞かれたのです。
 
圭太は漆っぽい名前が良いと思っていると、まれは特殊な名前は良くない、下手に親の思い載せた子供は苦労する、ひとりよがれのプレゼントは迷惑するだけだと自分の名前が好きなるまでどれだけ紆余曲折が有ったか、と話していると突然『イタ』、そうです陣痛が始まったのです。
 
 
 
今週は展開が早いですね、月曜日に母子手帳をもらってきて、もう臨月、明日は双子の誕生が見られるという、朝ドラならではの最終月の展開。これから押せ押せで経2015年まで持ってくるのかな。(笑) 
 
 
 

アダルトサイト相談最多、スマホ普及で半数超、其の対策は!

 

人食いバクテリア・感染者が過去最多、警戒を促す!

 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第127回8月24日、まれに赤ちゃんができた [結婚・出産]


まれ
 
 
 
まれのケーキ店、プチ・ソルシエールはオープンから1ヶ月半が過ぎ、少しずつでは有りますが、常連客が増えてきたのですが、まだ低空飛行で利益が殆ど出ていない状態なのです。
 
 
2008年の正月を迎えました。 
 
まれと圭太もおせちの準備で忙しく、お雑煮の支度も、結婚して初めて圭太の母直美に食べてもらう為に緊張しているのです。
 
まれは店を明日から始めるというのですが、圭太は『もう少し休んでから、ろくに寝ていないし、食事もきちんと取っていないのに』と云うのですが、まれは『間違えてくる観光客を狙っている。残ったケーキを食べている』と其処に弥太郎が、初詣に行くと行って出かけてしまったのです。
 
まれは支度をしている時に、軽いめまいが、『ケーキの食べ過ぎや』というのですが少し変なのです。
 
 


 
 
桶作家では藍子が、徹の写真を見つめながら、写真に向かって新年の挨拶をしているときに、まレたちがやってきたと、なんと速い事にみのりには赤ちゃんが生まれていたのです。(いつの間にかです・笑)
 
年始の挨拶を済ませたところで、みのりと一徹の子供の名前が『徹志』で父徹の名前を継いだ子なのでした。
 
そんな中、みのりから一子がコラムを書いているというのじゃいめて知るまれなのですが文題が『両方選べばツケが来る!?』、人生は優先順位が有るということを書いてあるらしいのですが、其れを見ながらラ希の様子がまたおかしくなってきたのです。
 
そこに元治たちの毎年の鬼がやってきたのですが、其の最中にまれが倒れてしまったのですから大変なことに、なったおですが、じゃがいもに目がゆき食べ始めると「美味い」と云うのです。
 
 

吉川英治賞作家・冲方丁、妻へのDVで逮捕!

 
 
其れも聞いた一徹やみんなは、『居たなジャガイモばかり食べていたのが』と、みのりから、其れってもしかしたらと、みんなは納得するのでした。
 
ストーブの周りをぐるぐる回る圭太、病院から戻ってきたまれ、まれの口から妊娠していたと、予定は8月、もうじき3ヶ月、双子だと、分かったのです。
 
喜ぶ圭太なのですが、まれは店を始めたばかり、心配するのは借金のことなのです。
 
 


 
 
塗師屋には従業員も含めた新年の挨拶、其の中でまれの子供のことが、やはり皆はまれの店のことを心配するのです。
 
直美は店をまだ続けるのか、と、愛顧も3ヶ月は心配だというのです
 
そんななか直美は、、『絶対反対だ、子供のことを心配してる、取り返しにつかないこのになったらどうするの』、と云われてしまったのです。
 
喜ぶ圭太なのですが、直美に云われたことは言えないのでした。
 
 
 

相模原米軍施設で倉庫爆発、酸素ボンベ等が散乱

 

ハワイの綺麗な海・砂浜、実は大腸菌などの細菌が!

 

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第126回8月22日初めての可愛い常連客 [夢]


まれ
 
 
 
 
まれはもう一度メニューを見直すことに、新しくケーキを作り直し、そして名前もフランス名ではなく能登の名前を入れたものに、値段も下げ、わかりやすくしたのです。
 
そして、まれが思い切り精魂込めて作ったケーキ、『マルジョレーヌ』と云う有名フランスレストランの菓子をアレンジして、作ったものだというのです。
 
一子やみのりなど仲間たちは、すごく美味しいと褒めてくれるのです。 
 
まれは、このマルジョレーヌから火がついて、お店がうまくいきますようにと願いを込めるのでした。 
 
 
 


 
 
店に、先日来て、高いと言って何も買わなかった客が、ケーキ変えたのかといって来店してくれたのです。
 
塗師屋に戻ったったまれに、藍子はマルジョレーヌが売れたのかと聞くのですが、まれは全然みんなのおやつに成る、というのです。
 
まれは、藍子に『お父さんのやってきた気持ちが分かる、夢とは現実的だ、こんな厳しいこと軟便何遍も、実は根性有るのかもしれないね』と話すのです。
 
 
其の頃高志は、圭太から云われた、『そのままで良いのか、笑顔にしてあげなくてえ良いのか」と自問しているのです。
 
まれの店にも少しずつ客が入るようにはなりましたが、一子がまた訪れて客の入りを聞くのです。
 
マルジョレーヌは相変わらず少ししか、それでも焼き菓子をはじめたのは正解だった、と話し、マルジョレーヌはお願いしてる分だけ売れている、と話すのです。
 
 
まれが店の外で試食を進めている所に、オープン時に来てくれた子連れの親子が、通リすがったのです。
 
まれは新商品を試食をお願いし褒めていただくのですが、値段を聞くとやはり高いと云われてしまったのでした。
 
 
 

京大・iPS細胞で難病の筋ジストロフィー病態再現に成功

 
 
 
藍子のもとに高志が姿を見せたのです、高志は貴女に会いに来たと、そして藍子と三つ目いあいなかなか口に出さない高志を見つめていると、高志はいきなり変な顔をするのです。
 
突然に行われた変な顔に藍子は、笑い出してしまったのです。高志は『幸せになって下さい、それだけです』とて去り際にまた変な顔をして帰っていくのでした。
 
藍子は、久しぶりに思い切り笑ってしまったらスッキリしてしまった、とまた思い出し笑いをするのです。
 
まれの店に高志が来たのです、日曜日だけ塗師屋が休みだから夜まで開けていると、高志に『赤字続きだと、商品を変えて少し売れるようにはなったけれど、と言うのは言い訳なのかもしれない。高いから売れないのではなくて、お金を出してでも食べたいというケーキが作れないだけだ』と話すのです。 
 
そして高志は『凄い、歌が沢山の人に愛されている』と、すると高志は『俺は最初一人の人から始めている。歌をたった一人に届けば良いと思って始めた、まれのケーキも一人を待てば良い、誰か一人に届けば始まりに成るのだから』と励ますのです。
 
 
 


 
 
 
圭太はまれに、『届けば良いな、誰か一人に』と、話すのでした。
 
2007年12月20日、いつもの親子連れが来て、『貴方のケーキが忘れられなくなって、来てしまった、マルジョレーヌ4つもらえるか』と、その言葉を聞いたまれの目に思わず涙が溢れてしまったのです。
 
お客からも、どうしたのかと聞かれてしまうほど嬉しかったまれなのです。
 
どうにか始めてのお客様が出来たのですが、売上は価格を下げったためにまだまだ低空飛行なのでした。 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第125回、8月21日つまづきからの復活ケーキ [夢]


まれ
 
 
 
お店のケーキの売上が全く伸びません、ついには売れない日が出てしまったのです。
 
まれの食事は売れん凝ったケーキに、塗師屋の従業員も売れ残ったケーを分ける始末に成ってしまったのです。
 
せっかく横浜から来たあの男、そうです浅井ですが全く役に立っていないのです。 
 
横浜の大悟に相談をして見てたのですが、『知るか、俺の敵だ、教えるか』と云われてしまったのでした。
 
浅井の相変わらずの傍若無人ぶりに、みなは飽きれるばかりなのですがその翻意は何かあるみたいなのです。
 
 
文がまれの店にケーキを買いに来てくれたのですが、一子は名前よくないのでは、浅井も別にフランス語でなくても、というのですが、まれはフランス菓子へのこだわりが強いのです。
 
其処に、みのりが店を心配してきてくれたのですが、みのりは『融資の査定が甘かった、それでも借金の返済はしてね』と文も『塩の代金もな』と、遅れて浅井からもアルバイト代金も、との確認をされてしまったのです。
 
万事休すのまれ、ケーキばかり食べているため胃が凭れて仕事にも影響が、桶作家でもまれの仕事だから何も出来ないと、云うのです。
 
 


 
 
 
誰もが、まれのケーキのことを心配するのですが、どうにも成らないです。
 
店のケーキがは全く売れないために大赤字に、まれは借金抱えてしいそうすると錯乱状態になる寸前まで追い込まれ、一子から、値段を下げてみては、材料を落として価格を下げなければ毎日食べられるものにしなければと。
 
まれは、そのうちわかってくれるというのですが、わかってくれるまでにこの店が潰れてはしかたがないだろうとまで、云われてしまったのです。 
 
見かねた圭太は、まれに『ずっとケーキしか食べていないだろ、おにぎりを作ってきた』とまれに差し出すのです。
 

高槻少女殺害、府警調べで不審車は1台の可能性、逃走経路を捜査中

 
 
 
圭太は『店休むのか』と、まれは『いつもぶつかる、この問題に、作りたいっケーキとお客さんが食べたいケーキ』、圭太は『其の答えを探してみんなもの作っているのではないのか、俺は其れでも作りたいものしか作ら無いけれど』と云うのです。
 
其れを聞いたまれは、圭太に人間国宝か、巨匠かいね、と茶化すのです。ふざけることで、気持ちの整理をつけたまれは、圭太の背中におんぶされながら、値段下げること、商品も変える、気軽にケーキを買って貰えるようにすると、せっかく開いた店潰し訳にはいかない、それでも一つだけ思い切り妥協しないで徹底的に拘ったケーキを一つだけ作るというのです。
 
 


 
 
 
早速店に戻ったまれは、こだわりのケーキを作り其れを完成させるのですが、其れもを見ていた浅井は『良かった、シェフに云われてきた、そろそろ行き詰まっている頃だから行って来い、あいつが腹を括ったら帰って来いと、がんばってくださいね、また此処に来させられるのは嫌ですから』と言って、浅井は横浜に戻るのです。
まれはシェフの心使いと浅井に感謝し礼を述べるのでした。 
 
吹っ切れたまれ、新しいケーキの販売はこれから客を引き戻すことが出来るのか、これからが勝負なのです。
 
 
 
 

米大学、ほぼ完全な人間の脳の培養実験に成功

 

アメリカFDA・『女性バイアグラ』を認可

 

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第124回8月20日ケーキが売れない [夢]


まれ
 
 
 
徹の夢だった、まれのケーキ店『プチ・トゥ・ソルシエール(魔女姫)』が 2007年11月11日大安吉日にオープンするのです。
 
まれはケーキの仕上げをした後に、塗師屋に一旦戻り朝ごはんの支度、そしてまた店に戻り、ケーキを店頭に並べて、いざオープンです。
 
まれの店には村の仲間や家族達が、来てくれたのです。元治は『いい店だ徹も喜んでいる』都、其処に弥太郎も来てくれたのです。
 
弥太郎は、フランス菓子と輪島塗のコラボだと言って、漆器の大皿をおいていくのです。 
 
 
そして、町のお客さんも来てくれて、初日は大盛況に、ケーキも完売し終わることが出来たのです。 
 
高志は圭太から、『どうしたのだ、夏に来たのも何か有ったからなのか、、水臭い』と云われてしまったのです。
 
其処に洋一郎が、高志は『俺はただある人のことが心配でまれに聞きに来た、抱きしめてしまった、逃げた悲しい顔を見たくないだけだ、最初は憧れだった、それでもあの人はいつも悲しげ、で笑顔にしたいと思うようになって、何も出来ないくせに』と二人に話すのです。
 
その様子を見ている市子や魔れ・みのりたちは隆の恋話か、いつの間にか私達から離れていってしまったと、ただ遠くから見て話すのです。
 
 
  
 
マシェリシュシュ仕込みの美しさと地元食材を浸かったケーキは評判に、午後は塗師屋の女将として働き充実した日々を過ごしていたたのです。
 
まれの店は連日繁盛していたのですが、2週間を過ぎた頃からか客足が途切れ、ぱったりと途絶えてしまったのです。
 
 
一子は、物珍しさが失せたというところかと、其処に年配の客二人が、『こんな小さなケーキが480円高い、ブルーベリーなんかもぎたてをそのまま食べたほうが美味しい 』と、云うのです。
 
 

女性の正常卵巣を切除ミス、宮城・大崎市民病院が医療ミス

 
 
一子は、『なるほど、能登の人は舌が肥えてる、素材の味を知っている』都、真人は『それなら観光客に絞ってみては』と、しかしまれは『地元の人にも食べてもらいたい』と、云うのです。
 
其処にオープンの登喜来てくれた子連れの若い主婦が『ケーキは美味しかった、それでも毎日のおやつには贅沢だし、ごめんね』と云うのです。
 
 


 
 
 
新一郎が、『こんな時に徹がいればなにかアイデアが出るのだろうが』と、其処に誰かが来たみたいなのです。
 
誰かって、顔を見せていませんでしたので、解りませんが、多分あの人です、横浜の邪魔な男だと思いますよ、何かと問題を起こすあの人が来たのだと思います。
 
明日になれば分かることなのですが、まれの店で活躍してくれるのではないでしょうか。 
 
 
 

高槻・中1少女殺害事件、男子生徒公開捜査に

目のかゆみ・咳など等・・花粉症の裏に深刻な病気が!

 

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。