So-net無料ブログ作成

あさが来た・第34回11月5日 [結婚・出産]

スポンサードリンク









あさが来た
 
 
 
 
はつが加野屋を訪れ、ふゆを鹿屋で雇って欲しいと頼みに来たのですが、その帰り際にはつは産気づいてしまったのです。
 
慌てる加野屋の女中たちですが、よねとうめが手配をし、はつは無事に子供を産むことが出来たのです。
 
はつは元気な男を生むことが出来、加野屋では久しぶりにおめでたいことに出会えた、と言って喜ぶのです。
 
はつは子供を連れて長屋へと帰るのですが、米ははつが加野屋の嫁であればよかったと言うのですが、その話をあさは聞いてしまったのです。
 
正吉も進次郎も朝へ何を言って良いのかわからないのでした。 
 
 
 


 
 
 
長屋に戻ったはつは子供をみせ喜ぶ父から、『惣兵衛は何をしているのか、おじいちゃんはこれから気張りまっせ』と、そして母に子供を抱いてもらえないでしょうかと、母はこれだけ帰って来ないということは生きているのかどうか分からないと文句をいうのでした。
 
あさは、母よねから云われてことを気にしながらも日々を過ごすんです。
 
時代は明治4年を迎え、明治政府は藩をなくし県へと移行することに、廃藩置県が行われたのです。
 
同時に藩が抱えていた借金を肩代わりすることに、古い借金は棒引き、新しい借金は50年無利息で返すというものだったのです。
 
これでは両化粧はやっていけない、新しい商いを見つけなければ生き残れる道はないというのです。
 
 
ふゆも加野屋で雇われ、今では女中として働いているのですが、其処に山屋さんが石炭を持ってやってきたのです。
 
 
 

貴方はこの言葉どう思います?其れより知っていますか?

 
 
 
初めて見る石炭を見て、あさはつやのある云々を言うと、山屋から加野屋の四男坊と庵さんが男のように働くさかい息子を貰ったみたいだと噂が立っていると云うのです。
 
あさは初めて石炭が燃える様を見て目を輝かせるのでした。
 
正吉に山屋が説明することには、山の持ち主の櫛田が旦那様が亡くなったので、早々に売りたいということなのです。「
 
あさは買いたいというのですが、金は足りていないのです、嫁入り道具や持参金、政府からの返済金などを当ててもまだ足りないと云うのです。
 
 
 
 


 
 
あさは始めに半分入れて、残りは三回払いの分割掛けあってみようと思う。正吉は『あさチャン覚悟はできているのか、嫁が長いこと開けることは有ってはならないこと、よく考えたうえで、其れでもやりたい、そういうものやったら私は止めはしない』 、と云われたのです。
 
あさは、進次郎に覚悟を決めて、『門司から炭鉱まで朝から歩いてその日うちに着いたとしても3日はかかります。お金の談判だったんに何日かかるか分からない、半月・一月よりも掛かるかもしれない、旦那様のお手伝いも出来ない。旦那様どうか御家のために、お妾さん囲ってほしい』と頭を下げるのでした。 
 
 
 
 
 

16歳長女を虐待、父・母を傷害監禁容疑で逮捕

インフルエンザ飲み薬・1回投与で治療が可能に

 

 



スポンサードリンク


Suponcer Siraha    いま、北陸がおもしろい!









タグ:お妾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。