So-net無料ブログ作成

まれ・第107回7月31日、圭太と博之のすれ違い [子ども]


まれ
 
 
 
まれは季美から、博之が五代目を継いだのは市長に立候補するためだと、実は季美はまれにこの話をする前に圭太にも話していたのです。
 
この話を聞いた圭太は、博之に詰め寄るのですが、博之は『塗師屋には地元の顔役という面もあるから、塗師屋から市長になるのも不思議ではない』と、云うのです。
 
圭太は『五代目紺谷弥太郎は俺が継ぐ、輪島塗を利用する人間に預けられない』と云うのですが『お前に何が出来る、組合の信用もない、大仕事もいいように出来ない、輪島塗のためにも俺のほうが良い。決めんのは五代目の俺だ』と圭太は『それなら一生に一遍でも尊敬させてくれ』と話すのです。
 
 
まれは、弥太郎に懇願するのですが、弥太郎は隠居の身、肩身が狭い、可愛らい年寄りに成らないと嫌われると突き放すのです。
 
直美は圭太のことで、博之に一生懸命やっているものをというのですが、聞く耳はないのです。
 
藍子は直美の思惑に気づき、此れで圭太博之が仲直りできるのでは期待していたのではと、直美はがっかりだ、益々悪くなるなんて誰が思う、其れよりもがっかりしたのダメ嫁だ、結婚すれば間に入って何とか撮り直してくれるっと思っていたのにまさかの別居とは、辛いわね~、男の子が父親を尊敬できないというのは、と語るのです。
 
まれは圭太に『父親を尊敬したことはないの、役所にに努めていた時に、怒られたけれどけど一本筋が取っていた』と、しかし圭太は『筋だとか規則だけだ、伝統を守るとか愛情だとか熱いものはない、そんな人間絶対尊敬できない』というのです。
 
 


 
 
陶胎漆器を見つめる圭太、翌日漆器組合で、博之が紹介されるが、弥太郎は職人としては素人だけれどもよろしくお願いしますと頭を下げるのです。
 
其処に圭太が、組合長のお願いがあると、陶胎漆器く、輪島の塗師屋とみんなで協力してもらえないかと提案を、陶胎漆器は輪島塗の可能セを広げる、絶対の逃してはダメだ、力不足だからみんなで協力してほしい、新しいデザイン考えてきた、見てほしい、』と懇願するのです。
 
しかし組合長から、『陶胎漆器はそんなに簡単なものではない、輪島全体で取り組んで、其れで失敗でもしたら、輪島塗りのメンツが取り返しのつかないことに成る』。と云われても圭太は『今は失敗を怖がらないで攻めていかなければ駄目だ、メンツ考えている間に輪島塗全体が駄目になる、』と言ってのけたのです。
 
圭太は執恋くらいに、組合長に意見を聞こうと食い下がる姿を見て、周りはなかなかやると見ているのです。
 
圭太の姿を見て、まれも後方支援んや、と言って輪島市役所に向かうのでした。
 
 
 


 
 
 
市役所内で、博之を見つけた時に季美に捕まルのですが、博之は、アンドレと何やら話しをしているのです。 
 
まれは契約解除をするつもりではと急いで乗り込もうとすると季美は慌てて制するのです。そして季美は、あれは芝居だと・・・・!
 
まれは博之に。季美から聞いたことを、五代目継ぐということも市長になるためだということも全部芝居なのではと聞くのです。
 
季美から聞いたこと、わざと圭太を怒らせようとした、五代目継ぐのをみんなに反対されて其れで自信なくしていたから、自分が悪者になって圭太を怒らせてやる気にさせたのでは、アンドレと合っていたこと、陶胎漆器の契約が成立したら輪島市が全面にバックアップするやくそくをしたこと、季美が市長から聞いたと話すのです。
 
博之は、季美の云うことは全部信用するのかと怒るのですが、全部お前の憶測だと突き放すのです。
 
弥太郎は博之にいつ役所をやめるのかと話しかけるのですが、夏頃にはと話しかけながらまれの顔を見るのです。
 
其処に圭太が降りてきて、こんなヤツと一緒に飯は食えない、もうあんたを父親とは思わん、親子の縁切らせてもらうというのです。
 
 
 

岐阜県警・捜査員が容疑者宅に捜査資料忘れる不祥事

 
 
 
一人っ子で苦労なくして育ってきた圭太、今の若い子達そのものでしょうね、思いだけでは認められないということ、自分で道を切り開いてみんなに認めてもらわなければならないのが職人の世界ですから、怒られたことない者はダメみたいです、パティシエと同じ一にも二にも修行ですからね。 
 
 
 

TBSビビットでも、働き盛りの命を奪う胆管がんを紹介!

 
 
  

水疱瘡・予防接種定期化で子供の入院患者減少!

 

タグ:陶胎漆器
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第106回7月30日圭太の代わりに俺が5代目を継ぐ!


まれ
 
 
 
 
弥太郎は、塗師屋を引退し、5代目を圭太に譲ることにしたと、発表したのです。 
 
其れを聞いた義母・直美はまれを塗師屋の女将として恥じないように教育をすると弥太郎に願いでたのでした。 
 
まれの塗師屋の妻として修行が始まったのですが、其の前に藍子と直美の戦いが『一旦娘を嫁に出したら死んだ者と思ってもらわないと困る、結納もなし、結婚式もなし、顔合わせもなし、一度顔見せに来ただけではないか、普通親が意見するものではない』と詰め寄らてしまったのです。
 
まれは直美に『塗師屋の女将になるために戻ってきたわけではない、弥太郎が入院して圭太が倒れてどうにも成らないからとお手伝いに来た、落ち着いたらパティシエに戻る』と云うのですが、聞く耳あらずで『パテシエに戻っても、またこっちで何かある度に戻ってこれるほど、いい加減に勤まる仕事なのパティシエという仕事は、そんな中途半端な了見ではなんにも成らない、腹括って塗師屋の女将になれ。覚悟決めておきなさい』と、藍子と同じように詰め寄られてしまったのです。
 


 
 
ついに始まった女将の修行、まれにとっては初めてのことばかり、戸惑うことばかりです。
 
まれは圭太に義母のことを話すのですが、圭太は『お父さんに俺達のことは口出すなと云われていのが、俺が後を継ぐということで、我慢できなくなったのだろう、気にするな落ち着いたらパティシエに戻れば良い』と云うのです
 
まれは弥太郎の引退に驚いたというのですが、圭太は『脳梗塞で倒れたことが堪えている、まずは陶胎漆器を完成させることが、方向性が見えてきたから蒔絵師の笠井と相談だ』と云うのです。 
 
 
翌日、輪島漆器組合長の遠藤や笠井達が、弥太郎のもとに集まってきたのです。
 
弥太郎に引退して圭太に代を譲るというのはどういう物なのか、圭太が若いというのもあるし、まだ未熟だ、陶胎漆器も思うように行っていない、塗師屋としての仕切りも悪い、まともな注文もできない塗師屋相手に仕事も出来ない、弥太郎さんならまだしもお前が相手ならもう仕事はできないとまで云われてしまったのです。
 


 
 
 
圭太は力不足で心配で仕事ができない、紺谷弥太郎という折角の老舗をダメにしたら、輪島全体の損失だから、とまで云われてしまったのです。
 
まれは、仕方が無い、弥太郎が偉大すぎる、圭太は一生懸命頑張っていると云うのですが、圭太は結果がついてこなければ仕方がないと悔しがるのです。
 
 
圭太の父博之が弥太郎に改まってやって来たのです。『お願いがあって来ました。5代目紺谷弥太郎は俺が継がせてもらいます。事情が変わったお前、輪島中の塗師屋から総スカンくっているんだってな、この業界、周りから認めてもらわなかったら何もできない。俺は中継ぎだ、後何年化してお前が塗師屋にふさわしくなったら身を引く。此れは輪島塗のためだ。漆に技術はないが、輪島塗の在り方について勉強してきた、お前を助けるわけではない、しっかり修行して誰にも文句を言わせないしろ』と云うのです。 
 
弥太郎は其れを聞いて、『わかった、紺谷弥太郎五代目は博之に継がせる』と云うのです。
 
博之は、『陶胎漆器の仕事はキャンセルする。此れ以上粘って失敗でもしたら、うちの看板に傷がつく、成功の望みはあるのか、みんなにそっぽ向かれてる状態で、キャンセルだ』と、決めるのでした。
 
亜美は、『此れでまれさんがパティシエに戻れる、親方が博之で、女将が直美だということでお役御免に成った、良かったですね』。というのです。
 
其処に輪島市役所の裏の市町のアダ名を持つ季美がやって来て、一番の近道だと・・・・・?
 
季美は市長への近道だ、輪島は塗師屋から市長へなるのが多い、だから博之は塗師屋に成ったと、其れを聞いたまれは驚くのでした。
 
 

つんく♂さんが挑戦している『食道発声法』とは、ゲップが出るなら声は出る!

 
 
真偽はともかく、今のままでは塗師屋としての代替は出来ないでしょうね、輪島塗は一つ漆器に最低でも25ほどの工程があり、下に仕事を出して最後に纏めるのが塗師屋だということですから、周りから総スカン食っては何も出来ないということだそうです。
 
技術、経験と知識、そして人柄で集まっている集団で成り立っていると云うことです。認めてもらうまでが大変だということですね 
 
 
 
 

LINE書き込みで中学生に集団暴行、少年4人を逮捕

 

若い女性の中高年男性盗撮・・遊び心では許されない行為です

 
 
 

タグ:陶胎漆器
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第105回今日から塗師屋の女房に、でも姑が怖い [修行]


まれ
 
 
 
 
今日からオープニング歌詞が変わりました、日1番と2番日替わりで流れるそうですが、2番は出演者たちが歌っているとのことです。 
 
 
 
まれは、



今までのパティシエの夢を一時休止して、圭太や家族のいる能登に戻ってきたのです。
 
陶胎漆器に専念する圭太に変わり、食事や洗濯掃除など家事全般、そして弥太郎の世話など大忙しのまれなのです。 
 
弥太郎はまれがパティシエをやめて戻ってきたことを喜ぶのですが、圭太は親方の調子が良くなるまでの間手伝うだけだと説明をするのです。
 
弥太郎は、『フランスへ行って来いと云われていたと聞いたのにフランスへ行かないからやめたのかと思った』と云うのでした。
 
 
藍子はまれたちに意味ありげに『初めてだろう、一緒に暮らすのは』と云うと、ふたりとも落ち着かなくなるのです。
 
まれ達は寝室で洗濯物をたたんだりしてイチャつくのですが、圭太は『後悔していないか、親方の調子が戻ったらすぐにパティシエに戻れ』と云うのです。
 
寝る時になると、まれは寝ながら笑うから先に寝てほしいというのですが、『一徹からも不気味やと言われていた』と云うのです
 
 
””目を開けて寝る人いれば、怒りながら寝る人、泣きながら寝る人もそれぞれですね、アナタは新婚時代はどうでしたか(笑)””
 
 
 
水素水サーバー【ルルド】★日本製水素水生成器★★15,980円分のポイント付★返品保証付★1.2ppmの水素水が長時間持続する国際特許取得製品【送料無料】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弥太郎は一人、紺谷弥太郎代々の箱をを見て何やら考え事をしているのですが、其れは一体・・・・・・! 
 
まれは修理した漆器を持って文の家に、『文はもう里に帰されたのか』と、元治は『塗師屋はどうだ、弥太郎にイジメられていないか』と云うのです
 
文は『これでよかったのは、旦那を応援するのは立派だけれど、人間はわがままになることも必要だ、まれは少し優等生すぎる』というのです。
 
 
元治はまれに、『徹にあって行け、其処にいるから』と、まれは一人落ち込んでいる徹のもとに『徹は、お前も戻ってきたんだ、ゴメンな大事な時何もしてあげられなくて、お前はしっかりしているからな』と力のない声でいうのです。
 
そんな徹にまれは、『お父さんも、自己破産が開けたらもう一遍やり直せば良い』 と云うのですが『自己破産が開けたら俺はもう50だ。ダメだな俺は』と云うのでした。
 
 
 


 
 
 
まれが弥太郎の家に戻ると、藍子が慌てているのです、其の原因は圭太の母・直美が来ているのです。『こんな時間まで独身貴族でフラフラしていてどういうことなの嫁の立場で』、と、そして『この際だから、結婚というものをどう思っているのか、遠距離結婚なんたら、親方が入院しても、夫が倒れても全く連絡してこない、後で聞いた私の気持ちがわかるか ,あんた嫁としての立場どう思っているのか』と叱られてしまったのです。
 
圭太の両親・博之と直美は弥太郎に呼び出され来ているというのですが、弥太郎の思惑とは、『塗師屋を引退する。跡継ぎは圭太、お前が五代目紺谷弥太郎だ、元気なうちに代替わりをしなければ、圭太は若い、けれど俺が倒れたという噂はそこら中に広まっている。ちゃんとした後継者がいるということをきちんと見せて置かなければ周りが不安がる。親方修行させて、此れで大丈夫といえるようになったら正式に代を継がせる』と云うのです。
 
 
 

NHK朝イチ・肩こり、肩に原因がない新しい肩こりとは?

 
 
 
圭太は『未熟者ですがよろしくお願いします』と、兄弟子たちもしっかりやれと言ってくれたのです。
 
父・博之は『思い切りましたね、こんな若造に、俺には関係ないことだけれどお好きにどうぞ』と、直美は「それならば私も手伝います、塗師屋の女将がこんな体たらくでは恥をかく、私が責任をもってきっちりし込む』と云うのです。
 
此れは、嫁と姑の戦いが始まるのかな~!なんかドロドロとした、イジメ・イビリが始まるのかもしれませんね
 
 
塗師屋の女将修行が始まるみたいですが、前途多難ですね(笑) 
 
 
 
 
 

脱ゆとりで、子供達の夏休み短縮が広がる。

 

福岡教育大・授業中に『安保法制反対デモ』の練習!

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第104回7月28日マシェリシュシュにサヨナラ、能登へ! [修行]


まれ
 
 
まれは、一人でマシェリシュシュのショウケースを掃除していると、突然いつもの常連の客がまれに別れを言いに来てくれたのです。
 
客から、レ・キャトル・サンクのこと、買って変えると必ず電話が有ったと、今まで知らなかったシェフの愛情を知るまれなのでした。
 
 
天中殺で、まれの送別会が行われたのです、まれは「翻弄におせなになりました』と言っている時に陶子がやってきたのです。
 
陶子は『止めないでしょうねパティシエは』と確認すると『ハイ、止めません』と答えるまれなのです。
 
みんな大丈夫離れても、地球は小さいと、輪子は未来を占うとしたけれどあなたはどんどん変えていく人だからとと云うのです。
 
 
まれは部屋のドアに張っておいたクローズシールを剥がし、高志の協力に荷物を片付けるのです、そしていつも一緒にいてくれて心強かったと。高志はいつもまれから音楽を貰っていたというのでした。
 
 大輔は本当に帰ってしまうのか、俺だったら千業種夫で付いていちゃうよと言うと、まれは『故郷って生まれた場所ではないんだね、能登も横浜も大事な人に出会えた場所が故郷なのかもしれない』というのです。 
 
 
 


 
 
大輔は「また会おうね、君が来てくれてうちの家族変わったよ、クリスマスだってしたことがなった、ちゃんとお互いの気持ちいい有ったことがなかった、何かほどけてきた、感謝していると思うよおふくろも、美南も、おやじもと云うのです。
 
まれ『はシェフは最後裏切ってしまったから』というと『あんな風にしか気持ち表せないんだよね、でもあの人が一番まれのことを思っているよ、怒っているのではなく泣きたいんだよ』と云うのでした。
 
まれは大輔からの言葉を聞き、最後に今まで教わった言葉を噛み締めながら、横浜ロールケーキを作り、大悟に試食してもらうのでした。
 
 


 
 
マシェリシュシュの大悟のもとに行くのですが、大悟の姿が見当たらないのです、泣き崩れるまれがしゃがみ込むと、、なんとテーブルの下に大悟の姿、大悟はまれに合わす顔がなかったみたいで隠れていたのです。(笑)
 
まれは「絶対にもう一度パテシエになります』と、最後のロールケーキを大悟は頷きながら試食するのですが、口から出た言葉は『まずい』 ですが・・・・・・!
 
大悟はまれに使っていたナイフを『持って行け、お前が持っていろ、いつかこでれ世界一のケーキを作れ、俺が食いに行ってやる』と云うのでした。
 
まれは其れを聞いて『ありがとうございました』と深く頭を下げるのでした。
 
 

チャラ~ン!林家こん平さん奇跡的回復へ、8月22日落語を披露予定

 
 
 
まれがいなくなった厨房に一人いる大悟、其処に大輔が『久しぶりにおやじのケーキが食べたい』と『お前に分かるのか俺様のケーキが』と云うのですが大輔『作ってくれますか』と甘えるように云うのです。
 
まれは第二のふるさと横浜を後にして、家族が待っているのとに帰るのでした。 
 
 
 明日から、能登編です、塗師屋の妻としてやっていけるのか、やっとけいたとのせいかつがはじまるのです。
 
 
 
 
 

世界の人身売買の送り先№2は日本、アメリカが評価

 

脱ゆとりで、子供達の夏休み短縮が広がる。

 

 
 
 

タグ:送別会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第103回7月27日大悟、心の本音は言えない! [修行]


まれ
 
 
まれは、マ・シェリシュシュで入店からの出来事や教わったことへの思いを込めて、オリジナ成のロールケーキを作ったのですが、試食した大悟は『まずい、これでは辞めるのはゆるさん、フランスへ行って来い』と云うのです
 
まれは、送り出すための試験ではないのかと云うのですが、『まずかったから不合格、不味いったら不味いんだ』 と云われてしまったのです。
 
幾度と無く作り続けるまれなのですが、『不味い』としか云わない大悟、どこが不味いのか何が行けないのか理由がが語られていないのですから、まれは困惑をしているのです。
 
美南は「もう辞めちゃいなよ、圭太さん大変のだから』と云うのですが、まれは・・・・・・・・・!
 
大悟は一人厨房で仕事をしているのですが、思うようには行かなみたいなのです、其処に大輔が『調子悪そうだね、気持よく辞めさせてやれば、人生の優先順位は人それぞれだ、誰も仕事第一というわけではない,そんなに許せない期待に答えない人間が、何を言っても無駄か、どうせ俺なんて透明人間だ、優先順位が違いすぎて』と言って出てしまったのです。
 
大悟は、大輔から云われた言葉になにか思いが有るようなのです。
 
 
 


 
 
 
まれは藍子に、まだ許されていないことを、藍子は『圭太が陶胎漆器のデザインで苦しんでいる、親方には迷惑を掛けられないと言って、背負い込んでいる、弥太郎もリハビリがつらそうだ、みんなが手伝っているけれど、仕事も大変だから』と云うのです。
 
 
まれは徹のことが心配で聞くと、『元気そうにしているけれど、やっぱしまだ魂が抜けている』と云うのです。
 
 
まれが藍子との電話で沈んでいる所に、一子が戻ってやってきたのです。
 
一子はもう一度やってみることにした、それでフリーライターをやってみることにした。ワンコのブログをやっていて、ケーキには興味がなかったけれど、書くことは楽しかった。其れで出版社に掛けあって試しに書かせてもらうことに成ったというのです。
 
 
まれはまだ辞めさせてもらえないでいると云うのですが、一子は『それは仕方がない、押しかけて弟子にさせてくださいと言って、やっともになりそうだと思ったら、旦那の事で休ませて下さい、だれだって怒る、意地悪で言ってるわけではない、だれだって怒ることだから頑張って元気出せと言っているんだ』と、励ますのです。
 
 


 
 
 
まれは大悟に、『送り出そてもらおうなんて虫がよすぎました、勝手なことを言ってすみませんでした。』というと、大悟はそんなことはどうでも良い、不味いからまずいと言っているだけだ、もう作らなくていい、お前は首だ、あんな不味いものしか作れないパティシエはいらん、さっさと出て行け』ろ云うのでした。
 
まれが今までの礼を言おうとするのですが、大悟はそれさえも言わせないで冷たくあしらうのでした。
 
輪子は『何を食べてもまずいよね、大事な弟子失うのだから、言えばいいのに、お前にはすごく期待していたんだ、可愛くて仕方ないんだ、まれにも大輔にも気持ちを素直に伝えたこと有る、大輔の生き方だって認めいてるでしょ、あれはあれで大したものだって、まれとはこれからもずっと一緒にやっていきた、将来この店を継いで貰いたいと思っていたんでしょ』と云うのです。
 
 

熱中症をなった時にはどうすればよいの?経口補水液をつくろう!

 
 
まれは大悟の本当の気持ちも知らずに、一人部屋で云われた言葉に呆然としてるのでした。
 
 
まるで子供ガ駄々をこねているような、または不器用な男というか、まれは、これでマシェリシュシュを出て行ってしまうのか、どうなるのでしょう? 
 
 
 
 

パタハラを防げ、男性の育児参加に嫌がらせ!

 
 

介護保険、8月から負担が2割アップに!

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第102回7月25日、能登に帰ります、卒業ロールケーキを作れ [修行]


 
 まれ
 
 
まれは、圭太のいる能登に帰る決意をして横浜へと戻ってきたのです。
 
マシェリシュシュに戻ったまれは、店に入ると美南から、お父さんが超不機嫌だった、今日本当に帰ってくるんだろうなと朝から煩くて煩くてと云うのです。
 
厨房に入るまれに大悟は『いつ帰ってきた、フランスへいつ行くのか決めたのか』と聞くのですが、まれは心に決めたことを『能登に戻ろうと思っています。主人の塗師屋を手伝いのです。いつ戻れるか分からないのでご迷惑を・・・・、ですからお店を辞めさせて頂けませんか、勝手を言って申し訳ありません』と頭を下げるのです。
 
大悟は『止めるのかパティシエ』と、まれは『一旦休むだけです。向こうの状況が良くなればまた修行に戻るつもりです』と云うのですが・・・・・!
 
 

十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭

十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭

  • 場所: 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖休平35
  • 特色: 十和田湖で唯一、いろり炉端炭火焼き料理(炉端料理)が楽しめる宿

 
 
 
『そんな甘い世界ではない、フランスで勉強してこいといった感性は若いうちでしか身につかない、向こうでは15・16歳で現場に来る、暫く休むというのは、パティシエ人生を棒に振るということだ。其の程度のものか。いつか自分のケーキを見つけると言っていたが、見つかったのか、世界地のパティシエになると言っていたなあれは嘘か、それだけの覚悟を持ってきたといったがあれも嘘か、ケーキで人を笑顔にしたいといったなあれも嘘か。オリジナルで菓子を作ってみろ、うまかったら辞めさせてやる、俺は嘘をつかん、ロールケーキを作れ。其れまで閉店だ』と云うのでした。
 
 
まれは天中殺で、マシェルシュシュを辞め能登に帰るることを、藍子は『後悔しないの』と、まれは「よく考えて決めたことだから」と返事をするのです。
 
美南や輪子は『大悟の試験なんて別に受けなくて良い』と云うのですが、まれは『受けるよ試験、ロールケーキはだいごとの出会いのケーキだから、高校の時金沢に行って怒られたことがあるけれど、本当はロールケーキコンテストに出ていた、其の時に審査員が大悟だった』と、その時の様子を話すのです。
 
そして、まれは『最後はほんとうに旨いロールケーキを作るわ』と云うのでした。
 
大悟は徹に『お前の娘、此処をやめて能登に帰ると言っている、お前のせいだからな、お前、此処で言ったな。父親は娘を守ってやる義務があると、そう思うならなんで漆職人との結婚を許した。案の定このザマだ。娘の夢を叶えさせたいのなら結婚なんかさせるな』と八つ当たりをするのです。
 
 

東北温泉

東北温泉

  • 場所: 青森県上北郡東北町上笹橋21-18
  • 特色: 日本一黒い湯、植物性モール温泉美人の湯。

 
 
 
徹は、『「3年か掛けて作った大事な会社を失って、夢も希望も失ったかわいそうな男なんだぞ』と云うのです。大悟は『責任ンをとれ』と云うのですが「徹はそれが出来た苦労しない』と叫ぶのです。
 
藍子のいる部屋にに戻った徹は、『何かもうどうでもよくなって来たな、帰るか能登。此処にいても同しようもないしな』、『帰ろ・帰ろと涙するのでした。
 
藍子と徹とまれ3人で横浜の海の見える公園に、藍子は「また戻ってこれるよね』、『そうだよな』とつぶやくのですが、損二人の間にまれが右手を差し出すのです。
 
藍子は差し出された右手に自分の右手重ね、徹も元気なく右手を重ねルのです、まれは「フンバルぞ」と掛け声をかけ、3人で誓うのでした。
 
これで徹の約束の3年は終わり、藍子と二人で能登に帰っていったのです。
 
 
 

NHK朝ドラ・まれのOP曲2番の歌詞が決定

 
 
 
 
まれは、大悟の思いに応えるために、卒業ロールケーキを作っているのです、横浜について此処マシェリシュシュでの今までの修行の思いを乗せて、ロールケーキを作り上げたのです。
 
出来上がったロールケーキ、まれは『今までシェフに教わったことを全ていれて作った、横浜ロールケーキです』と試食を願うのです。
 
まれの作ったロールケーキを見て大悟は、試食をするのですが、『不味い、これではとても卒業させらない』と云うのでした。
 
一体何が行けないのでしょうか?多分ですがオリジナリティがないのでは、大悟の真似ではなく、まれ自身の味を求めているだと思います。
 
詳しいことは来週になれば分かりますので、評論家はヤメますね(笑い) 
 
 
 

SMAP中居さんも『喉に腫瘍』が、鼻詰まり鼻血にも要注意

 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第101回、7月24日圭太の仕事を手伝いたい。パティシエはしばらくお休み! [愛]

 

まれ

 

まれは、圭太のために、ディニテのアートディレクター、アンドレにフランスと日本の架け橋となるパリ・ブレストを作りもてなすのでした。

アンドレは、漆器とケーキとの融合に見とれ、『実に美しい』と『輪島塗の皿とフランス菓子が見事にマッチしています。どちらか一方が主張するのではなく、互いに譲り合っている、和食とフランス菓子がこんなにアウトは思いませんでした』と感心するのです。

其れを聞いた圭太は、『話を聞いてほしい、もう一度話を聞いてほしい、』というと、アンドレから『この菓子を作ってくれた彼女に免じて話を聞きましょう』と言ってくれたのでした。。

圭太は、『紺谷弥太郎が陶胎漆器を提案したのは、輪島塗を海外に知ってもらいたいという強い思いからだと思っていたが、違うかもしれないと思っている。輪島塗とのコラボの意味をちゃんと理解していなかった。磁器は複雑な形にできるし木よりももっと自由です。それでも、少し冷たい、此処に漆を塗ることで、温かみと漆独特の光沢が出る漆だけではなく磁器だけでもなく、両方が引き立てあうことで、器として新しい可能性が、新しい世界が広がると親方は思ったのではないかと、もう一度やらしてほしい』と、懇願するのです。

アンドレ達の後ろには、文と一緒に病院を出てきた弥太郎の姿が有ったのでした。

 



 

 

アンドレは圭太の話を聞き、『ほんとうに美味しい、私達の共同作業もこのお菓子のように素晴らしいものなることを願っています』と言ってくれたのです。

アンド俺は圭太の手を取り約束を、そしてまれの手を取り、『良かったら一度フランスに来ませんか』と誘うでのした。

慶太が陶胎漆器の図案づくりをしている姿を見て、まれはパティシエを続けるべきか、フランスへ言っても良いのか、家族として支えるためにはどうしたら良いのか悩むのでした。

横浜では、まれが居ないことで、大悟が荒れているのです、浅井や弥生に八つ当たりを。『このまま帰ってこないのではと心配しているのです。

 

 

 

能登でもまれに対して、安心して横浜に帰れるようにと弥太郎から支持が出ているようで、わざとらしく邪魔扱いをするのです。

弥太郎も、亜美も早く横浜に帰ってほしいと云うのですが、本心のフランスへ行かせたいという思いから立と言うことをまれは知ってしまったのです。

一人でリハビリをする弥太郎の姿を見て、、計高rもあもう横浜にもどれと云われるのですがまれは『今日のバスで帰る、そしてこっちに引っ越してくる、能登に戻る、パティシエはしばらくお休み、フランスは今は行かない。しばらく塗師屋の仕事を手伝う、弥太郎のリハビリもあるし、職人さんにシワ寄せが行く』というのです。 

 

母乳信仰はWHOが原因、途上国向けのガイドラインに!

 

 

圭太は『何とかする、お前に頼らずに、お前の夢は俺が守ると決めている。ケーキは、夢アレルギーだったお前のやっと掴んだ夢だ、今此処で遠回りしてほしくない』とそれでもまれは「ありがとう、うちはここに来てなんにも知らないでよいのか、圭太が今何が大変で何に苦しんでいたのか、私の夢のために一人で頑張っていたことを何も知らなかった。ごめんね、結婚の時の約束守りたいお互いに支えられないのは嫌だ。落ちいたらダメだと言ってもパティシエに戻る、それからでもフランスへは行けるまだ23歳だから、今は圭太を支えたい』と云うのでした。 

そんなまれを圭太は抱きし『俺、頑張るから』と云うのでした

横浜に戻ったまれ、マ・シェリシュシュの前で心を決めるのでした。 

まれの夢が一時中断することになってしまうのか、大悟のまれに対するフランスへ夢はどうなるのでしょうね。 

 

栃木・保育中の女児放置死亡で施設経営者らを逮捕!

 

英国・人口眼で視力回復、加齢黄斑変性の80歳男性!

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第100回7月23日徹の会社の倒産、ケーキで接待 [愛]


まれ
 
 
 
弥太郎が入院し、圭太が陶胎漆器完成に頑張って来たことを知ったまれは、塗師屋を手伝うことに、其の合間を縫ってフランス行きを迷いながらフランス語の勉強をするのです。
 
フランス語の勉強をしている所に、文が弥太郎の洗濯物を持ってやってきたのです。文はまれ『フランス行き迷っているのか、そんな顔になっている」と云うのです。
 
まれは、まさかこんな風になっているとは云うのですが、こんなことも覚悟して遠距離結婚したんだろと、云われてしまったのです。 
 
そして『藍子から、今日ついに徹の会社、引き上げることにした』と連絡が会ったというのです。
 
 
横浜では徹の会社の清算に、藍子と徹が立ちあって居るのですが、自分の会社がなくなっていく所を目のあたりにして徹は『俺の会社持って行かないでくれ、やっと創った俺の会社なんだから持って行かないでくれ』と叫ぶのでした。
 
清算が終わり、、部屋に戻った徹と藍子、まれからの電話に徹は『まれ、人間夢なんて見るもんじゃないよな~』と気落ちして言うのです。
 
心配するまれに『藍子は『今だけの気持ちなんだと思うよ』と、まれは徹の口からそんな言葉が出るとは思っていなかったのです。
 
そんなまれに藍子は、フランス行きのことを心配するのでした。
 
 


 
 
 
藍子は高志と部屋探しをする予定だったのですが、高志に『ごめん出来なくなった、家探し』と謝るのでした。
 
藍子は高志に徹との出会いを、そして『横浜って特別の街なの、もう一回家族で此処で暮らせると思っていたけれど、間違っていたのかな、3年前の私』と云うのです。
 
高志はそんな藍子に『まれが悩んでいた時藍子さんに云われたって、間違っていたらやり直せば良いって、お母さんいつもついてるからと言われたと、そんなふうに言える藍子さんは素敵やと思った。藍子さんもやり直せば良い、絶対大丈夫だから』と、其れを聞いて藍子は、空を見上げながらなくのでした。 
 
 


 
 
 
まれは掃除をしながらフランス語の勉強を、其処に圭太のフランスの取引先から電話が、契約をなかったコトにしたいと言ってきたようなのです。
 
まれは其れを聞いて、ケーキを焼き始めるのです。
 
フランスの取引先ディニテのアートディレクター・アンドレから『塗師屋の老舗である紺谷弥太郎さんとなら仕事をさせて頂くつもりで来た、貴方ではお任せすることは出来ません。今回の話はなかったことにしていただきます。』
 
アンドレ達が帰ろうとする所に、まれがフランス語で『待ってください、必ずやり遂げます』と云うのです。
 
 
 

先生からの性被害・スクールセクハラが深刻化

 
 
 
まれは、直接思いを伝えたいと思ってこの言葉だけを練習したと、そしてまれは自分が作ったケーキ『パリ・ブレスト』を薦め、『フランスと日本の出会いを記念して作ってみました』と云うのでした。 
 
アンドレは漆器に守られたパリ・ブレストを見つめるのでした。
 
フランス菓子で育っているアンドレにまれのケーキは通じるのか、そして稀の思いがアンドレに伝わるのか、明日が楽しみですね。  
 
 
 

臓器売買・報酬200万円でホームレス誘う!

iPS由来細胞、急性腎不全に効果が、マウスで確認

 

 
 
 

タグ:倒産
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第99回7月22日圭太が倒れた、弥太郎までも [男意気]


まれ
 



 
 
徹の会社は、安西が逮捕されたために倒産の危機に陥ってしまったのです。まれのフランスへの修行などのことも有り圭太に連絡を取るのですが、其処に圭太の電話から連絡が電話は亜美から『希さん買ってこれないですか、圭太が倒れたのです』
 
まれは圭太が倒れたということを亜美から聞き、急いで圭太のもとに、圭太は急に倒れ、過労から肺炎を起こしかけていると、まれは『どうしてコンナニなるまで』と言うと亜美から『聞いていないのですか、親方が脳梗塞で倒れたニュイんしている、命には別状ないというが絶対安静だ』と云うのです。
 
やっと気がついた圭太『連絡するなといったのに』とまれは『どうして黙っていた』と圭太は『言ったらこうして飛んでくるから』と、まれは「それは飛んでくる、家族なんだから』と返すのです。
 
まれは圭太を床から起こしお粥を手渡すのですが、『こういうと金は食べさせてくれるのではないか』と甘える圭太なのです。
 
まれは「失礼視します」と圭太にお粥を食べさせるのですが、よほど疲れていたのか圭太はそのまままれに寄り掛かり寝てしまったのです。
 
 
今だけ\送料無料/ボタニカル シャンプー490ml/ボタニカル トリートメント490gボタニカル シャンプー トリートメント ボタニストオーガニック ヘアケア ノンシリコンリンス コンディショナー ノンシリコン シャンプー 02P04Jul15
 
 
 
 
 
 
 
まれは弥太郎が入院している病室を尋ねると、弥太郎は一人で点滴を外し、病院から抜けだそうとしていたのです。いわゆる脱走です。
 
まれが弥太郎のことを制していると、其処に文が「また脱走しようとしているのか、子供か』と、まれは文に知っていたのかと聞くと、圭太に口止めをされていたと言われてしまったのです。
 
 
横浜では、徹は金融機関を回るのですが融資が受けられず途方に、其処に一徹から電話が「サラ金から手を出そうとしていないよね、2000万円くらいなら貸せるから」というのです。
 
徹は「大丈夫だ、心配するな。お前は自分の家族を守ってくれ、子供には迷惑かけたくないんだよ」というのです。
 
 
まれが圭太の所に戻ると、圭太は蒔絵師・葛西ともめているのです。、圭太は客との間に入り中を取り持とうとしているのですが、葛西から注文出す塗師屋が何をやりたいのか分からないもの、俺が分かるか、もうお前が自分でかけ、俺は知らん、やっぱしお前じゃ無理なんではないか』と云われて帰られて志摩たのです。
 
途方に暮れる圭太、其れを見ていたまれなのですが「どうしたの』と聞くと、「もう横浜帰っていいぞ、悪かったな忙しいのに」と。「帰れあのシェフはお前が居ないとダメだろう」と、云うのです
 
まれは「そんなことないよ、フランスへ行かせてくれようとしていくくらいだから、シェフにフランスで修行しないかと云われている」と圭太に話すと、圭太は『はよ言わんかいね、そんな大事なこと』と言って怒るのですが『私だってお父さんのことで迷っているし』と云うのでした。
 
圭太は『お父さんのこと?』、まれは「会社潰れそうなん、借金5000万円も』と話すと『お前は何も話さないな』と云われてしまうのですが、『何時云うの、電話も出ないし、過労で倒れているし』と返すのです。
 
圭太は『とにかく帰れ』と云うのですが「帰れない』、『帰れ』の問答がそして立ち上がった圭太なのですが、完全ではない圭太ふらついてしまったのです。
 
 


 
 
徹は決心を決め、藍子に自己破産することに決めたと云うのです。『5000万円の融資が受けられなかった、自己破産して一から出直すワ』と云うのでした。
 
 
圭太は『ごめん、今少し余裕が無い、今仕事してるのもフランスだ、フランスメーカーとコラボしようとしている』と話すのです
 
圭太は『磁器出来た洋食器に漆を塗る『陶胎漆器』奈良時代にまで行われていた技法だ、、輪島塗を海外に広げるために一番の障害は感想だ、湿度が低いために割れてしまう、磁器なら感想にも強いし、海外ににも輪島塗を知ってもらえる』というのです。
 
まれは喜ぶのですが『キャンセルされそうになっている、俺のせいで、磁器に漆を塗る技術は失われてるのを親方は復元した、後はサンプルを作るだけだというのに』 と蒔絵師にデザインを書き上げてもらっているが向こうに気に入られていないのというのです。
 
 

クローン病や潰瘍性大腸炎の発症を防ぐ腸内物質を神戸大が確認!

 
 
 
まれは弥太郎に相談して見ればというのですが、圭太は『親方には此れ以上無理はせられない。元気そうにしているるけれどだいぶ辛いはずだ。無理したら再発してしまうかも』というのです。
 
圭太は『陶胎漆器は、親方の悲願だ、絶対に俺が何とかしないとダメなんだ、親方が一番悔しい思いをしているから、其れにまれのフランス行きの話を聞いたらやる気が出てきた、思いっきり勉強してこい』 と云うのです。
 
徹のこと、徹は会社を倒産させ自己破産を決めました。圭太の仕事一緒に居られない複雑な気持ちのまれ、さてどうするのでしょう。 
 
 
 
 

夏休み、少女たちが危ない『AVへの強制出演』も!

覚せい剤を押収、覚せい剤取締法違反で山口組系暴力団組員を逮捕

 

 
 
 

タグ:倒産 輪島塗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

まれ・第98回7月21日徹と安西の関係が明らかに、そして圭太が倒れてしまった。 [愛]


まれ
 


 
まれは大悟から、『フランスへ修行に行け、センスを磨いてこい』と云われて喜んでいた矢先に、あの輪島で問題を起こした安西が逮捕されたと、TVで放映されたのです。
 
まれと藍子は輪子たちに安西が能登で行ったことを説明するのですが、徹の様子がお可怪しいのです、落ち着きが無いのと顔色が悪いのです。
 
安西は、粉飾決算で逮捕されたと云うのです。会社の成績を実際より良くするというやり方だと聞いた藍子は『インチキだったわけだ、相変わらずせっこい男だ』と。 
 
 
やがて徹の携帯電話が鳴り始め、何やら慌てふためき始めた徹、まれも藍子も安西との関係を不安に思い問いただすと、徹の会社の保証人が安西の会社だと云うのです。
 
安西が代表を務める会社が保証人ということは、安西が逮捕されたために、金融機関から投資金の回収が始まるということで、負債金は5000万円に登ることに、徹は返す当はあるのでしょうか?。
 
藍子は『詐欺師の安西を信用して、お金を借りていたのか、3年掛けて育てた夢をあんな男の力を借りて、圭太のことを裏切って輪島塗を安売りするような男を信じていたのか』と、徹は安西が粉飾決算しているとは思わなかったと云うのですが、借入金額を聞いた藍子は倒れてしまったのです。 
 
徹は、『お父さんのことは気にしないでフランスへ行け』、と云うのですが、圭太にも連絡がつかないまれ、圭太もどうしてしまったのか?
 
 
即納≪公式≫楽天1位 酵素 ダイエット サプリ 【 生酵素 】[単品] ソフトカプセル 60粒 222種 の 野菜 の 酵素粒 で健康・キレイに!テレビで話題の酵素が手軽に摂れる!!3個以上購入で 送料無料≪正規品・本物 販売店 からだのレシピシリーズ≫
 
 
 
 
 
 
 
 
能登でも、一徹を始めまれのフランス行きが決まりそうだという時に、徹と安西の件が起きてしまったことで、一徹は徹の会社のことをもっと調べておけば良かったと悔やむのです。 
 
 
藍子はとまれは『久々の爆弾だ、お父さんは』、『お父さんも被害者だ、3年間も頑張ってきたのに、お父さんの言う通りまれは気にしないで、フランスのことを考えなさい、後はお父さんとお母さんで何とかする』 と話すのです。
 
 
大悟から『パスポートは取ったのか、親父の会社とお前は関係ないだろう、行かないのら断る、向こうの都合もある』と云われてしまったのです。
 
大悟の気持ちも判るまれなのですが、圭太に連絡をしても留守電になり連絡がつかないのです。
 
能登では圭太が電話にでることもなく、なにか迫るような思いでデッサンを考えているようなのですが、・・・・・・・!
 
 
 


 
 
マシェリシュシュに大輔がケーキを買いに来たのです。
 
大輔はおふくろに頼まれてきたというのですが、実際は『フランス行きを止めようと思っているのか、俺は行ったほうが良いと思う。お父さんのことは俺に任せてくれればよい、自己破産手続きは得意だから』と意気消沈したまれに『別問題でしょ、倒産とフランス行きは、まれが居ても何も出来ない、嫌じゃないのかな、自分のせいで娘がフランスへ行けないんだよ、親なら子供の邪魔だけはしたくないと思う』と云うのでした。
 
輪子は、そんな大輔に喜ぶとともに『大悟が喜ぶ、凄く行かせたいと思っているフランス、大悟変わったと思わない、まれが来てから店を閉めなくなった。イキイキしている』と云うのです。
 
 
 

『性同一性障害』専門医認定制度創設で、保険適用にも道が!

 
 
 
大悟は新作のケーキをみんなに試食させるのですが、まれの味覚に対して対抗しているのです。
 
そんな大悟に『パティシエとして完成したと思っていたのに相手がいればどんどん変わっていく』と、其れを聞いた大輔は『良かったんじゃないの息子に期待できない分そういう相手に出会えて』と云うのでした。
 
まれはフランスへの思いがある中、圭太が賛成してくれるのならフランスへ行ってみたいというのです。
 
其処へ圭太から電話が、でも電話口の相手は亜美からなのです。『希さん帰ってきてもらえないですか、圭太が倒れてしまったのです』
 
いったい圭太はどうしてしまったのでしょう、未だ帰ってこない徹、倒れてしまった圭太、まれのフランス行きには試練が有るみたいですね。 
 
 
 

美しくなりたい願い・美容整形『結果に不満』が66%にも!

 

八戸水産高、教職員が職員暴行・事実を認める

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。