So-net無料ブログ作成

あさが来た・第44回、11月17日 [悲しみ]

スポンサードリンク









あさが来た
 
 
 
 
あさは祖父忠正が危篤ということで、10年ぶりに京都今井家に帰ってきたのです。
 
そして久しぶりに活気ある今井家の商いの様子を見て、『改めて見ると、今井屋はきちんとした良いお店ですな』と感心するのです。
 
今井屋は両替の他にも、呉服商としても古くから商いを立て名を馳せていたのです。
 
 
久太郎は、『全てお父さんの力だ、お父さんのお陰で苦難を乗り越えることも出来たし、更に大店になることが出来た。』とそんな久太郎にあさとはつは「久太郎のくせに一人前の事言うて」と、そしてはつは「今やったらわかる、これはお母さんの力も大きい』と云うのです。
 
そんな様子を見ている母りえと忠興は、『仲の良い兄弟だこと、10年前のあの頃と変わっていない』と云うのです。
 
 
 
 


 
 
その頃、加野屋ではふゆが手紙を持って泣いているのを進次郎が面倒を見ているのですが、其処にうめが掃除をしにやってきたのです。
 
何事かと不思議に思ったうめが、冬に何をしていると聞くと、『ふゆが亀介に頼んで、1ヶ月前に今は加野屋で働いているから心配ないと手紙を実家に書いてもらった、そしたら親御さんから返事が来て、その手紙が雨で濡れてしまい、お父ちゃんか、お母ちゃんか、兄弟が死んでしまったのではとそれで泣いていた』とそして、『しかし、よく読んでみたら西に行くと書いてある、妹さんが方向で西に行くみたいや』と進次郎は話すのです。
 
しかし、その様子を見たうめは『ふゆ、おあさ様が留守の間に旦那様に良からぬ気持ち持っていないだろうね』と、そして『何か困ったときが有っても旦那様に相談するとはとんでもないことです。これからは、うちか番頭さんに言いなはれ』と云うのですがその様子をまた母よねが見ているのでした。
 
 
 

宮城野部屋・元熊ヶ谷親方から付き人への暴行初公判

 
 
 
 
その頃今井家では、翌日にあさと囲碁を指す忠正、忠正は『最後の勝負は儂に勝ち逃げだ、久しぶるになんでやと聞いた、これからも会う人になんやなんでやと聞いて、あさは誰ぞに何でどすと聞かれたらちゃんと教えてあげるんやで』とそして『あさみんな読んでくれ』と云うのです。
 
忠正の枕元に集まった、忠興、りえ、はつとあさ、久太郎が居る中で忠興に『いま今井があるのはお前のおかげや、お前おおかげでご先祖様に大手を振って会える。』そしてりえに『あんたはアホみたいなな息子を支えてくれておおきに、孫達を育ててくれておおきに。』と、久太郎『お前ね小便するなよ』、はつ『人には優しく出来るのは強ういものしか出来ない、お前はもう大丈夫や』として『あさ、なく縄師はお前の笑い顔が好きなんやで笑え笑え』と言って朝の頬を掴み引っ張るのです。
 
あさが『おじいちゃんおおきに、いっぱい教えてくれおおきに』と、その言葉を聞きながら今井忠正は静かにきを引き取ったのです。
 
 
葬儀も終わり、忠興から、この今井の家は今年のうちに京都から東京に引っ越すことになった。
 
 
 


 
 
 
今まで、この地を離れたくなくて渋っていたが潮時や、と、それを聞いたあさは、東京へ言って何をするのです何か新しいことでも始めるのですか』と、忠興は「それを聞いてどうする。まあ良いだろう、お前たちに言っておく。この今井の家は東京に行ってバンクを作る、バンクは銀行というらしい両替屋の新しい形となる、銀行は金銀の両替ではない。お金を集めてそのカネを貸すことによって儲けをだす。』と云うのです。
 
その話しを聞いたはつは『お金ですか、うちには関わりのない話や』と言うと、忠興は今井はいま政府に進められて他の商家とともに国立銀行を作る話しを進めている。それを強く勧めてくれたのは、』と言ってる所に、なんと五代が入ってきたのです。
 
五代は入るなり『お二人さん方、久しぶりですな』と挨拶をするのでした。 
 
今井家もあさも、はつも五代を繋がりとして何かが動き出すようです。
 
そしてふゆの存在は、あさにとっては一番大事なことになっていくのでした。 
 
 

⇒ おじいちゃん、おばあちゃん、ずっと忘れないでね。「アルツナイン」

 

新生女児に付けられる名前に変化が、人気がなかった【○○子】も復活の兆しが

スポーツドリンクやレモンではが溶ける、あなたの歯が酸蝕歯に

 




スポンサードリンク


Suponcer Siraha    いま、北陸がおもしろい!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。