So-net無料ブログ作成

あさが来た・第47回11月20日 [清貧]

スポンサードリンク









あさが来た
 
 
 
 
あさの居る加野屋にりえが、京都を発つ東京へ行く前に立ち寄ったというのです。
 
りえは、よねに『嫁いで10年立つというのに至らない嫁で』と、通り一遍の挨拶をするのです。
 
よねは、月の半分は九州に行っている、教えたくても教えられない。と言われてしまったのでした。
 
りえはあさに『そんなに家を開けていて、ホンマやったら離縁されてもおかしくない』と、東京へ行く最後の最後まで心配させてとあさは弁解するのですが、りえは、あさが小さい時にオナゴは何もしらんで良いといったことをはなしするのです。 
 
 
 


 
 
りえはオナゴは何もしなくて良いといったことを後悔していると、あさは商いにさっかしてこうしているが初花にも言えなかったことは全て渡しが悪いというのです。
 
あさは、『私は間違っていると思う、殿方は遺影にルオナごはんが好きなのでは』と言うと、りえは急に笑い出すのです。
 
りえはそんなあさに『自信を持ちなさい。これからのオナゴはあなたみたいに行きたほうが良いのかもしれない、胸を張って堂々と、しかしあなたの場合はやり過ぎかも、オナゴのしなやかさを忘れていけません』と釘を差すのです。
 
そして、これを貴女からはつに渡してほしい、和歌山にある土地の証文や、此処は長いこと誰も使っていない。今井が東京へ行ったら尚更や、はつの新しい人生に使ってほしい、お父はんからの最後の贈り物だ』と言って手渡すのです。
 
りえはうめにあさをよろしく頼むと言いながら別れの挨拶をしてる所に、進次郎が戻ってきたのですが、進次郎はあさが働いていくれているのは自分のせいだというのです。
 
 
 
 

【抗てんかん薬】妊婦服用で子に悪影響の可能性が

 
 
 
その時はつが漬物を持ってやってきたのです、あさはそんなはつに証文を渡すのですが、はつは受け取れないと『山王寺屋は意地でも今井家から施しを受ける訳にはいかない。持って帰っておくなはれ』と云って証文を返すのです。
 
それを聞いたあさは、いきなり『バンクや、議員校や、お父さんが作る銀行は、志のある人を応援する人を応援するためにお金を貸してくれる所、お姉ちゃんと惣兵衛さんはお子達も増えて精一杯仕事を頑張っている。その志の有るお姉ちゃんを信用して応援して助けてくれるそれが銀行云うものなんです。そやさかいこれはもらうのではなく貸してもらう、貸してもらった分信用に答えて頑張って何倍にして返せばよい。』と云うのです。
 
 
 


 
 
 
それでもはつは断ろうとするのですが、りえは『そうしなさい。貴方も言っていたでしょう、青物にはには不思議な力が有ると、あんたらはまだ若い、これからもいくらでも地に足つけて新しい人生作ることが出来る。あんたら親子がどう生きる髪届きたい。お願いはつ、最後のお願いです』とはつは改めて『遠慮無くお借りします』と言って証文を受け取るのでした。
 
そして数カ月後、あさは正吉に相談したいことがあると、正吉もまた、『そろそろ来る頃かと思っていました』というとそれを聞いたあさは驚くのでした。 
 
  
 

⇒ 野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】の詳細はコチラ

 

フリースクールの義務教育、18年にも新制度がスタートか。

 

児相から0歳児引き戻し、1ヶ月後に死亡。父親を傷害致死で逮捕

 




スポンサードリンク


Suponcer Siraha    いま、北陸がおもしろい!









タグ:新しい商い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。