So-net無料ブログ作成

あさが来た・第46回11月19日 [子ども]

スポンサードリンク









あさが来た
 
 
あさが1ヶ月半くも離れていた加野屋に、やっと帰ってきたのです。
 
加野屋の店先には、見慣れない看板が、其処には【加野炭鉱】と書かれた板が下がっているのを染み染みと見るあさんのです。
 
 
正吉は『よく出来ているだろう』とそして、番頭たちが外に出てきて、亀介が自分が書いたと、『新しい加野屋の始まりです」と云うのでした。
 
あさは、『何か不思議だすな、この街が濃い絵が故郷に思える』と、そして店の中に入るあさたちなのですが雁助は加野炭鉱の看板を見て訝しげるのです。
 
あさを迎える女中たち、しかしふゆの様子に変化が怒っているようなのです。
 
 
 


 
 
 
あさは、加野屋の炭鉱部門を引き受けたのです。この頃に東京横浜感の鉄道が開始され、国内では石炭の需要がどんどん高まり、炭鉱部門の責任者として、九州と大阪を行ったり来たりするようになったのです。
 
あさは、『九州の支配人の宮部から、あさが居る時といない時では、石炭の取れ高が違う、ということで時々様子を見に行かなければならない。一緒に来ませんか』と誘うのですが、あっさりと『行きません』と断られてしまったのでした。
 
 
その様子をふすまの裏でふゆが聞いていたのですが『進次郎様、可哀想に』と、そして旦那様から進次郎様にと呼び方も変わっていたのです。
 
進次郎は藍之助の所におもちゃを持って遊びに行くと、惣兵衛から『また来たのか、そんなにの子供が好きならば作れば良い』と云うのですが、はつは『余計なことを言ってはいけません』』と窘めるのです。
 
 

埼玉特養・身体拘束で法令違反の有無調査

 
 
 
 
 
しかし惣兵衛は、愛之助が進次郎をお父ちゃんと呼ぶことに腹を立てているのです。
 
惣兵衛は藍之助を連れて離れてしまったのですが、進次郎はそんな惣兵衛を見て変われたものだと、可愛い子供がいれば頑張れるものだと呟くのです。
 
その頃あさは、九州の炭鉱に、坑道に入り坑夫達と一緒に働き『姉御』と呼ばれ親しまれていたのです。
 
次郎作と宮部、あさの三人で採炭量の事を話しているのですが増え続ける採炭量に対して、治郎作から坑夫たちが疲れていると、あさもちゃんと働いているのに暮らし向きが楽ならないのはいけない。なんか良い手を考えなければと思案するのです。
 
その時治六作にサトシという坑夫が、話があると言って呼びに来たのですが、何か気にる様子で、しきりにあさを睨むようにしてみているのです。
 
あさは九州の炭鉱から戻るとはつの所に来ては話しをしているのです。
 
あさは九州で移動するために馬の稽古をしているというと、はつはお琴の稽古よりはあさには向いているというのでした。
 
それを聞いて『加野屋の四男坊と呼ばれている』とも、はつは頼まれていた漬物の話しをするのですが、あさがはつの顔色が良くないことを心配するのですが、なんとはつに二人目が出来たというのです。
 
はつは『お仕事頑張るのは良いことだけれど、もう少し旦那様と居る時間を作らなかれば、どない出す』と、あさに話すのです。
 
 
 


 
 
 
 
縄を編みながら、はつはあさに言ったことを反省するのですが、惣兵衛は、『両替屋にも商売にも未練はない、俺等かねためて小さな土地買って百姓を生業にしたい。元は今井のお嬢様にそんなことをさせて悪いけれど』とはつは『今まで考えたことはなかったけれど、自分らで百姓ができたら』と喜ぶのです。
 
惣兵衛の夢は『青物作って、子どもたちの囲まれてワイワイ生きていきたい』と話すのを笑顔で聞くはつなのでした。
 
 
加野屋では、ふゆが進次郎の話しをしながら手紙を書いてもらっている所にあさたちが戻ってきたのです。
 
亀介は冬への手紙を書いて替えながら喜ぶのですが、ふゆの心どうやら進次郎に傾いているのです。
 
なんとなくあさはその気持を知り始めたようなのですが、其処に京都から東京は立つ母りえがお別れの挨拶にやってきたのでした。
 
 

⇒ 一生で一番輝く結婚式・挙式に『ブライダルエステ』エルセーヌ

 

マタニティー・ハラスメント・妊娠降格は違法、慰謝料命令・広島高裁

米・人気の【コンブチャ】アルコール飲料?として米政府が警告

 

 




スポンサードリンク


Suponcer Siraha    いま、北陸がおもしろい!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。